SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Facebook Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
心快晴 / Diary676
20.2.2019

前エントリーでも触れました記号という概念はモードの世界においてどのような意義を有するか考えてみるそもそもにおいて計りかねますし、生み出す側の人々がそれを目指しているのか求めているのか私は創り手ではないので想像すらできませんが、意識するにせよしないにせよ結果的にその作品や世界観や美意識が記号にまで昇華することはやはり凄いことであり当事者であったら暖かい感情が喚起するであろうと私は想いまして、こと自身の世界に置き換えますと我々が行っている文字や写真や空間などの表現の全てはふと考えてみると SURR という存在の記号化に辿り着くことを目指す行為であることに気付きました。そうするとやはり 続ける ことの重要性 = その難しさに立ち返り、私は元々在った LAILA VINTAGE としての空間から SURR へと変化させるに際して可能な限り自身の潜在意識の奥底まで潜って時間をかけて向き合った結果 SURR という入れ物の “ 仕組み ” を構築しようと胸に誓ったあの日を想い出しました。
ラベルがある, 看板がある = 良い品という図式は絶対ではありませんが、それこそ永きに渡って存在し続けるいわゆるビッグ・メゾンの中には時を経た今でもなお強い力で心を揺さぶり感性を再度磨きあげてくれる品が存在致しますので、その刺激を求め続けること, 御客様方に御提案し続けることは変わらず弊店にとって大切な要素の一つであり続けるからこそ、旅において幸運にも極めて粋な理念を有する, 視て触れると愉しいという感情に満ち溢れることができる, 何より純粋に良い服であるビッグ・メゾンの一着に出逢え、このように御提案の機会に至れるという過程はやはり何度経験しても飽和することのない豊かさを有します。

 

 

 



振り返ってみるとここまで記号性の高い衣類は今まで御提案したことがなかったように想いますし、衣としての構築特性も歴代において上位に位置致します。同メゾンにおける明らかな記号であり象徴であり、近年強く表現される機会が一層に増えたモノグラムという名のテキスタイルデザインの表情が豊か過ぎて逆に無機質な主張と、柔和な土台に乗せられた粋な色調と、同時代より少し遡った頃より発展の一歩を辿り結果的に高級感を獲得した化学繊維特有の小気味良い不自然さと、当時の技術力だからこその稚拙な, イコール素朴な暖かみに溢れるプリントの対比に、 “ それでは皆様、雨が降ったら羽織りましょう ” という理念だからこその限りなく簡略化された極めて極めて燻銀な構築が合わさった なんなんだこれは な存在感。出逢えた瞬間に驚くと共にとても愉しい感情が湧き上がって想わず私は笑ってしまいまして、誤解を恐れずに素直な感想を申しあげさせて頂くと “ なんだこの最高水準のふざけは。最高じゃないか ” で出逢えた縁を心から嬉しく想いました。

 

 

 

 

 

70s Gucci, monogram raincoat.

それでは皆様、雨が降ったら羽織りましょう。さすれば心は快晴です。いずれ雨も止むでしょうか、脱がずにどうぞそのままで愉しい感情湧き上がるままに現代の装いとして。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

絶倫に秀逸 / Diary675
19.2.2019

 

弊店の規定する一つに Military という区分がございまして、それには世界の様々な国と時代が含まれますが、その中でも取り立ててアメリカ合衆国の品が少ない傾向にあるのは私の一個人的な感想と独善的な基準が関わります。それは国や時代に限らず現代の装いとして現代の品と並び比べても心から御推奨できるか, その区分から抜粋してしかるべき要素が在るか, 品として水準か高いか, 理念として尊敬できるか等の独善基準があり、一言で申し上げますと “ 純粋に一つの品として美しいと感じるか ” なのですが、不勉強ゆえ個人的な感覚のみの判断で恐縮ながらアメリカ合衆国のそれらでそのように感じられる品との出逢いは少ない経験則で今に至っております。しかしながら選択に至らないという判断に関しましてはことアメリカ合衆国の品に限り モードの要素として活用される機会が特に多かった がゆえ、その装飾などの要素が 認識として服飾史に浸透しきっている というように状況を捉えているがゆえも大きな理由でして、すなわちその他の Military は要素としてモードに反映された際に “ モードとしてのミリタリー ” と成るのに対し、アメリカ合衆国の品に至ってはもはや一つの “ 記号 ” と成っていると捉えていることを指し、よくよく考えずともそれは凡庸化ではなく明らかなる昇華ですのでとてつもなく凄いことであると純粋に感じております。そのような不勉強かつ独善的な基準に則ったうえで、私には更に一つ “ 40年代までのアメリカ合衆国軍には稀に絶倫に秀逸な品がある ” という感想がございまして、その秀逸さはとにもかくにも異常なまでに絶倫で、装いの洗練性, 品としての水準, 明確な設計理念はあらゆる軍の中でも群を抜き過ぎており、純粋に一つの品としての美しさもまた異常の極地でして、比べることは野暮であり好ましく考えておりませんが、その絶倫な秀逸さに限ってはミリタリー要素を抽出した現代の最高品質の品も到底敵わないと強く強く感じるほどの存在価値でして、この度のエントリーは弊店で 2 度目となる “ 40年代までのアメリカ合衆国軍における絶倫に秀逸な品 ” の御提案であり、SNSで申しあげるところの #specialmilitary に準ずる一着でございます。

 

 

 




“ 内部にストラップを配置する ” という概念は時に未着用時に背負うためであったり助けるために他者が掴むバンドであったり、1990 年代以降の表現としては前述でいうところの前者であると同時に純粋な装飾性と成り近年にもモードの世界で受け継がれていますが、遡れば辿り着くのは本品で 山での活動時において背面の空間に何がしを収納した際に重みでジャケットが後ろに流れ首元が締め付けられることを防ぐ という純粋かつ確固たる理念あっての設計でした。それに至るまで山々での活動という経験則が乏しかったからこそ結集された叡智に基づく、フロント要素における不変性と同化型背面鞄 & 内部ストラップという特異要素のマリアージュという絶倫な秀逸な仕上がりたるや、天上天下唯我独尊よろしく何も誰も到底到底敵いません。

 

 

 

 

 

1943s U.S.military mountain guard’s jacket

“ ストラップに腕を通したうえで羽織る ” という確固たる理念あっての設計に基づいて着て頂いたうえで作為的にストラップをややばかり締めて頂くことによって、形状に独特な歪みの美意識が生まれます。私にとって本品における最もな求心力を感じる論点はそこでして、やはり現代の装いとして, 純粋に一つの品として美しいと感じるか否かです。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

時節の変わり目には必ず置かせて頂いている、 / Diary674
18.2.2019

 


 
毎年打っている花粉症用の御注射ですが今年ワンクール遅れましたら喉にガツンと悪影響及びまして、いやぁ、参りました。声が出ないもんですから。SS立ち上がり初日より異例のささやきスタイルで迎えました。そうはいっても熱が入りますと声のボリュームが上がるもんですからノイズ音を店内へ響かせてしまいまして、皆様、お聞き苦しく大変申し訳御座いませんでした。心よりお詫びを申し上げますと同時に、貴重なお休みの時間に弊店へ足を御運び下さった皆様、心より、御礼を申し上げます。

 

誠に勝手では御座いますが、本日から順を追って商品のご紹介をさせて頂きます。御暇つぶしにでも相成り得ましたら。お耳汚しの上お目汚しに至らぬよう精一杯努めさせて頂きますので、今シーズンもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

ファーストコンタクトを交わしますのは時節の変わり目には必ず置かせて頂いている Utility Wear であり Practical Gear と捉えているまさにそう Hunting Jacket で御座います。意は尽くされたかのようにポジションを獲得している同区分を憶うとつくづく、東京という街はすごいなあと考えさせられるというか都心がファッション・フィギュアとしてマーケティングやブランディングの矢先に集中している点も勿論そうでありますし時流の早さと謂いますか時流形成の仕業と謂いますか情報浸透の軽やかさと謂いますか。ファッション・モードを前提とする/しないで見方はグルりと変わりますし前提としないを前提に致しますと女性史と比べ華やかでもなければ鮮やかでもなく総じて淡白な面持ちが歴史を紡いできた男性服飾史の味気なさといったら。さりとて、紡がれてきた其々から静かに分泌される男性特有の色気、というのはほぼ間違いがないもので、その力強さや精悍な顔つきは女性服飾を彩る其々には決して持ち合わせてはいない艶めかしさであり紳士服の紳士服がゆえの紳士服だからこその洗練性と想いますし横への広がりではなく深化を続けてきた紳士服飾史に隠れきれない濃厚な 旨味 で御座いますゆえ、紳士服専門店を掲げさせて頂いている弊店の軸をぶらさない、という意思表明のつまらないエゴではなく、純粋にその旨味をご堪能頂き、蜜のように甘いフレーバーを嗅いで頂き、そして男性である事への密かな喜びを集積頂けましたら幸いに憶います。

 

 

 


 

 

そもそも時流や形成循環に当て嵌まらない区分であるがゆえパッケージされた情報のように取っては過ぎ去られていくような懸念を拭いきれないと謂いますか、それは French Work も然りで御座いますし Blue moleskin も然りで御座いますし Hunting Jakcet も全くを以て然うと憶いますのは懸念という言葉では足りない寂しさやら哀しみやらのブルーな感情に乗っかる切迫として在り在りとした 危機感 で御座いますが、常に前へ進み続けるファッション・モードが懐古的アプローチや資料拝借をラン・ウェイに視たところで消えるわけでもなく、むしろ熱狂的な時流という名の渦に呑み込まれてしまう危惧はやはり在り在りと御座いますが、そうはいってもファッション・モードに否を述べるつもりは毛頭なく敬意の火を絶やさず今を生きておりますし形成循環という性質に収まるファッションと密接に生きておりますので、ただただ、取っては過ぎ去られていく(良い意味での)モード思想に組み込まれてはいけないとささやかな想いをささやかに運ばせたい小さなエゴという名の危機感で御座いますので、考えを手放すつもりも毛頭なく、そもそもこの狭き深き【狩猟】という嗜好区分に添うジャケットが時流という名の渦に、形成循環という名のファッションにどっぷり没入した様子を視た事が御座いませんので切迫も危機感も机上の感情ですが、情報のみで取捨選択を繰り広げられる視えない何かを恐れる気持ちと、他国に比べ深く浸透した狩猟嗜好が16世紀から文化として息づくフランスという国のヘヴィデューティーウェア本来的な御創りの素晴らしさを動機として評価を格別に上げて参りたい小さなエゴで御座いまして、変わらぬ位置で泰然と待ち続ける 野外活動着 を、時節の変わり目には必ず置かせて頂いている素晴らしき Hunting Jakcet を沸騰するような熱い想いで提案を続けて参りたい所存であります。

 

 

 


 

 

 

 

 

ホワイトトーンまで抜けたカラーテクスチャと洗い込まれたコットンキャンバスに加わる無数かつ乱雑で秩序性や美術性より確実性を優先した修繕痕はコントラストステッチと称するほど御洒落に息づくものではなく歴然としたフィールドジャケットの目的性にどこまでも従うマテリアルと同時に歴代オーナー様が注いだ愛の結晶で御座いますゆえ、継承理論が通用するならば2019年元号が変わろうとする時代へ向かう少年、青年、男性、今を生きる紳士の皆様、厳然たるタウンギアとして分泌される濃厚な旨味を少しばかりでもご堪能頂けましたら。

 

尚、ハンティングジャケットを愛するひとりのお客様より、大体を持って設置されている背面の巨大なゲームポケットの活用法につき、 “ レコードを入れるのに便利なんだよね ” と御言葉を頂戴した際にはなんとも嬉しく憶いました。

 

 

 

 

 


New arrival 50s France cotton hunting jacket

 

 

SURR by LAILA 小林

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 231