SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Facebook Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
御礼 / Diary715
8.5.2019



この度は小林の引退に伴い御言葉や御便りなど様々な御配慮を頂戴致しましたこと、彼に代わり心から御礼を申しあげます。本当に本当に、ありがとうございます。

彼が弊社の戸を叩き結果 5 年間在籍したこととなったのは御縁以外の何ものでもありませんでしたが、その内の 2 年 8 カ月間密に過ごしたことを少し前に振り返ってみましたところ、おかしな表現かもしれませんが私の頭には “ ボーナスステージ ” という言葉が挙がりました。その時間において私は彼に何かを “ 教えた ” 自覚が一切ございませんでして、例えば この縦を横にするとこうなる といったいわゆるで言うところの “ 意見 ” のみで判断を全てを彼自身に任せ続けたのですが、それは 一つの空間に選任する人物がその空間の軸であり、その表現にまつわる責任者 という “ その容れもの = その人物 ” と当時から今に至るまで一貫して一個人的に考えているがゆえでした。私にとって彼は部下という区分ではなく、いわゆる仲良しこよしな間柄でもありませんでしたが、パートナーと呼べる一人の人間であると共に紛れもなく社会に真正面から向き合う親愛なる立派な一人の人間でした。数多の失礼や不充分が在ったにも関わらず彼を僅かなりとも愛してくださった御方に今一度御礼を申しあげます。この感謝の念は、忘れません。
渋谷や恵比寿や六本木などの夜の大人の時間にあの眼鏡が光っておりましたら御写真などに収めて頂き拝見させて頂けますと幸いです。一緒にアハアハハと笑わせてくださいませ。

 

SURR という一つの容れものにおける絶対的に最も大切な存在は御客様方、その次が品、その次が選任者ですが、これを機に私が再び選任にて携わらせて頂きますこと、それに伴い週に1度, 月曜日に御休みを頂戴 ( 月曜が祝日の場合は、その明けた翌日が御休みとなります ) 致しますこと、御了承頂けましたら幸いです。

自分とは全く異なる考えや感性と共に過ごしたことによってまた視点を増やすことができましたので、今まで以上に御愉しみ頂ける容れものを目指して、ヴィンテージやアンティークを中心とした品や文化の根本的・潜在的・実質的な求心力をじっくりと御提案できるよう、社会におけるより強い違和感であり続けながら社会の迷惑にならぬよう毎秒精査致します。

 

 

 

 

 





 

 

 

取り急ぎ視える事柄から視えない事柄に至るまで、彼の容れものから私の容れものへ再構築, スクラップの無いビルドを時間をかけて穏やかに進行致します。機会ございましたら引き続き御気軽に御立ち寄りくださいませ。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

想像すると口角が上がる / Diary714
2.5.2019


豪奢さや秀麗さと共に混沌を調和させるー  そのそれぞれが並大抵ではない深度で調和しているからこそ氏の世界観は街中で定期的に眼にすることができるものではないにも関わらず、心が寄り添った際には強い求心力を有すると感じておりまして、混沌は例えばランウェイという御披露目の場において着用者の進む方向が無作為に交錯したり嗜好品を嗜みながら歩いたり、純粋にふざけたり愛犬が登場したりと様々ですが、一つの品という物質においては、鬼才的な判断力で幾つかの要素をこれでもかと混ぜ合わせることで表現されることが多いように想います。

 

モードの本場が得意とし特に技術面や美意識面ではフランスが専門的に培ってきた曲線美をあえて選ばず、工業的, 無機的, 無表情的ともいえる直線を採用することによって産まれるフレンチメゾンとしての違物感溢れる土台に載せられる動物の紋様や氏の衣装に身を包んだ彫像画が匂い立たせる一着としての個は、テキスタイルデザインや柄物という “ いわゆる ” な表現に属することを許さない、まるでこの世のちょっとした隙間に迷い込んでしまったかのような異世界感に溢れていますが、これもまた用いられる綿の蕩けるような質感と直線的な構築の歪みと秀逸な色調の成り立ちによって、結局のところ装うことを愛し愉しむ大人の男性に強く御提案したくてたまらない、これが布陣にあることで得られる人生における豊かさを想像すると口角が上がるのを抑えることができない一着でございます。

本品が産まれた期の氏の世界には様々な象徴要素がございましたが、動物紋様と彫像画の出で立ちはその代表的な存在の一つでしたので、それをあえて直線的な構築で可動域を広く配置し開襟仕様というとにかく寛いだ仕様によって仕上げられたこの一着を御馴染みの親愛なる穏やかなコレクター様の静謐な空間で目にした際その存在感に気圧され、ポケットの形状や袖の下部, 首回りの吸いつきなど細部に注視することで気付けるモード文化独自の遺伝子と申しますか、選ばなかったにも関わらず発揮されてしまう極めてささやかな曲線美と目が合った際に心を射抜かれました。

全ての要素において結果的に純然たるシャツジャケットという稀有な体を獲得したこの豪奢で秀麗で混沌とした一着にて、モロッコの避暑地しかり軽井沢の別荘しかり, 真昼の酒盛りしかり愛する女性とのボートしかり, 一人秘密の Bar しかり友人との宴しかり、人生を豊かに彩る様々な環境と瞬間を過ごして頂きたくて、たまりません。

 

 

 

 

 

 

 

1992s Jean Paul Gaultier cotton shirts jacket.

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

永遠に定まらないという定まり / Diary713
1.5.2019

これは私が想うところですが、弊店に在りますデザイナーやメゾンの品, いわゆる看板がはっきりと分かる品の八割以上は “ 奇才者 ” によるものであり ( 更に申しあげますと、私は弊社各店の扱う品の新旧を問わず同じく想っております ) 、その奇才者たちには社会において広い間口で受け入れられる作風を主に得意とする人物や、受け入れられ辛いながらも受け入れられた際には極めて強い求心力を有する作風を主に得意とする人物が居たりと方向性の分布があり、更にその中には特に稀有な創造性によって表現における前人未到に辿り着いた “ 鬼才者 ” が居る と捉えておりまして、こと Jean Paul Gaultier 氏は私にとって前述の作風で申しあげるところの後者にあたる鬼才者なのですが、彼の世界における正統的な男性性及びそれに伴う紳士性をより直線的に感じて頂けると想える、この度の新作の一着。

 

 

この土台となるミリタリー区分での仕立て様式はテーラードジャケットの分野においても特に強い, 文字通り “ 強い ” 個を発揮する傾向であり魅力を有しますが、全体を独善的に調整することで結果的にそれと対を成す軽やかなサマーテーラードに仕上がった一着で、陽を通せばやや透ける綿は否が応でも織りを感じずにはいられない乾いた凹凸感と手触りによりやや重厚なシャツといった軽快な表情を醸し出し、肩以外にほとんどの芯地存在を感じさせないサルトリアの職人技術による実質量的にも体感的にも極めて “ 軽い仕立て服 ” という複雑怪奇な構築を実現しております。

また、これもミリタリー区分での仕立て様式ならではの傾向であり魅力である 前立てを全て閉じることでの重厚な男性性 の演出なのですが、こと本品においてはそれだけに捉われることなく愛して頂きたいと切に想います。 “ これぞモード ” と声を大にせずにはいられない洗練された比翼の顔ですが、それを実現した大きなスナップボタンを留めないことで産まれる前立ての歪み, 個性的な部品に伴う重量によって演出される過大な前立ての歪みは氏からの贈り物という名の作為であると邪推せずにはいられません、私は。前述の軽快な生地の表情ならびに絶妙に延長された着丈の相まるそれは、出で立ちを永遠に歪ませ続ける、 “ 永遠に定まらないという方法で定まる ” 一着でございます。

 

 

 

 

 


1990s Jean Paul Gaultier cotton tailored jacket

焚火を見ていてふと気付いたらだいぶ時間が経っていた なんて経験、私だけではないはず。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

1 2 3 4 5 6 7 8 241