SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Facebook Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • 7X7
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
2017 S/S First entry / Diary362
20.2.2017

R4284667
 
 
 
 
2/18(土)より、Spring&Summerのフルラインアップとなっておりますが、おかげさまで大変にご好評を頂いております。
初日は多くのお客様がいらして下さったみたいで(あろうことか私は休みを頂いておりました)、大変に嬉しく思う次第です。この場を借りて先ず、御礼を申し上げます。
「原点回帰」と、今回テーマを設けさせて頂いてはおりますが、私としましては店長としてSURR by LAILAに就任してから初となるシーズンチェンジ。このタイミングがいずれ原点になるであろうと勝手ながらの想いを抱いております。
そしていつもの如く、充実したラインナップを前にお客様の目線でも非常に愉しませて頂きました。
店長である以前に、ファッションが好きでたまらないひとりの男として、1着の服と向き合う姿勢というのも軸として保たせて頂きたいと思うのですが、それを皆様に御伝えする場であるこのDIARYにおいて、“何を”、“どこから”、エントリーしようものか、贅沢ながら悩み苦しんでおります。
走る想いを抑えながら、先ずは本日のエントリーと致しましょう。
 
2017 S/S First entryから、早くも化け物を。
 
 
 
 
R4284682
 
R4284685
 
 
R4284690
 
 
 
触れるもの全てを驚嘆させる上質の極み。
しっとりと滑らかで、肌に吸い付く目の細かさ。
しかしながら驚くべくはシボ革という選定。
此れがまさか、とお気持ちは分かりますが、圧巻する素材力は扨措きながらもトムフォード氏にかかれば其れに構築美と設計美が加わり、一言で表すならば、「最高」です。
素材力を最大限に活かすべく用いた手法は、先ず裏地を排除、さらに切りっぱなしのカッティングに対する細かなソーイング。そして気を配るは“重量の均衡”。裏地を排除することで獲得されるは軽量さ。そこに前立ては2cm幅のダブルジップに大きめのジップフラッグは適度な重量感があり、其れこそ均衡が保たれるバランスを獲得するべく用いた1手は、他メーカーのプロダクトを用いないという事。というのは語弊かもしれませんが、十中八九の推定で、色味、重み、滑らかさ、形状ともに他メーカーに“イメージに対して適うものが見当たらなかった”ので、オリジナルで製作という拘りを貫いたのでしょう。奇しくも“ジップ”を愛おしく感じたのは、私が偏愛する80s初期のバブアーを除いて初めての1着。
 
 
 
R4284688
R4284694
 
 
R4284698
 
 
R4284707
 
 
 
 
機能面のみを追求するならば、おそらくダブルジップの仕様も重量のあるジップも不必要。
一枚の極上な素材を目の前に、一切の妥協と迷いのない美しさを追求したこのプロダクトは、雨にも強く、極寒を凌ぐようなワイルドライフには適合しない内容を保持しておりますが、そこにはやはり “男性らしい美” のみが静かにそして強く佇み、砕かず一言で表すならば、やはり「最高」のプロダクト。作品力は然ることながら、1着のレザージャケットとしての魅力を是非ともご体感頂きたい。
 
このクリーム色の逸品を手にしたその夜は、絶妙な長さに設計されたアームの先からいつものリングを光らせ、どうぞ美酒をご堪能下さい。
 
 
 
 
R4284702
 
early 00s GUCCI by TOMFORD double leather jacket with perfect condition

 

 

SURR by LAILA 小林

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 
//

来期に関して – 後編 : やりたくてたまらない / Diary361
18.2.2017

 

SURR ではこれまで、シーズンを更新する折にいつも何かしらのテーマを掲げておりました。それは新たな要素であったり新たな編集であったりと、つど主に “ その時の私 ” に則ったものでしたが、ある夜の思案の先の重要な課題に向き合った時に明確となった “ 今の私 ” は、混じり気無く、そしてなんてこと無く純粋に単純に原点に戻りたくなったのです。何かといえば、それは Diary001 で記したことであり前編で申し上げたことでして、その簡潔で明確な軸を打ち立ててから3年経った今の自分という編集点と、昨年から新たに加わった編集点を用いて、変わらぬ要素と変わった要素を織り交ぜて、ヴィンテージという要素が置かれている今の環境を踏まえて、今一度やりたくてたまらないのです。

 

つきましては 17 S/S のシーズンテーマは “ 原点回帰 ”
BGM も設立初月に鳴らしていた、音楽を空間における家具の一種と捉えていた作曲家の、別演奏者スコアとさせて頂きます。

 

 

 

 

 

SDIM1341

R4284629

SDIM1341

R4284631

SDIM1341

R4284652

SURR by LAILA 2017 S/S “ 原点回帰 ” Feb, 18

フルコレクションは 2/18 ( 土 ) の 12:00 に一挙お披露目させて頂きます。
皆様にとって僅かでも何かしらの楽しさになれましたら、幸いです。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 
//

来期に関して – 前編 : 思考の先 / Diary360
15.2.2017

 

2014年の4月に設立した SURR は現在までに 6 のシーズンを過ごしてまいりました。約 3 年間という時を経た今、母体である旧 LAILA 時代から数えると 14 年という時を経た今は、ヴィンテージという要素が置かれている環境、ある種の社会的な立場も変わっていることを、お客様と接させて頂いていて特に、強く強く感じます。
それにはやはりファッションにおける時流と、一種の社会的な時流と、そしてそれ以外の様々が絡み合っているのでしょうが、やはりヴィンテージという要素がそれらにおいて強まっている気配と空気を、実感的に感覚的に思います。そのことは純粋にヴィンテージを愛して楽しむ私としては、やはり素直に嬉しいです。日々がゆっくりと、表参道という街から切り離されているかのように驚くほどゆっくりと時間が過ぎる SURR ですが、例えば空に向かって声を放った時に、以前よりも多くの人々が応えてくれているかのような、そんな心に染みわたる嬉しさを抱きます。

そのように自身が想う “ 今のヴィンテージ ” に立ち返ったある日のロンドンの夜更けにおいて、嬉しく喜ばしい気持ちと同時に頭によぎったのはもちろん SURR のことなのですが、その思考の先に極めて重要な議題がありました。設立から一貫して続けてきたなにがしは様々にございまして、端的に簡潔に申し上げますと “ 上質で尊敬すべきヴィンテージという存在を、それに相応しい編集で皆様にご覧頂く ” ということなのですが、今のヴィンテージがそのような環境であれば、そのような環境だからこそ、自身が据えた “ SURR の軸 ”をより真っ直ぐに伝えなくてはいけない。何かの拍子で軸がずれ、意義が濁ってしまうことは、今のヴィンテージにおいて決定的に致命的な何かなのではないか、という一種の大いなる危機感でした。

 

 

SDIM1341

 

 

来期に関して – 後編 : やりたくてたまらない に続く。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 
//

1 2 3 4 5 6 121