SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
おもいつき / Diary 767
19.9.2019

思い付きとはとても不思議なもので、勘違いする程自分の才能に酔わせる感覚と、時には不適切な情報を表してしまう発作的な言動、脳から伝達され何も通さずそのまま口に出してるなんて私のフィルターだらけの頭には羨ましく、一つの表現方法なんて考えますが。自分の思い付きを普段に当て嵌めると写真を一枚撮るのもそれですし、洋服をどう並べよう、何を書こう、場で繕うのも一つだと考えると日常的に人は思い付きの中で生活を営み正解の無い中で暮らしていると一人で思い耽っていたりします。思い付きの中でも直感的行動力と考え過ぎて行動に移せない慎重な姿勢の二択しかない答えの無い話ですが、考え過ぎて行動に移せない状態の上、更に考えて俯瞰的でそれを見る歯痒さも私にはあり、処理できず永遠と考え過ぎる無限ループに陥ってしまうと友人に話したのですが、理解ができない様子でしたのでこの奇妙な感覚を共感頂ける方がいたらそれは不味いことですが気持ち的にとても助かります。

 

60s Burberrys bal-collar cotton coat , khaki

先日新作として御披露目させて頂きました、 Bal-Collar coat collection by Burberry’s ですが既に旅立った者も御座いますが御紹介と御推奨させて頂きます。こちらは 60 年代 ~ 70 年代に掛けて生産された綿 100 % から織りなすシャンブレー織りの光沢のなんとも美しい玉虫色。そこからの歳月による経年変化、褪せた表情は色彩とマテリアルの化学反応により言葉で表現するには難しく、とても厄介な逸品へ。当時の持ち主のものへの愛情が伝わる上襟をかがる様に施されたハンドリペアが跡がまた唯一無二の存在へと昇華させるそれはまるで手作りのような一着で御座います。思い付きでパリに一人で行き、偶然入ったヴィンテージショップにて目にした典型的な一着を拙い言葉で購入したのが、私にとって初めての Burberrys のコートでした。それを選んだ理由は特に無く、本当に ” おもいつき ” こういう感覚は大切にしたいですね。現行の物造りにおいても妥協を許さない ” 雛型 ” という言葉が相応しい形、勿論当時のからクオリティに関しては御存知の通り、紳士的且つミリタリーウェアに価しますので御持ちのトラウザーズ達に思い付きで合わせて頂いても親和性の高い逸品だと。

 

今回で私の Diary は八回目となりますが、御客様方から 「 毎回楽しみにしてます。 」 と御声を頂くととても嬉しく思うのと同時に恥部を見られている様な感覚もあり、まだまだ胸を張れない私ですが今後共御付き合い願います。

 

 

SURR by LAILA 鈴木

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

雛型 ≒ 例外 / Diary 766
13.9.2019

 

 

 

 

 

素材名であり、コートの代名詞と呼ぶに相応しい Burberry’s 。
18 世紀中期小さなブティックから始まり、19 世紀末陸軍高官達によって発注されたものがオリジナルだと言われています。
元を辿れば英国軍将校のオフィシャルコートとして採用され、第一次世界大戦ではコート=バーバリーと最もポピュラーな存在に。
驚くことに第一次大戦中の2年間で50万着もの生産があったらしく、その理由の一つにバーバリーファンが多く、官給品と別にプライベート用に残していた事柄は当時からクオリティーの高さが伺えます。

 

明日、9/14 (土)から新作として Bal-Collar coat collection by Burberry’s を御披露目致します。

40s~80s に架けて計6点、現代のそれらでも普遍的に美しさを感じる物造りですが、更新されずとも引きを取らない当時の空気に触れて頂きたく願います。私にとって Burberry’s のバルカラーコートはパリに訪れた際に何となしに入ったヴィンテージショップにて、年代は勿論、生産国に拘らずにフィーリングで購入したのが初めてでして、気付けば袖を通す典型的な形状と羽織れば他を選ばず許容のある面持ちに心惹かれる一つの定番。” 雛型 ” ですがそれらから滲み出る個性を表現するには申し分ない今回の ” 例外 ” を御披露目致します。

明日は表参道近郊は混雑が予想されますが、弊店にてごゆっくり眺めて頂ければ幸いで御座います。                                                            

 

 

SURR by LAILA 鈴木

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

吾輩は / Diary 765
12.9.2019

表面をつくる者を世人は偽善者という。
偽善者でも何でもよい。
表面をつくるという事は内部を改良する一種の方法である。

 

 
形から入る事の肯定なのか、自分に自信が無いから振舞う ( 着飾る ) ことで内面も装飾されるという錯覚から現実に帯びてくる整形なのか、自分を騙しより良く暮らせるのならそれも一つと其々の解釈によって答えが様々ある私の好きな言葉です。その上で自分のブランディング ( 装い ) は他者にどう思われたいのか、また自己解釈による怠慢と言う名の個性なのか。含めて私は装う事はとても愉しいですし、他者評価なんてどうでもいい。その中でも共感し合える環境・人と密に接する機会は幸せに感じます。
自分が美味しいものは美味しいですし、好きなことは好きで、嫌いな人は嫌いです。当たり前ですが、言わない限り人の気持ちなんて判らないのですから自分が好きで、それを表現できる一つが装う ( 表面 ) という手段であれば素直に提示したいものです。

 

Coming soon. 60s Burberrys bal collar coat

詳細は明日更新させて頂きます。

 

 

SURR by LAILA 鈴木

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

1 2 3 4 5 6 256