SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
2019AW pre collection / Diary752
16.8.2019

原点というのは厳密な断定がなかなかどうして叶いませんものの、勝手ながら 1920 年代の乗馬用テーラードジャケットをそうだとして 1 、それをお手本に製作された 60 年代の品を 2 、さらにそれをお手本にした 90 年代の品を 3 、と続いていき時代を更新するごとに数字が増しますが、テーラードジャケットに限らずほとんど全ての装う品々には 1 にあたる原点 = 雛型が存在すること、数字が増そうとも雛形の香りが装飾や素材や部位などのどこかしらから漂うこと、それらは視覚的な心地良さを味わわせてくれるだけでなく身体に沿わせた時に様々な要素や局面でぐうの音も出ないほど圧倒的に雛形の価値を納得させてくれること、そして何より興味深いのが 1, 2, 3 と続いてゆくうち時に 3 が新たな概念からなる雛形として 1 という存在と成ること。
来期という名の入れ物は例によって常に眼を見開いて旅をすることで徐々に形づくられていきますが、その道中で出逢えた品々そんな “ 雛型 ” の存在意義と愉しさを改めて考えさせてくれる存在たちでしたので、来期 2019AW は題目を定めさせて頂くことに致しましたことと、それに際しまして明日よりプレコレクションとして先行で 3 点を御披露目させて頂くことを御報告させてくださいませ。

 

 

 



これら雛形は弊店が設立以降心の中心に据えております “ 縦に強く繋がった紳士服の在り方 ” と通じるようでまた一味異なる概念であると私は考えておりまして、1, 2, 3 と続いた雛形としての愉しさもあり 1, 2, 3 と続いた後に 3 が 1 となった雛形としての愉しさもある、例えるならば枝葉が分れる巨木と申しますか、その巨木のどの部分に注視するかの愉しさと申しますか。いずれにせよ枝が分れる際の始点には枝が分かれてしかるべきな要素が存分にあるのと同じく、雛形となる存在ならびに雛形の香りを受け継いだ存在には純真無垢で強烈な愉しさが秘められているのです。

 

 

 

 

 



2019AW pre collection

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

旅の終着 / Diary751
14.8.2019

私にとって “ 装う ” に関わる行動ならびに物質は、生業であると共に一個人として純粋に愉しむ存在ではありますが、かねてより続けさせて頂いております旅において出逢う御品たちは全て皆様方に御提案させて頂くための存在であるがゆえ私が愉しむことは一切ございませんでして、その道中は孤独と共にありますのでそれらを文字通りそのまま懐に納めることは正直に申しあげますと全くもって可能なのですが、私は自身の欲求を抑えることが極めて不得手で、一度でもそれを行ってしまうと “ この度の旅で出逢えた御品は、悲しいかな十点のみでした ” と偽りの御報告する日がやってくることは火を見るよりも明らかですので、もちろんそうしたくなる出逢いは挙げれば枚挙にいとまがありませんが一度でも行うと歯止めが効かなくなりますので、私にとって旅で出逢える御品たちは出逢えた瞬間に私のものに成らない運命にある, 恋に落ちた相手をどこかの誰かと結ぶために邁進する, 愛せば愛すほど抱き締めることが叶わない という、一体全体前世になにをしたらこう成るのだと自問自答せずにはいられない “ 業 ” と共にあるのが私の生業です。

もちろん弊社には社員購入制度も在るのですが、ヴィンテージやアンティークの一点ものに関しましては “ まず御客様に御覧頂いてから ” という基本規約があり、かつ愛すれば愛するほどその想いが伝わってしまうのか本当に本当に有難いことに旅立つその瞬間を傍らで見守らせて頂くことが常ですので、私はかねてよりこの生業において恋に落ちた際 “ それに近しい存在を探す ” という行動を繰り返しておりまして、高い再現感情を抱ける品と出逢えることもあれば思わず笑ってしまうほどに出逢えないこともあり、実質後者がほとんどなのですが、それとは別に “ 全く違う存在で落としどころを探す ” という行動もありまして、私にとって手首の装身具がそれに該当致しました。

ずっとずっと手首を彩る装身具, ブレスレットないしバングルが一つ欲しくて欲しくてたまりませんでしたが、旅で出逢う御品たちはどれも抱き締めることが叶わない。でも欲しい、叶わない、近しい存在には出逢えない を長年繰り返し、もういい加減に欲しいと想い続ける日々に疲れ果ててしまった私は銀座線の銀座駅, B7 出口のすぐに居を構えるかねてより敬愛する駆け込み寺の門をくぐったのが数年前のことで、現在においては設計から 81 年経ちますその寺にとって由緒正しき一本は御陰様で私の装いにおいて珍しいことにお声掛け頂く機会がある存在で、その頻度は年々上がっているようにも感じられますし、現実問題である重量の論点から身に着けなくなっていた一時期もありましたが、今や平日はもちろん意識的に腕時計を身に着けないことにしている休日においても時間を共に過ごす存在に成ってくれ、私にとって手首を彩る装身具の旅路は終わっているものの、これはお声掛けくださる御客様方にもお話しさせて頂くことがあるのですが私にとってのその装身具は 諦め から始まった旅の終着であり、もちろん物質として 120% 満足し心から愛しているものの、そうであると同時にこれは 妥協の存在 であると、心からの愛を胸に胸を張って言わせて頂いておりますのは、それら駆け込み寺, “ 餅は餅屋 ” 理論の数少ない例外 ( 他になにがあるでしょうか?機を視て考えてみます ) によるヴィンテージ ( 極々々稀に出逢えるアンティーク ) の存在と旅において時たま出逢う機会があるからであり、それを抱き締めることができないがゆえ寺へと駆け込み諦めと妥協を出発点としながらも紆余曲折を経て心から愛せる一本にて旅路を終わらせて今に至るっているからこそなおさら声を大にして心の中で叫びます。“ ヴィンテージの方が格好良い ”  と。

 

 

 

 

 

70s Hermes

私は本品を 81 年前に設計されたそれに次いでその寺における由緒正しき手首の装身具様式であると捉えておりますが、そもそも “ 男性 ” の “ 手首 ” を “ 彩る ” という条件下において特に不変的な印象を与えてくれ、どれだけ時が経とうと, 時代を経ようと, 時流が変わろうと男性の手首を彩った時に “ 格好良い ” という感情が一定の強さで永久に沸き立つであろうチェーンブレスレットという装飾存在においても特に王道的かつ匿名的なチェーンの形状であり、かつ根幹に駆け込み寺の原点性が濃密に潜んでおり、おおよそ半世紀という空気を吸い込み時間を経験した銀の素材表情がある一本ですので、手首を彩る装身具の旅路を終わらせたい迷えし御方はもちろん、手首の伴侶を更にもう一人とお探しな一夫多妻制の御方まで選択肢の一つとして御興味頂けましたら、是非に。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 
//

Decorative jewelry collection / Diary750
9.8.2019

 

70s Hermes chain bracelet.

 

 

 

 

 

暴力的な石, そして才能, そしてこちらの ” 餅は餅屋 ” 理論の例外による機能面や利便性を論点としない純真無垢な装飾の在り方。三度続けて綴りましたデコラティヴな装身具の新作群を明日 12 時より一挙に御披露目させて頂きます。御興味頂けましたら幸いです。

なお、通常は月曜日に御休みを頂いておりますが、8/12 は山の日の振り替え休日のため店舗を運営致します。替わりに翌 8/13 ( 火 ) が代休となりますので、御理解御了承のほどお願い申しあげます。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 
//

1 2 3 4 5 6 251