SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
手懐ける / Diary734
2.7.2019

私は傘が心に寄り添わない性分で、鞄以上に可能な限り持ち運びたくないため不自然なほどに濡れるのもいとわない日々を過ごしており、とは言え限界があったためその度に簡易品を購入しては失い続けていたのですが、その繰り返しがあまりにも虚しかったため “ 逆に大きな犠牲を払えば持ち運ぶのではないか ” と想い立ったある晴れた日に手に入れた一本を愛用していたのですが、高度一万メートルで十数時間過ごしてから少し経った先日に知人宅を訪ねた際うっかり置いてきてしまい失意に暮れました。実は以前にも一度同じ意図で手に入れた一本の傘がありそれはタクシーの中へ置き去りにしてしまったのですが、どういうわけかある日自宅の押し入れにそれが在り、心の底から驚く  という夢を知人宅から帰った晩に見まして、都合の良過ぎる自分の潜在意識に腹と頭を抱えた次第です。

 

このように私は元来大変に大変に粗野な人間でして、正直に申しあげましてこの生業に関わること以外の全てが, 例えばシチューのパッケージに書かれたレシピを読まずに作る, 絹豆腐のつもりで木綿豆腐を買うなど、残念な有様で、きっとこの生業に対して私の中に在る考える力が全て注がれているであろうほどに本当に本当に残念な日々を過ごしているのですが、考える力の全てを注ぎ続けようとも経験を積み重ねようとも、この生業では予想や夢想や考察を上回ることばかりが巻き起こり “ 愉しい ” という感情が尽きることはありませんでして、最近におきましても一つのブレスレットが心を愉しく愉しく掻き乱してくれたのです。

それは我々ごときが御提案すること自体が野暮なほどの存在価値を社会的にも歴史的にも既に有し、その立ち位置に甘んじることなく縦横無尽に自由な感性と時に驚くほど遊び心溢れる表現力と実行力を発揮し続ける親愛なるメイカーによる 80 年代初頭の一品で、三つで一列となった輪が十二列連なる全箇所において研ぎ澄まされた形状から生じる摩訶不思議な稼働表情と、貴金属に一切の馴染みがない御方でも無意識的に強い求心力を感じて頂けるほどに厳選された、九つのアルファベットと一つの記号とドットから構成される刻印に紛れもなく相応しい素材表情から、男性に向けて心から御提案したいと想える中でも異質なまでに優雅で麗しい存在に感じられ選ばせて頂いた御品でして、私は “ 優雅さや麗しさが特に強い場合は容易に個と寄り添わない。ゆえに寄り添うことが叶えば唯一無二になる ” とかねてより考察しており、本品は稼働表情や素材表情などの印象面と幅の広さや物質的な質量などの現実面ゆえの優雅さと麗しさを備え、例えば私が身に着けた場合には過度な演出性に感じられたりと、強さだけでは正しい解と成らない, 類まれなる感性によって極地的に研ぎ澄まされ愛情注がれているからこその難しさを有する御品と捉えていたのですが、先日のとある時間に驚くほどに優雅さや麗しさが自然に馴染んだ御姿を拝見させて頂き、大変に興奮してしまった次第です。

 

 

 



その印象を直感的に申しあげますと優雅さや麗しさを “ 手懐ける ” と申しますか、強さを強さとしながらも我がものとして制御しきった様子と申しますか、とにかく予想や夢想や考察とは全くことなる次元の御姿でして、ヴィンテージやアンティークならではの既にそのほとんどに着用例や着こなしの指南書が存在しないからこその, 御人によって異なる視え方の, 千差万別で全てが異なる方向に向かい全てが等しく正しい解と成ってくれる愉しさを認識させて頂いていたにも関わらず、優雅さや麗しさをこのように “ 手懐ける ” 着地点に出逢ったことがありませんでして、心から驚きました。手懐け制御しきる御姿と成ることが稀なのか否かはまだ解っておりませんし、もちろんそうすることだけが本品との向き合い方においての解ではありませんが、この驚きによって改めて装身具で手元を彩ることでの豊かさとなにより Tiffany & Co. の偉大さを再確認させて頂きました。

 

 

 

 

 

early80s Tiffany & Co. silver 925 triple loop brecelet.

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

涙とハンカチ / Diary733
28.6.2019

七石のダイヤモンド, 流線形とサファイヤ, 正統的男性用様式, 大胆な美麗さ, 現代性 etc 。不定期で御提案させて頂いております区分であるアンティーク・ファインジュエリーからの新作群は、先のアンバーリングを筆頭とした装身具としての個の派生から影響を受け、これまでで最も存在感としても現実的な質量としても大胆でデコラティヴな面々が揃うことと成りまして、もちろんのことこれまでの御提案とは異なる品々, 時に近しい要素が在りながらも全く異なる顔立ちやそもそもにおいて全く異なる要素や様式など、に分布しているのですが、それに加えて前回のエントリーにも記しました通りこの度は初めてしっかりと編集させて頂くメイカーのヴィンテージピースも併せて御披露目させて頂いておりまして、同社は弊店にとってこれまた心の底から尊敬し愛し, その上下左右・縦横無尽に飛翔する表現力に感嘆し, 時にとてつもない熱量で発される遊び心に心酔する存在であり、それこそ我々ごときが御提案するもの甚だしいほどの存在価値を社会的にも歴史的にも既に提示している大変に立派なメイカーなのですが、永きに渡る歴史と表現力ゆえに数多の作品を世に発表してきており物質として幾つも存在しているにも関わらず、これまで弊社においてしっかりとした編集が叶わなかったのは引き続き我々の勝手千万な判断基準によるものでして、その刻印を眼にする機会があったとて連れて帰るに至らないたびに幾筋の涙を流し幾度もハンカチを手もみ洗う日々を過ごしながら、時にビールやウイスキーやカラオケで心を奮い立たせつつゆっくりと、一歩一歩進んでこの度の御披露目に至りました。

アンティークだから良い, メイカーだから良い、古い年代の方が良い, この国だから良い、18K だから良い, ダイヤモンドだから良い などの論点で装身具を御提案させて頂いたことは、これまでに無いと私は想っておりまして、いずれの背景にせよ要素にせよ、引き続き皆様方それぞれが有する、それぞれの方向に向かって, いずれも等しく正しく美しい感覚と判断基準に則ったうえで、もし弊店の御提案する装身具の中に相応しい一品がございましたら心の底から真に光栄に想いまして、その時に流れる一筋の涙とそれに伴うハンカチの手もみ洗いは前述と正反対の意味合いとなります。

 

 

 

 

 



Newarrival
Antique fine jewelry.

 

 

 



Newarrival
70 – 80s Tiffany & Co.

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

手元に関わる装身具 / Diary732
27.6.2019

この度は弊店都合により 11 日間に渡っての御休みを頂戴致しまして、大変に失礼致しました。期間中に幾人様かがドアの前までお越しくださっていたと当マンションの管理人さんから伺いまして、多大な御迷惑をお掛けしてしまったこと、猛省しております。また御問い合わせなどに関しましても順次御返信させて頂いておりますので、御人によってはもう少々御時間を頂かざるを得ませんことお詫び申し上げます。

 

先日の店舗運営の再開より手元を彩る新作群を御披露目させて頂いておりまして、私は以前より装身具の中でも手元に関わる存在を愛しているのですが、それは本当にかなり以前からのことですので最早きっかけを想い出すことが叶わず、しいて挙げるとしたら父から使わなくなった腕時計を譲り受けてからかなぁ といった本当に未成熟な時代からなのですが、どうしてかは分からないまま変わらぬ熱量でそれらを愛していたところ、確か昨年頃だったでしょうかとある読み物で “ 人の一生で自分が一番視る自身の身体の部位は手元だ ” といった記載を眼にした時、手元に関わる装身具を訳もなく愛してきた自分が私の中で腑に落ちました。

人の手は本当に美しい存在ではないでしょうか。美しさの概念は人によって異なることと想いますが、私はどんな手もそれぞれの方向に向かって, それぞれに等しい強さで美しいと感じます。優しい手, 綺麗な手, 力強い手, 儚い手, 枯れた手など、どれもが純粋に強烈に美しく、それらの所作には時に言葉に勝る説得力と表情に勝る表現力があるように想い、そんな手元と調和する繊細であったり, 大胆であったり, 無口であったり, 多弁であったり, 雄々しかったりといった装身具を目の当たりにすると、勝手ながら心から豊かな心持ちになります。

 

この度の新作群は 1864 年から 1980 年代までに分布しており、初めてしっかりと編集させて頂くメイカーピースの御用意も叶いました。繊細な品, 大胆な品, 無口な品, 多弁な品, 雄々しい品など存在としての着地点は様々ございますので、もし僅かでも御興味頂けましたら是非にと想います。誤解を恐れずに申しあげますと手元に限らず装身具の類はお手持ちになくとも生活において困ることきっと無いことと想いますが、しかしながらそれら装身具が在ることで得られる心の豊かさは何とも比べられず何でも測ることができないものである と信じて。

 

 

 

 

 

Newarrival
Antique fine jewelry and vintage maker jewelry.

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 


//

1 2 3 4 5 6 7 8 247