SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
永遠に定まらないという定まり / Diary713
1.5.2019

これは私が想うところですが、弊店に在りますデザイナーやメゾンの品, いわゆる看板がはっきりと分かる品の八割以上は “ 奇才者 ” によるものであり ( 更に申しあげますと、私は弊社各店の扱う品の新旧を問わず同じく想っております ) 、その奇才者たちには社会において広い間口で受け入れられる作風を主に得意とする人物や、受け入れられ辛いながらも受け入れられた際には極めて強い求心力を有する作風を主に得意とする人物が居たりと方向性の分布があり、更にその中には特に稀有な創造性によって表現における前人未到に辿り着いた “ 鬼才者 ” が居る と捉えておりまして、こと Jean Paul Gaultier 氏は私にとって前述の作風で申しあげるところの後者にあたる鬼才者なのですが、彼の世界における正統的な男性性及びそれに伴う紳士性をより直線的に感じて頂けると想える、この度の新作の一着。

 

 

この土台となるミリタリー区分での仕立て様式はテーラードジャケットの分野においても特に強い, 文字通り “ 強い ” 個を発揮する傾向であり魅力を有しますが、全体を独善的に調整することで結果的にそれと対を成す軽やかなサマーテーラードに仕上がった一着で、陽を通せばやや透ける綿は否が応でも織りを感じずにはいられない乾いた凹凸感と手触りによりやや重厚なシャツといった軽快な表情を醸し出し、肩以外にほとんどの芯地存在を感じさせないサルトリアの職人技術による実質量的にも体感的にも極めて “ 軽い仕立て服 ” という複雑怪奇な構築を実現しております。

また、これもミリタリー区分での仕立て様式ならではの傾向であり魅力である 前立てを全て閉じることでの重厚な男性性 の演出なのですが、こと本品においてはそれだけに捉われることなく愛して頂きたいと切に想います。 “ これぞモード ” と声を大にせずにはいられない洗練された比翼の顔ですが、それを実現した大きなスナップボタンを留めないことで産まれる前立ての歪み, 個性的な部品に伴う重量によって演出される過大な前立ての歪みは氏からの贈り物という名の作為であると邪推せずにはいられません、私は。前述の軽快な生地の表情ならびに絶妙に延長された着丈の相まるそれは、出で立ちを永遠に歪ませ続ける、 “ 永遠に定まらないという方法で定まる ” 一着でございます。

 

 

 

 

 


1990s Jean Paul Gaultier cotton tailored jacket

焚火を見ていてふと気付いたらだいぶ時間が経っていた なんて経験、私だけではないはず。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

ご挨拶 / Diary712
29.4.2019

 

 

 

 

 

 

2016年9月1日から約2年と8ヶ月、Diary執筆数306回、身長は0.8cm伸び、体重は変わらず、肩幅が少し広がり、ササミの効果はみられず、未だ背中に龍は入らず。此れといった変化といえばその肩幅の僅かな広がりによって就任当初よりお世話になっていたスーツをおよそ半年前から着れなくなった事と、先日も私事にて綴らせて頂きましたがミステリー傾倒からジャンルレスへ読書が広域化した事、酒を嗜む際に以前より食べなくなった事くらいでしょうか。後者については、“ 小林、大人になったのでは、” と沖縄料理屋でディレクターの福留に謂われた記憶がありますが、例えば 成長 を充てがい顧みると自身では認識もゆるく、精神的にはさて一体なにが変わったのだろうと物思いに耽る時間もあったりなかったりですが、 感覚 という分野においてひとつ謂えるのは SURR という弊店空間に対し、あるいは “ もっと狂え!! ” と際限なく謂われ続けた就任当初から(哀しいかな今でもよく分かっておりません)ちっとも狂わず普通の人間の普通の男性のいたって普通のわたくしが 職場 である以上にそれはまるで 家 のような 精神的結び のようで 呼吸そのもの のような想いを抱いている胸の内は、過去の一度も経験したことがない抱きで御座いますので、年齢の重ねと共に心に蓄積していたナニカがゆっくり漏洩してゆく感覚へ、免疫も対処法もなく、ただただ自身で自身を見守ることで今は時を過ごしております。

 

 

 

さて2016年9月1日から約2年と8ヶ月、数字に置換するとなんとも呆気なく、迫力もなにも御座いませんが、これはわたくしが弊店へ正式就任してから現在に至るまでの濃厚かつ凝縮された時の過ごしで御座います。分かりづらい,行きづらい,入りづらい,居づらい、出づらい弊店の特質にも関わらず、貴重な有限人生のなかで足を御運び下さり、お話を下さり、御愛顧下さる有難味は、我々の無い脳みそで振り絞ろうと言葉などで御伝えもしきれず、そこにはヴィンテージ衣類小物を扱う小売商店という一線を超えた感謝の意が常に、常に御座いまして、それは本日のように改めて綴らせて頂いたところで上辺言のように聞こえるやもしれませんが、本日のような時節だからこそ、お伝えをせねば私自身,生涯苦しみ抜くことになりそうですので勝手ながらこの場を借りたいと思います。折角のデートにも関わらずお越し下さるカップル様へもこんな処へ来てはいけませんと言葉を呑み込み、お香の匂いが独特だからか,わたくしの内に何かを視たのか赤ん坊には大抵泣かれてしまい、紳士淑女の皆様へ何かと失礼な対応や言動もあったかもしれませんし、金額立派な品々へ数ヶ月苦しみを抱かせてしまったお客様も居、声帯が潰れてしまいお耳汚しをしてしまった時も有、話が長過ぎて御待ち合わせの時間に遅れさせてしまったあの時も、“すぐに戻ります”の張り紙でお待たせをしてしまった際も、わたくしの未熟度ゆえに皆様へ多大なご迷惑やご不憫を御掛けする機会も数えきれぬほどありまして、常に申し訳ありませんと心の基底に澱みもありませんが、それでも尚、それでも尚、貴重なお休み時や、一回性たる人生の歩みの途中に弊店へ足を御運びいただく事に、お話をいただく事に、ヴィンテージ衣類小物を扱う小売商店という空間を御愉しみいただける事に、誠心誠意心の底より抱く感謝の意、それ以上に言葉もなく、超えうる想いなどありようもなく、皆様にしっかりと御伝えをさせていただきたく存じます。皆様、いつも本当にありがとうございます。またこれは弊店の総意と申しますか、分かりづらい,行きづらい,入りづらい,居づらい、出づらい性質やもしれぬと承知はしながら、本来的には思う存分御寛ぎいただきたいですし、日頃のお疲れを少しでもお忘れいただきたいですし、何も仰らずにさらりとお帰りになられましても、商品として陳列させていただいている其々へ注視いただかず本当にお話だけでも、寝そべりリラックスいただきたい想いはもう確実なもので、今日寄って良かったなと、憶っていただきたい我々の身勝手で全力なエゴでありながら、失礼と承知ながらそのように想うのです。その一心であります。誠であります。皆様の戻ってはこない御過ごしの中で、一回性たる人生の歩みの途中に、弊店の存在や空間や美味い鰻屋の話や、女性問題どうしようの解決策も糸口もみえない談義や、計6つポケットが存在するトライアルマスターとの御縁や、人生で初めて御獲得いただいたHermes coatとの結びや、Karim Hadjabのクレイジーで真っすぐな精神や、消滅したバージニアクリーパーや、何かが生まれる平地や、平地から商業ビルへの景色が当たり前となる数年後にそういえば眼鏡かけたつまらない男がその昔居たなと、何よりお洋服が好きだという皆様と我々の繋ぎを、皆様の一回性たる人生の歩みの途中に、その片鱗でもご記憶として御査収いただけるならば、手前共の身勝手な申し上げで誠に恐れ入りますが、冥利に尽きる想いであります。皆様、いつも御愛顧下さり、本当にありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

わたくし店長として立たせていただいた2016年9月1日から約2年と8ヶ月、本当に本当に本当に愉しく、本当に本当に本当に愉しく過ごさせていただき、月並みな文言で恐縮ながら、本当に幸せな時間の経過で御座いました。たかが小売商店の店長スタッフが退く運びになんと仰々しい!! と憶いになられる御人もいらっしゃるだろうと存じますし、既になにかと寒い運びと重々承知しながら、あるいはここまで貴重なお時間を割き、ご一読下さっている皆様とわたくしは小売商店のスタッフとお客様という商業的関係性かもしれません。されど、しかし、わたくしは皆様とお話させていただいた機会を、机上の関係性のみと憶ってはおらず、わざわざこの場を借りて申し上げるべき事事では決して決して御座いませんが、精神を捧げ続けた北青山の小売商店でありますし、その場で御縁をいただいた皆様との時の過ごしでありますので、しっかりとご挨拶をさせていただきたいと存じます。このように身勝手なご挨拶と相成りますが、わたくし小林 開は、5月6日(月)付けで弊店ならびに弊社を退職致します。1日(水), 2日(木)は休みをいただいておりますが、最終日まで精一杯のご奉仕をさせていただきます。

 

皆様、短い間では御座いましたが、本当に、本当に、お世話になりました。
今後ともSURR by LAILAをどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

 
2019,4,29
SURR by LAILA 小林

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

//

入り込む隙間などありえようもなく / Diary711
27.4.2019

ファッションとは着るアクセサリーである、とニューヨークのデザイナー様が謂っていたのを憶い出しましたが、デザイナー=精作主の商業性を例えば除いたとしまして、創り続ける精神性の深みなど計りかねますし、作家様も、芸術家様も、絵描き様も、表現性を生命線に据えている御人の精神というのはわたくしにとって宇宙と同様で、いつまでも神秘的な心の描きで御座いますゆえ、ファッションとは着るアクセサリーである、という意味性もスッと心に染み渡るかと問われれば販売員失格ですね、然うではない、と御答えする現状で御座いますし、表面的に受け取るしか学も能も御座いませんで、殊、Jean Paul Gaultier氏が創造されたJean Paul Gaultierという衣服達も着用するアクセサリーであるかは深層理解を必要としますが、例えば同氏創造物は御人にとっては着用するジュエリーでありますし、御人にとっては衣でありますし、御人にとってはハードボイルドですし、御人にとってはパンク精神の顕れかもしれませんが、いずれの感想にしろ御手に取られた創造物も御人の感性に従われた否定しようもない運びと想うと、なんといいますか、宇宙の理の片鱗に近づけた感覚に陥ると申しますか、神秘的な心の描きが結像したような気がするのもわたくしの気のほうが触れているだけかもしれません。
 
そういえば丁度、背面がくり抜かれたジレを探していたところです、という御方は先ずいらっしゃらないでしょうし、そういえば丁度、背面がくり抜かれた新鮮なジレが入りました。という応酬も奇跡に等しいですし、つまりは御手に取られる創造物は御人の感性に従われた否定しようもない運びと存じますし、探究物と御縁があったとしましても,どれほどロジカルに向き合おうと金銭を支払い迎え入れるかの究極地には御人の理由なき感覚以外、入り込む隙間などありえようもなく、そこでは蓮見氏が謂うところの内心の訴えが聴こえるのだろうと思いまして、ここにファッションが愉しく,美しいものである “ 核 ” のようなものがある気がしてならず、Jean Paul Gaultier氏はそうじゃないものを避けて創り続けてきたのかもしれませんし、そうであるものを創り続けているのかもしれませんし、もしかしたらその先のひとつに、ファッションとは着るアクセサリーである萌芽が芽吹くのかもしれないと、Jersey Boysの無限ループに陥りながらふと憶いました。

 

 

 


1992s Jean Paul Gaultier with 60s Charvet cotton shirt

 

 


90s Jean Paul Gaultier with 90s John Lobb

 

 

1992s Jean Paul Gaultier with early1800-early1900s pure gold & precious stone bespoke rings

 

 


1990s Jean Paul Gaultier with many pens

 

 

 

 

 

SURR by LAILA 小林

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 
//

1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 247