SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Facebook Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
年末年始営業の御報告と雑記 / Diary645
26.12.2018

皆様いつも御愛顧くださり誠にありがとうございます。弊店の 2018 年度は 12/29 ( 土 ) 20:00 をもって終了となりまして、 2019 年度は 4 日 (金) 12:00 より通常営業となりますことを御報告させて頂きます。 30 日以降のお問い合わせに関しましては、 4 日より順次御解答となりますこと御理解御了承くださいませ。宜しくどうぞお願い申し上げます。

 

 

SURR by LAILA 小林 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

さて、まだ 2018 年度の御挨拶ではないのですが、本年は個人的に聖なる夜を終える前から徐々に年の瀬を気配を感じ来年とそれより先の展望を漠然と考えることが多かったために、上記に併せましてこのような雑記を綴らせて頂こうと思い至った次第でございます。とはいえ、まだ何も思い浮かんでおりませんので書いて字の通りに雑な内容になることと想いますので、手持無沙汰な御方は宜しければ御査収くださいませ。

 

 

皆様の 2018 年はいかがでしたか。弊店には特出して大きな変化が訪れることはありませんので、北青山の裏手にあるマンションの一室にて時間の経過や気温などが不明瞭な空間での日々が積み重なる前向きな意味合いにおいての “ 普通 ” を常としているのですが、そんな弊店におきましても本当に本当に御愛顧くださる皆様方の本当に御陰様で 2018 年度も幾人もの初めましての皆様方にお逢いすることができたことは、私や小林にとって純真無垢な誇りであり喜びです。星の数ほどの実店舗があり、それ以上に非実店舗が群雄割拠 ( 確か日経エンタテインメントにこう書いてあったような ) する昨今において、見つけ難い場所にあり、かつおそらくは解り難い御提案表現を行っている ( 手前どもは手前どもをそう捉えております ) 弊店をお選びくださり貴重なお時間を御利用くださることに本当に本当に心からの感謝申し上げます。移ろいゆく時代や世相にはいわゆるファッションやスタイルだけではなくそれこそ小売業そのものの在り方も大きく関わっており、こと数年前より非実店舗の存在感が社会的に大きくなっているように想いますが、私は以前より何度, どう考えても御客様方と直接お逢いでき、品を直接お渡しできる実店舗を軸とする以外の選択肢がございませんでして、その想いは年々強まります。既に考え方として古いのかもしれません。どうなのでしょう。10 年後は軸が変わっているかもしれませんが、以前綴らせて頂いた紙に載せる弊社表現と同じくそれらが時代にとって世相にとって “ 古き方法 ” となれど、だからこそ “ 良き方法 ” として自らの意思で選びたいものです。

 

 

そもそもとして弊店は ヴィンテージやアンティークにおける品そのものの本質的な魅力を御提案し、現代の個として御認め頂く小売実店舗 という姿勢を至上意思として取り組んでおりまして、こと 2018 年度におきましても様々なお品を皆様方に御提案させて頂きました。しかしながら我々がどれほど声を張り上げようと遠くまで届くことはなく、社会において大きな影響を与えることはこれまでも, これからもございませんで、それは我々にとって心の枷でもなく逆に糧でもなく、純然たる適正の一つとして捉えておりますが、ヴィンテージにせよアンティークにせよ現代の品にせよ、衣類にせよ食事にせよ住製品にせよ、大企業にせよ中小企業にせよ誰かに何かを伝えるに際してそれに信念が伴っていればいるほどにしっかりと声を張り上げなくてはいけないと常々強く想いまして、社会に属する人々とって “ 時間 ” は等しく貴重であるがゆえ、そのような真剣社会人様方に何かを御認め頂くことは本当に本当に簡単なことではなく、だからこそ真剣かつ真摯に取り組まなくてはいけないと感じています。それは本年度において幾度か御提案させて頂いた非既製服, オートクチュールでありビスポークでありオーダーメイドの品々と向き合った時も強く感じました。

 

 

それらは前提として心から丁寧に製作された品々であると同時に、一人に向けてのみ主張された, 他者に向けて主張する必要が ( 怠惰ではなくそもそもとして ) ないことを軸として存在していると私は捉えているうえで、極地的な個性であったり要素であったりにどうしようもなく惹かれたがために御提案させて頂いているのですが、それら悪意なく他者に無関心な品を皆様方に向けて表現することは、信念が特出して強く伴っているがゆえに我々にとって格別に繊細な取り組みであると共に有意義な感情喚起でございました。オートクチュールやビスポークやオーダーメイドが再度強く気付かせてくれた、皆様方に御認め頂くことの難しさ, 大切さ。これも 2018 年度の心に残った出来事でした。

ふぅ、漠然と始めさせて頂いた雑記ですが綴ってみると面白いものですね。派生から派生でどこまでも続けられそうな気分ですが最後に私の個人的な目標にて終わりにさせて頂こうと想います。
2019 年度もそしてそれ以降も弊店はいわゆる “ やりたいこと ” が沢山ございまして、それに向けての夢想も心創りも留まる気配がございませんので御時間や御心がお許し頂けるのであれば引き続き御愛顧頂戴できましたら幸いです。強固な信念を胸に抱きながら様々な事柄に対して柔軟に、自分の胸に手を当てた時 “ ( なにかに捉われ過ぎていない ) 自由な心である ” と即答できる状態で品そのものの本質的な魅力を御提案できるような実店舗至上主義が “ 続けられる ” ことを大切に考え、皆様方と同じく様々変化 ( 進化 ) できるよう謙虚に精進致します。最期となりましたが私の個人的な目標は モテなくてはいけない です。それでは失礼致します。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 
//

for Xmas , high quality silver / Diary644
21.12.2018

 

 

 

 

わたくしから本作の魅力を御伝えさせて頂くなど全くと謂っていいほど何もかもが足りていないと憶うのは既に世の中の皆様に広く広く深く周知された仏同社のチャンネルであろうと憶うわけで、そもそもわたくしの稚拙な文体や表現では縮こまってしまうほどハートが弱いもので、いや、決定的に申し上げられるのは、第二者と愛または友情を握手によって交わす際、第三者の旅立ちを大きく手を振り送り出す際、目の前の人に手を差し伸べる際、ワイングラスを持ち上げた際、其の手首元に宿す唯一かつ随一の装飾物である【ブレスレット】という存在意義を確かに理解はしながら頂点に君臨し続けるHermes社の宝を手に入れたことがない経験の不足という事。恐縮の至り。

 

 

この度、獲得に成功した稀少属性がhigh quality silverを有している事実は同社不変の性質と憶い、そのうえ現在フランス・アルチザンにより物体化される同種クオリティとの差も正直御座いません。それほど不変不動の絶対品質を提供し続ける不変不動の絶対的魅力である事も自明の理という事ですが、それでも尚、それでも尚、初代オーナー様が愛した手首元の紳士性を精選する理由というのは恋に落ちた対象女性の好きなところを100挙げよと問われたならば優しいところと可愛いところの合計2つで終わってしまう真実もまた不変不動のように、あるいは当時の仏職人が込めた熱度や掌の温もりや分厚い指から継承される温度をジュエリーより受け取ることができるメゾンという冠を他に知っておりますしょうか。

 

 

と謂いながらわたくしから本作の魅力を御伝えするには女性経験でも手首元の経験でも未だ未だ足りぬ足りぬという事ですが、たなごころに乗せるという行為のみで十二分足りるほど小粒ながらずっしりとした重量を目には視えぬ拘束力として感取する物体本質的な力強さ、季節物ではなく、旬物にも値せず、其の手首元に恒久性をもって宿す唯一かつ随一の装飾物として今一度御査収頂きたく,他が入る隙間がないほど厳然たる関係性を築き上げて頂きたく,そして名品と謳われる本チャンネルの珍宝を心ゆくまで従えて頂きたい、私共のささやかな願いで御座います。

 

 

 


New arrival, 70s Hermes limited chaine d’ancre silver bracelet

 

 


New arrival, 60s Hermes twist silver bracelet

 

それでは皆様、素敵なXmasを。

 

 

 

SURR by LAILA 小林

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

for Xmas , personal gold rings / Diary643
20.12.2018

 

 

最近没頭している作家様の一作品の中で興味をそそられた御話が御座いました。全体を単純に三部割した第一部、宇宙、ビックバン、運命論、脳と意識は別、異空間etcを相当説得力をもって例説する内容が占めまして、其の中、ゾウリムシの御話。

 

水温25℃を好む単細胞生物ゾウリムシは、各々あちこちに移動しながら住み慣れた25℃のところに集まってくる。中には遅れてくる者や早く到着する者もいて、あるいは行き過ぎては戻り、戻っては行き過ぎる、といった行動を繰り返す。そしてゾウリムシの密集数が多ければ多いほど、ゆっくり動く者や派手に動き回る者などバラエティに富んでくる。遺伝子が全く同じ単細胞生物であるのに集団の数によって彼らの動きには明瞭な【個体差】が出てくる。つまり単純な生物は、集まれば集まるほど【自発性】が大きくなる。

 

 

 

 

 

本文ではビックバンから運命論、ゾウリムシ論を経て、人生という道において選択を続ける重要性を原子レヴェルで咀嚼したストーリーがまるっと例説にくるまれた数十ページ、其の中の一例を乱暴に抜き取りました。恐縮ながら記憶を頼りにタイピングしましたので実際はもっと美しい文章です。遺伝子が全く同じ単細胞生物であるのにもかかわらず、集団数が多ければ多いほど顕われる個体差=自発性、が集約と憶いますが、天地創造の終わりにヤハウェによって創造された我々でないと仮定するとゾウリムシの極致的進化の果てに存在している(今のところ)我々が、単純な生物ではない高度な知能を持ったニンゲンでありながら単細胞生物と大変近しい性質を有している共通性の発見と、集団数という自発性を高めるトリガーの存在こそ、例えばファッションへの追求を止まない人々や自身の編集に留意を寄せる我々男性、少なからず都会全域までとは謂わず,過ごす環境や身近の集団性の中で個を大切にしたい自然な想いも等しく、身なりを着飾る / なにかのメッセジを以て身に纏う 発信性も同義、自身が何を選択していくか、何を精選し、何を身に付け、どんなメッセジを宿し、人生をどう謳歌するか、根幹は近しくも考え得る能力こそ決定的違いであると憶いながら。それではまるでゾウリムシと比べ優位に立っているような考えも危険ではないか、いやまてゾウリムシに足下を救われるのか、ヤハウェとはいかに。

 

つまりは既に事を成していたearly1800sジョージア王朝時代からヴィクトリア王朝時代を経た英国の軌跡とビスポーク・リング / パーソナル・リングを御披露目させて頂きたいのは、行き過ぎては戻り、戻っては行き過ぎることがない完結性の極めて高いフィールドであろうと核心に近い想いをひっそりと寄せている事、集団数が多ければ多いほど爆発的威力を放つ比類なき存在性=珍宝である事実に抗いようは無く。都市生活の中で注文主の彼らに自発性があった明確な証拠と、個体差を意識した注文内容にビッグ・サファイアや巨大な忠誠心を大きさで表現したかのようなビッグ・ガーネットの選定を成し得た例えばの事実は豊穣かつ贅沢である以上に、注文主のゆっくりとした息遣いや派手な飲み方、バラエティに富んだ個性を物語として宿したパーソナルピースというのは引き続き,継続的に,静かにご提案させていただきたい【antique fine jewelry】 この度の御縁は、5個体のみの獲得で御座います。洗い込まれたジーンズ、フランネルトラウザー、仕立ての良いコート、よそ行きのテーラード、カシミアのニット、金無垢のリング。皆様にとって心地よい25℃と出逢うことが叶いますように、今日の話を終わります。

 

 

 

 

 

明日 12/21 ( 金 ) 12:00 より

New arrival, 1920s British 14K gold & dark sapphire bespoke ring

 

 


New arrival, early1800s Georgian about9K gold & bronze stone bespoke charm ring

 

 


New arrival, late1800s Victorian 9K rose gold & garnet bespoke ring

 

 


New arrival, late1800s Victorian 18K gold diamond & large sapphire bespoke ring

 

 


New arrival, 1930s France 18K gold pearl & red stone bespoke ring

 

 

 

 

 

SURR by LAILA 小林

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 
//

1 2 3 4 5 6 7 8 9 218