風を感じる新作 / Diary1054
19.5.2022


トム・フォード氏のGucciクリエイション初期にあたる1997SSピース。このランウェイではシャツが数多く登場し、それぞれ構築性が高いにも関わらずあえてフロント全オープンの着せ方が多く、後々のクリエイションに通じるエッジの効いたサマースタイルの提案でした。こちらもシルクを思わせるトロトロの化繊素材。最高です。

 

 

 


これは単純明快に洒落ていますねぇ。これを目の前にしたスタッフにジャケットと呼ぶべきかシャツと呼ぶべきか問われましたが、その気持ち正解に思います。素材感までいわゆるバーバリークロスと同一。積極的な創意性に乾杯で完敗です。

 

 

 


少し前にシャツの如く軽やかなコットンのコートを御提案させて頂きましたが、こちらはそれに迫るシャツの如く軽やかさ。プロダクトデザインとしても極めて優秀な90s Fendi Uomoでこれまた幸運にも完全未使用個体にて。

 

 

 



アルマーニ氏によるハンティングスタイルのリネンジャケット。痺れる…格好良い…

 

 

 


今回は先のGucciを筆頭にサマーシャツを幾つかご用意致しております。例えばこちらの織り総柄のピュアシルクはVersace氏によるサラッサラトロットロのサマーピース。生成り色が色気を抑えていると見せかけて、逆にエロさ際立ってしまうパターンです。他にも例えばこちらのような

 

 

 



“既製服ではない”Hermes hommeも一見なんでもなさそうで異次元の立体構築と素材感にきっと震えて頂けるピュアシルクシャツとなっておりまして、この度の新作では風を感じて頂ける/感じて頂きたい品々を御用意させて頂きました。こちらに未掲載の品も多数ございますので、機会ございましたら御興味頂けましたらどうぞ宜しくお願い致します。例えばこちらなども

 

 

SURR 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

ございます。少しでも気分盛り上がって頂けましたら幸いです。


バケットハットに首ったけ / Diary1053
12.5.2022

いつからでしょうか、“モテたい”という純真無垢な(私はファッションを好きになるきっかけがこれこそイノセンスと思っております)意思が紆余曲折し、モテたい以上に心地良さや便利さの比重が高くなってしまった、ないしそれらに比重を置いたうえで例え少数であろうと好ましく感じてもらえる人にモテたいと思うようになったのは。なんてごちゃごちゃ考えずに好きなものや気になるものを自由きままに選んで楽しめば良いのですが、私自身の装いに関しては仕事柄そうはいかない/いかせられないことを地味に最近ふと気付きました。自分自身に対してだけですが、まぁ仕方ないですよね。いわゆる世の中で口にされる“仕事っすから”メソッドです。

便利なものって良いですよね、最近で言えば電子マネーとか。あれは辞める必要性がないですねぇ、もちろん場所や職種によっては今後も導入される可能性が極めて低いことと思いますので“それだけ”にはならないのかもしれませんが、とにかく便利。早いの良いですよねぇ。しかしながら私は電子マネー以上に、もっぱら1年中とにもかくにも便利なバケットハットに首ったけなんです。

 

 

 

New arrival,80s Hermes by Motsch bucket hat collection.

 

元々は外では帽子を被り室内では外すという生活が主でしたので帽子およびヘッドギアはずっと使用・愛用しておりましたし弊店においても度々御提案してきたものの、私自身は活用する機会が無かったのですが数年前から自身の中で巻き起こっているカジュアルブームによって一昨年の終わり頃からMyワードローブの住人なったバケットハット。もう猛烈に便利過ぎて愛らしくて泣きそうです。

心の中で勝手に“雨”もしくは“サングラス”と位置付けているバケットハット。私にとってあの雨の防ぎ加減および日差しの防げ加減、そして頭部守られている感は抜の群過ぎまして本当に感動しました。これ凄いですね。もっと早く始めたかったのは言うまでもありませんが、数年前まで自分の装いにおいてカジュアルやスポーティーが気持ち的にマッチせずに許容してこれなかったので致し方ありません。現時点で首ったけになれているので良しとします。本当にここ数年間で何度実感し驚かされてきたでしょうか、カジュアルの世界ってすげぇ。

 

 

 






勝手ながら私は格好良いと思うものの御洒落という感じはまた違います、バケットハット。御洒落と言うより,いや御洒落うんにん以上に例えるならスポーツジャケットのさも“私は日常における動きやすさを重視していますよ”的な潔さと言うかそこはかとなく漂う粋なムードと言うか。使用感や機能性を軸とした選択肢そのものがスタイルというか、それこそイノセンスな“モテたい”ではないと言うか。

だからこそHermes社のヘッドギア部門における奇をてらわないデザイン性の,物静かながら感性された設計の,TEEシャツでもチェスターフィールドコートでもいけちゃう感じの結局のところ一番丁度良いバケットハット・クリエイションが、取り急ぎ一つの最適解。あとあれですよ、良い意味でファッションではなく日常的に使うギアなので、いずれの素材にせよHermesクリエイションは頼もしいですから。

 

 

 

 

 


New arrival,80s Hermes by Motsch bucket hat collection.

まず際立つのはマッキントッシュのオフィシャルクロス個体…こいつぁ良いぜ、傘部門でいったらいわゆる最高位ですもんね。でもパイル素材の特出した柔らかさと気持ち良く汗を吸う感じも捨てがたい…手洗いしちゃうだろうな。コットンリネンも相当涼しいし散りばめられたHHロゴも可愛いな。でもブラック×ポケットデザインのHermesらしさと王道感も良いな。
いずれにせよしっかりと雨や日差しから顔周りを防御して頂いて、そんでもって使わない時は容赦無く丸めてポケットに突っ込んじゃったりしてね。これがまた便利なんだ。

 

 

SURR 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

GW2022-6 / Diary1052
6.5.2022

ううむ、参りましたね。こんなの眼の前にしたらなんも考えられなくなると言うか、まるでこの世の理が全てひっくり返ってしまうかのように尊く強く美しさです。


長いこれからの人生における眩しいほどの有用性と月と太陽,隠と陽のごとく相反するそれぞれのフェイス。メゾンの愛するリバーシブルがラムレザーとポリエステルの構築だなんて、尋常ならざる美しさと絶妙な強さを兼ね備えた不思議な色味を感じるグレーカラーのラムレザーとどう考えても便利で楽し過ぎるポリエステルの共に120点満点過ぎる両面だなんて、デイリーユースかつスタイルとしてシンプルに簡潔した泣けるほどに潔いスポーツジャケット設計だなんて。

もうなんて言うか、笑っちゃいますよ。なんなんですかレザーフェイスはポリエステルパイピングでポリエステルフェイスはレザーパイピングって。素敵過ぎるでしょ。こんなにも美しく作れるんですね、服って。もう言葉も何もいらないですよ。スタイルうんぬんも必要無いし街も時代も年齢の制限も無いし、当然ながらロゴもアイキャッチもいりません。

 

 

 

 

 


New arrival,late90s Hermes homme lamb leather and polyester reversible sports jacket

さぁ、これで貴方の人生におけるレザージャケットを“あがり”にしてください。

 

 

SURR 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 



scroll
Diary
  • 19.5.2022
  • 12.5.2022
  • 6.5.2022
  • 5.5.2022
  • 3.5.2022
Diary View All
1 2 3 4 5 6 350
Copyright © SURR All Rights Reserved