SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Facebook Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • 7X7
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
Newarrival0623 / Diary414
23.6.2017

明日より、15点程ヴィンテージの新作と共に、お披露目をさせて頂きます。

弊店で扱わせて頂いているヴィンテージの品々は、例えばミリタリー、例えばワーク、例えばメゾンのプロダクトピースと、年代もステージも幅広く,深く,様々と取り揃えて御座います。弊店ならでは、と謂いますのも大変恐縮な次第ですが、今回新作を含めた其々エディットというのを折角のこの機会、少しばかりご紹介させて頂ければと、誠に僭越では御座いますが。
 
回りくどい前置きも申し訳がないので、早速参ります。
お時間御座いましたら、御付き合いの程を宜しくお願い致します。
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
ヴィンテージ ブルーを愉しむ
 
数点、とても綺麗なブルーが入荷致しました。例えば、オリエンタルブルーの1着はヨークを排除した1枚仕立てのバックスタイル、イタリ製、80年代初期のGianni Versace。神経質なフィッティング概念をしばし忘れさせてくれるオーバーフィットな羽織り。
例えば、とろみのあるスカイブルーは80年代のミリタリーピース。ロイヤルの冠はイギリス軍エアフォースの1着。
加え、1900年初頭のコバルトブルー、1999年のインディゴブルー等、時間を吸収したヴィンテージブルーを集約致しました。
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
アースカラーにはホワイト
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
たまにはアースカラーを。全体のトーンを中間色に保ち、目が覚めるホワイトをチューニング。
ベージュトラウザーには、フランス製のコットンカーディガンなど如何でしょうか。
マイルドに,柔らかく,腰は低くも,女性には優しく。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
例えば、60年代はイギリス製のテニスジャケットなど如何でしょう。ゲーム中は中断なくスムーズにサーヴィングを行うため、テニスボールをポケットに忍ばせておくのも紳士的かつルール上の常識ですが、ウエスト部位、前身頃に3カ所、ボールを収納できるマルチシステム。ウイングブルドンではなく都会のアーバンコートでは、ボールの代わりにミントガムと端末機器。お手本はWoody Allen。ナードな雰囲気でありながら、紳士たる心得は忘れず。自然と優しくなれます。
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
テキスタイルを嗜む
 
以前より引き続きのご提案で御座います。70年〜80年代、メゾンの中でも突出して素晴らしいのはやはりMissoni。
頭ひとつ分、飛び抜けております。
仕立てから素材の選定、そこから構築されるテキスタイル。クレイジーかつラグジュアリーな品々。ヴィンテージミッソーニは今後ともエントリーを続けて参りたいと思っております。此方のお手本は専らWillie Garson。お好きなジュエリー、いつものアイウェアに。春だから、夏だから、ではなく個のキャラクターに寄り添うテキスタイルこそ、毎日にでも。
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
ワードローブには上質な衣類を
 
パーフェクトギンガムに、ヴィンテージジーンズ。
ギンガムチェックという枠と、ジーンズという枠、おそらく両者とも、今後頭を悩ませる必要がなくなりましょう。
 
ワードローブには上質な衣類を。
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
オリーブグリーンという選択
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
アダルトな色気をご希望でしたら、迷わずバーガンディ、そしてオリーブグリーンという選択。
丁度、70年代ムッシュが仕立てたブラウスと、イッセイ氏の1着が入荷致しました。
是非お試し頂きたい心持ちです。
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
さて、近日エントリーさせて頂いた内容のひとつに、「ミリタリー」が御座いました。存在し得る衣類の中でも最もデューティーなポテンシャルを秘めていると認識に及んでいますが、やはり今一度、いえ、今だからこそ、ミリタリーというステージを改めてご提案させて頂きたいなと、勝手ながらの想いが御座いますのは、これまた勝手ながら、「原点回帰」というシーズンテーマを詠わせて頂いておりますのも事由のひとつで御座います。デューティーかつ、ラグジュアリーにも振れ、男性細胞を滾らせる。ヴィンテージという一線の中でも存在し続けるステージ。屈強なファブリック。丁寧とは謂えない縫製ながらも破損しづらい頑丈性。敢えて、視認できる修繕を施し、時にはアンティークのパーツをチューニングし、大事に着用し続けることで叶う所有者のみの匂い。履くとき、着るとき、脱ぐとき、生活音に紛れるファブリックの呼吸。
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
40s US military M42 jacket  “ 1st model ”
          ×
70s Yves Saint Laurent silk scarf BIG sized
 
 
其処に、トップメゾンのラグジュアリーな香りをチューニング。対極に位置するステージであるからこそ成立。ミリタリーとジュエリーが抜群の相性を誇っている良き例のように、リュクスなムードに昇華するひとつのご提案にすぎませんが。
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
1935-1945s German Defense military camouflage smock
           ×
80s Hermes silk scarf by Cathy Latham
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
60s British military royal army workers trousers
          ×
80s Hermes gold metal mesh belt “Etriviere”
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
60s Italy military marine corp trousers
          ×
1976s Hermes “ H ” buckle leather belt
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
70s Hermes cotton graph check shirt jointed collar 3 pieces
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 
MilitaryにはHermesを
 
 
あくまで、リュクスなムードに昇華するひとつのご提案にすぎません。
少しばかりでも、お愉しみを頂けましたら。
 
それでは、皆様のご来店をお待ち申し上げております。

 

 

SURR by LAILA 小林

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 
//

Freedom / Diary413
20.6.2017

 
1970年代までフランスの地で働く、教師や教授、サイエンティスト、絵描き、建築士、彫刻師、音楽家、林業士、農業士、材木士、料理人、靴職人、etc。改めて申し上げる事もなく自明の事ですが、当時彼らが着用していた衣類を現在では「French Work Wear」と呼び、ヴィンテージのステージではひとつの選択肢として存在しております。米国や他国でも勿論、当時様々なカントリーでワークウェアが存在していたにも関わらず、現在では何故、“フレンチワーク”という要素が確立、広い範囲で認識に及んでいるのか。その事由のひとつに、フレンチワークピースには「屈強」と「上品」というワードないしステータスが内在していると挙げることが適いましょう。特徴的なアームパターンが多いフレンチワークウェア(主にジャケット,コート)では、腕の可動域が広く、ジャストフィットでも窮屈にならない、その上、サイズアップしても成立するフィッティング概念、さらにその殆どが頑丈なコットン地、若しくはモールスキン地。チューニングを施せば永く着用し続けることが叶うファブリック。それでいてミニマムな要素を含んでいる(例えば襟型,例えばラペル)、美を追求するフランス性、その熱が表面化している一例が、当時のワークウェアではなかろうかと。ワークウェアにおいて当然に要求されるタフネスさに加え、品が確保されているエトセトラがフレンチワークの衣類には多いのではと、認識に及びます。
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
Karim Hadjab cotton tailored jacket
 
CREATION – Argile -
LOCATION – West Africa -
BODY – 60s French work ,waiters tailored -
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 
1960年代、フランスの地、例えばレストランで働くウェイターという仕事。当時彼らが着用していた衣類はダブルブレストというディテールと、テーラードである要素、そしてコットン素材という特性を持ち合わせているものが多く、腕の可動域やアクション性は文頭の通り、釦の配置も極めて収まりが良く、モダンさすら伺える佇まい。ともあれ、この1着に、直径約12,742 kmの広大な球体上で唯一無二かつ完全たる “ 個性 ” を与えるために選択したクリエイション「Argile」。西アフリカに位置するマリ共和国、其処で、死海の底に沈下している “ 泥 ” によって染め上げる。染まり方も疎らかつ極めて不規則な染色が特徴。染めという過程に要する時間,染め方,置き方,分量,対象衣類のコンディション,様々なエレメントによって唯一無二の着地点を確認できますが、それは所謂インディゴ染めや、藍染めと同等。しかしながら “ 死海の泥でなければならない ” 理由が、自然色と分類できる極めて特質的なカラーバランスこそ。
さらにこの1着の衣類には、死海の泥を塗り、後、西アフリカに存在しているニジェール河に沈め、後、西アフリカの極熱の陽光を受け入れる。以上の行程を連続して6日間リペスト。「Argile」というクリエイションの中でも特異的な行程を経た1着は、“ Deep Olive ” に近しいカラーを獲得。其れこそ、ニジェール河を連想できるライトブルーのコットンシャツをチューニングするのは贅沢。ブラックとオリーブの対色比も素晴らしい逸品で御座います。
 
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
Karim Hadjab cotton tailored jacket
 
CREATION – Argile & Bacter -
LOCATION – West Africa & Kaim’s atelier -
BODY – 60s French work ,waiters tailored -
 
 
本品は、死海の泥で染め上げた後、バクテリアを培養した液に投入する「Bacter」というクリエイションを経て、唯一無地の表情を獲得した1着。各クリエイションを段階を踏んで行う複合的プロセスは、あくまで “ 完璧なる個性 ” を得るためのベクトルにすぎず、実験を積み重ね、あらゆるデータを採取し、その上で辿り着くステージで御座います。バクテリア=微生物は、当然なまでに自然界、それこそ死海の泥にも存在しますが、敢えて、作為的に培養した液体に投入することにより、微生物の繁殖と天然素材を食す特性、そのスピード、範囲は、人為的にコントロールできる領域ではないため、最高レベルの自然的特異性を獲得することが可能。表面上に疎らに出現した表情は、ひとつのテキスタイルとなり、通常「Argile」のみでは表現しきれない唯一無地の「個」を確保。
 
迫力性や圧倒力というワードでは表現しきれないムードをご体感頂けますが、いつぞやのレザーパッチと同様に、柔らかい表情をお持ちの方にこそ、是非ともお勧めさせて頂きたい1着のテーラードジャケットで御座います。
 
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
Karim Hadjab cotton T-shirt
 
CREATION – 4Saison & Argile -
LOCATION – France -
BODY – 90s Tee shirt -
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 
全米鉄鋼労働組合を意味するUnited Steelworkers。北米製カンパニーメイドの1着は、90年代らしい宛らの魅力を発しておりますが、テキストのマリーゴールドがあまりに美しい事から選抜されたボディベース。当時、数多くも生産されていたであろうこの1着、対して、完全に自立させるべく選択した2つのクリエイション「4Saison」と「Argile」。フランスの地で自然界に身を置かせ、人間界から完全隔離。後、死海の泥で染め上げるというクレイジーなプロセスを経て獲得された個性は、表面のミルキーなカーキ色と裏面の楠んだブラックとの対比があまりにも美しく、キャンバスに無造作に描いたような美術的表情を確認。恐縮ながら医学的見地からモノを申し上げる程の知識を持ち合わせておりませんが、カーキ色と隣り合うせいか、視覚的作用のせいか、ブラックがディープネイビにも確認できる特異性。4Saisonのプロセスを含んだことにより、特徴的な陰影と相俟って、究極の個体へと昇華された逸品。
 
恐れることなく、是非とも一級品のスーツに。
 
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
Karim Hadjab light weight knit pieces
 
CREATION – Argile & Bacter -
LOCATION – West Africa & Kaim’s atelier -
BODY – 60〜70s french -
 
 
Karim氏が各種クリエイションする上で、最も難易度が高く、かつ、成功例が殆どない、と豪語するは、コットン又はリネンという素材からライトウェイトに織られたニットピースに、「Bacter」を施すこと。柔らかなファブリックと、“ 編まれた ” という性質に対してバクテリアの浸食はあまりに刺激が強く、その過程において殆どが未完。実験とデーター採取を繰り返し、「Bacter」を施す時間ないしセーヴィングを試みますが、そもそもがヴィンテージニットという衣類なので、当然に共通するセーヴィングは存在しなく、頭を悩ませたBODYとBacter。成功例が極めて低いながらも成功に到達した唯一2着は、ありえない程のフィッティング概念を獲得。意図しては絶対的に叶わない伸縮は、各部分において極めて特徴的に現れております。後、死海の泥で染め上げられ、極上の個体として世に生まれた衣類。左右それぞれ長さの異なる袖、そもそもが長いのですが、リブは編みの性質からか収縮しており絶妙なアンバランスさを確保。当然丈の長さも異なり、袖を通すと肌に触れる箇所、触れない箇所。着用し、脱ぎ、洗い、着用をエンドレスに続ける事で叶う、オンリーフィッティング。ニットや織り、そういう表現や次元ではなく、まさに「衣類」「衣」と表現するのが腑に落ちます。それも季節や,時期,暑いから,寒いから、そのようなベクトルでの着用ではなく、日々着るもの、毎日の肌着、ヒトに寄り添う素材。おそらく、いえ、確実に、“洋服の概念が覆る” そんな逸品で御座います。この2着に限っては特にお勧めさせて頂きたいもので、よく謂われるアナウンスと理解していながらも、“先ずは着て頂かないと” で、御座います。
 
1着1着が個性的であり、自由であるKarim Hadjabの衣類は、それこそ自由気侭なスタイリングというのを推奨させて頂いております。誠に勝手ですが、Karim Hadjabの衣類こそ、そうであるべきだと。
 
例えば、このニットピース。サイズやデザイン、シルバーかゴールドか、合うか合わないか、そのような考えを一切合切排除し、好きなジュエリーを好きなだけチューニング。マルタンマルジェラ氏の偉業を確認できる1999awコレクション時、現在でも最高傑作と詠われているウールトラウザー。足下には正統的かつインテリジェンスなフランス靴の銘手、ナンバー180。
さぁ、どうぞフリーダムに。
 
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 
各1着、ご縁が御座いましたら。
ご賢察の程、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

SURR by LAILA 小林

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 
//

改めて御礼とご紹介と。 / Diary412
19.6.2017

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
Karim Hadjab New collections / Diary403
 
絶対的な『個』 / Diary403
 
さて、何を基準に選ぼうか / Diary404
 
5/30 〜 6/4 まで開催しておりました「Kalim Hadjab」新作お披露目会ですが、1st pieces含め、New collectionsともに多くのお客様にお愉しみを頂けたようで、大変に嬉しく思っております。
遠方からお越し下さったお客様、新作を長らくお待ち頂いたお客様、期中足をお運び下さった皆様、深く感謝を申し上げます。
本当に有り難う御座いました。僭越ながら、此の場を借りて、御礼の言葉とさせて頂きます。
引き続き、新作のプロダクトピースは店内にて特設ステージを設けてご用意をさせて頂いております。また、1st,2nd collections piecesも一部ご紹介は可能で御座いますので、ピクチャーから気になる作品や、クリエイション、ディテール、クレジット、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
 
さて、文頭の過去エントリー通り、新作からは各種じっくりとご紹介する機会を設けておりませんでしたので、勝手ながら私がご紹介したいプロダクトピースを、クリエイションを含め、一着の衣類としてエントリーをさせて下さい。
全作品のご紹介は叶いませんが、代表的な作品と、マニアックピース含め、連日のご紹介とさせて頂きます。
恐縮ながらも、御付き合いの程をどうぞ宜しくお願い申し上げます。
 
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
Karim Hadjab crew neck cotton cardigan
 
CREATION – 4Saison -
LOCATION – North France -
BODY – 00s maison piece -
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 
ベースはとあるメゾンのプロダクトピース。クルーネックのディテールを有したカーディガンというひとつの衣類を目撃しますと、不思議とセンシティブに感じるのはおそらくオーソドックスの位置づけと理解に到達していないから。いえ、語弊でしょうか、オーソドックスに位置づける必要性こそ不必要。“ V ” でなければならないと法で定められているわけでもないのに何故今まで手に取ってこなかったのだろうと、不思議にさえ思います。上部2つの釦は極めて狭い間隔幅。しっとりと密のあるコットン素材は繊細というよりミリタリーライクなデューティーさも。しかしながらジャケットではなくあくまでカーディガン。そしてクルーネック。全体の1%に宿ったワンポイントをご覧頂ければ、内側より湧き出る豪壮さをご理解頂けるかと存じます。
ともあれ、この1着に、直径約12,742 kmの広大な球体上で唯一無二かつ完全たる “ 個性 ” を与えるために選択したクリエイション「4Saison」。この衣類に最適だと選定したロケーションは北フランス。約1年間、燦々と降り注ぐ自然光と真っすぐに吹き渡る北フランスの風、天水の享受を経て、獲得した確かなテクスチャーは各カットから十二分に視認頂けるかと思います。人為的では成し得ない色差と陰影,自然の恩恵をたっぷりと吸収した柔らかなコットン。
 
よって、完璧なまでに自立した1着のカーディガン。
 
大変にお勧めで御座います。
 
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
Karim Hadjab french jacket
 
CREATION – 4Saison & Hand finish -
LOCATION – France & Kaim’s atelier -
BODY – fabric from 30s french antique -
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 
1920年〜1930年代に織られた貴重なファブリックから1着のフレンチジャケットを丁寧に仕立てる。後、フランスの地で約1年間、自然界に解き放つ。後、自然の恩恵と蓄積した作為性のない裂傷、瑕疵、変調に対し、ハンドソーイングによる整合、治癒、チューニングを施し、さらに、ヴィンテージの釦をジョイント、1着のジャケットそして成立させる。生地の段階から生粋のフランスメイド。「4Saison」と「Hand finish」という2段階のクリエイションを経て獲得された不規則かつ自然性を帯びた表情こそ、完全たる “ 個性 ” で御座いますが、この1着に関しましては、何よりもファブリックこそ素晴らしいと先ずは謂わせて下さい。それこそ、クリエイションにより昇華されたポテンシャルは確かなもので、「そこを経たから」と理由付けられるのも確かなものですが、純粋にもファブリック自体が極上のムードを発揮して御座います。繊細な面持ち、いえ、これでいてヘビーデューティーな質を感じることができる驚異性。脱いで,着て,脱いで,また着る という単純な動作のみで、“ ヘビーデューティーな質 ” というのを確実性を帯びて伝わってくる、その上、細部に目を凝らすと釦が少しずれていたり、クリエイション上の産物かフィッティング概念が一般的な線の“外側”にあったりと、なんともまぁ、偏屈かつ最高の1着。
Karim氏は、服は人間と同じようにひとつひとつ自立していなければならない、という信念を掲げておりますが、センテンス通り、「服」に命を宿すべくクリエイションを行ってきました。
“生地から仕立てる” ないし “0からの挑戦” は初めての試み。「ひとつの生地に惚れ込んだ」という単純明快なベクトルながら、この生地で仕立て上げた唯一の1着に自然の恩恵と共に命を吹き込みたいという、表現者としての強い想い。我々も純粋なまでに、“見たい” という明快なもので御座いましたが、ともあれ、1930年から膨大な時間を経て、ひとりの男に渡り、時には雨に打たれ、時には生物と共存し、自然淘汰に打ち勝ち、丁寧に癒しを受け、仕立て上げられた其の1着は、直径約12,742 kmの広大な球体上で唯一無二かつ完全たる “ 個性でしかなく ”、そうでなくとも、いえ、そうであるからこそ、純粋なまでに、1着のジャケットとしまして大変にお勧めさせて頂きたい心持ちです。
 
10年,20年、毎日にでもご着用を頂き、「人が着続けることによって発生した裂傷や瑕疵」は、もはや人為的でなく自然性のみを有した変調ですので、丁寧にチューニングを施し、末永くお召し頂きたい逸品で御座います。

 

 

SURR by LAILA 小林

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 
//

1 2 3 4 5 6 138