SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
複雑な立ち位置 / Diary737
9.7.2019

私と “ その存在 ” は数年前、英国のややばかり外れに居を構える、一見すると少年のようでありながら瞳の中に成熟を飼い慣らした、二人の子供と妻を愛する物静かで優しいコレクターのショールームで出逢いまして、“ 製作されていた時代における一つの側面を明確に現わしながら、極めて高い品質を有する ” といった第一印象と、単純を面白いと想えた看板名をきっかけに弊店にて御提案する区分の一つと成りましたが、現在に至る過程で僅かながら学ぶことができたなにがしを含めるとまた印象が変化しておりまして、 “ それ ” が存在していた 1982 年から 1992 年は服飾史において、非常に柔軟性に富んだ創造力を愉しみながら表現する人々が居り、それを社会が愉しみながら受け入れる土台があった時代であり、だからこそ当時に製作された品々や作品群は現代の製作者や表現に影響を与えている、とざっくり申しあげまして私はそのように捉えておりまして、皆様方の中にも居られることと存じますが、その時代の広告や雑誌表現や写真家の作品などに今なお強い求心力, 今だからこその新鮮さや美しさを感じられることがありますが、こと “ その存在 ” が当時に発表していたそれらは私にとって、完全無欠に当時の空気そのままに感じられる, はっきりと申し上げまして新鮮さや美しさよりも 27 ~ 32 年前であるという “ 古さ ” が感じられる数々なのですが、そもそもにおいて “ その ” 品々は、例えば恋人に 貴方はどこが良いと想ってその服を選んだの? と問われたり、同僚に どの点が良いのか? と問われることが正解と申しますか, 時代に取り残された空気を自分の意思で選ぶ意義と申しますか、その問いが大多数であり, その意義が偏愛と成ることを理解したうえで例え 1/100 や 1/200 の確立であろうとも とても素敵だね と共鳴してくれる方々と向き合いたいと心から想えたと共に、なにより “ その ” 品々がどれも見事に上質であったことに衝撃を受けておりましたので、後々の学びで当時の広告や雑誌表現の資料に出逢えた際、それらから新鮮さや美しさよりも時代に取り残された古さを感じたことは、私にとって何も違和感のない至極当然な感情どころか、より愛したいと想える実に実に良いきっかけでございました。

 

 

 



“ それ ” は社会においてきっとデザイナーズヴィンテージという立ち位置なのだと想いますが、表現における方向性や様々な文化と向き合う姿勢ならびに取り入れ方を現実的に品々にて認識すると一概にそのくくりに収めて良いのか悩みつつ、“ 男性の在り方と品質に真摯に向き合う ” という存在の丁度良い形容詞が想いつきませんので引き続き弊店でもデザイナーズヴィンテージとして御提案させて頂いておりますが、この度の新作における一着の物質的な存在感と触れ合うとやはりその立ち位置の複雑さを再確認致しまして、鉄道労働者の世界から拝借した縞模様を極めて活動的・効率的な調和で設計しつつ、特出して古き良き時代の, それこそ効率とはかけ離れた職人技術を真にさりげなく注ぎ込み、王道の設計ながら各所を繊細に調整し、厚手なシャツのような素朴で上質で不思議なほどに軽い綿で仕上げたその一着は、やはり一概にファッションデザイナーによる御品ともクリエイターによる御品とも, 単純なヴィンテージ・ピースともカジュアル・ピースとも言い難く、30年前後以前の空気を漂わせながらも, 仮に雑誌に載っていたとしたらその世界観はきっと時代に取り残された古さを感じさせるのでしょうが、純粋にこれまでと同じく心から胸を張って “ 現在の装いとして是非に ” と御提案させて頂きたいと想える、私にとって複雑であり独特でありながらどうしようもないほどに惹かれる上質な個の在る男性に向けての一着です。

 

 

 

 

 


Newarrival.90s Best Company light cotton jacket.

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 
//

Midsummer propose / Diary736
5.7.2019

弊店は例年において “ 真夏の御提案 ” がほとんど叶ってこなかったという誠に恥ずべき自負がございまして、それは私自身が冷えに弱いなどでそのような装いが不得手である点と、純粋に御提案したいと心から想える品との出逢いが希薄であるという点が理由として挙げられるのですが、先日から続く湿度に伴う過ごしにくい, ある種真夏の太陽よりも過ごし辛さを痛感する, この時期の辛さはお大袈裟でなく体調を崩しかねない、日々を体感致しますと、先日の旅においてこれまでにはない世界観の幅と数と以上な密度にて今期は “ 真夏の御提案 ” が叶いますこと、心から嬉しく想います。

 

 

毎度絶頂的な芸術観点からなる美意識を発揮してくれる “ 織りの専門家 ” 、存在自体はおそらくは定番の枠にて固定されているながら弊店にとっては選ぶという判断が極めて難解でありこれまでにほとんど御提案が叶わなかったため大変に喜ばしくなによりも幸運に想える1900年代初頭の “ 穿く麻 ” 、氏の表現においても特に前衛的であり結果的に現代と繋がることととなったイタリアンモードの王による “ 未熟と成熟 ” 、数年前から弊店を魅了して止まない独善性と品質に対する姿勢と実行力から成る時代に取り残されているようでどうしようもなく惹かれてしまう “ 中毒性 ” 、そして、彼女もまた伝説的なモードの立役者の一人でありながらその芳醇な略歴の中で1年と半分しか存在しなかったがために出逢いを願うことすらも叶わない, 出逢えたことが, そしてこのように御提案が叶ったこと自体が弊店にとって一つの “ 事件である一着 ” 。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

空間で御品と向き合うとこのような編集が叶ったことは 運が良かった以外の何ものでもない と改めて想うほどに私にとって真夏の御提案は難解な, 正直に申しあげますといついかなる旅であろうとも、出逢えることに期待心を寄せていない区分でして、“ 織りの専門家, 穿く麻, 未熟と成熟, 中毒性, 事件である一着 ” の計九着からなる御品と出逢えたことは、仰々しい表現となりますが私にとっては一つの奇跡です。

 

 

 

 

 

Newarrival. Midsummer propose.

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

1 の存在感 / Diary735
3.7.2019

例えばジーンズを小粋にお召しの御客様と交流させて頂いたらすぐさま帰宅してジーンズに履き替えたい衝動にどうしようもなく駆られるほどに、私は影響を受ける際には素直に受けて直情的な想いを巡らせる性分で、自身の中に在る気分は良しにせよ悪しにせよ受け入れるようにしておりまして、昨年にアンバーリングを御提案させて頂いたのも紛れもなくその直情によるもので、かねてより主に繊細なリングを周囲の人々から恐れられる異形の野獣が一輪の薔薇を大切にするがごとく好みの対象としていたものの、これまた前述のジーンズ方式と同じくな偶発的経緯を幾度か経て心が繊細の逆に位置する装飾的リングを求めるように成った末に出逢いが叶い御提案させて頂いた次第だったのですが、その感情は一時的なものではなくアンティーク・ファインジュエリーの取捨選択にもはっきりとした変化を及ぼすことと成りまして、このように直情的過ぎる自身の潜在意識にはやはり腹と頭を抱えますが、ことこの生業に関わることであれば直情も大切である とも考えております。

 

この度の新作群は最古が 1864 年となり、アンティーク・ファインジュエリーに関しましては最新で 1960 年代 ( 注:弊店では 1940 年代以前の御品をアンティーク・ピース、それ以前をヴィンテージ・ピースとして御提案させて頂いておりますが、これらに関しましては “ アンティーク・ファインジュエリー ” という呼称で統一させて頂いております ) となりますが、これまでに御提案させて頂いた幾度かに比べて特に装飾的リングが目に付く印象を私は抱きまして、アンティーク・ファインジュエリーという世界には時に出で立ちの傾向や方向性が近しいものが在りながらも、あくまでそれらは近しいだけで結局のところは全てがそれぞれに異なる無垢な 1 の存在感を有しているのが特色であり現実であり、男性のおける装身具という要素に難しさを感じ, だからこそそれと向き合う意義と価値となによりの面白みを感じる私にとってはこれまでもこれからも独立した存在かつ心と寄り添ってくれる解の一つで、弊店におけるこれまでの幾度かは常に異なり続けていたものの、この度の新作群で装飾的リングが目に付くことと成ったのは喜ばしく、例えば女性的とも捉えられる曲線美の内部に白金とニ十石のダイヤモンドを載せた一つや、男性性が強く宿った形状に三十二石のダイヤモンドを載せたうえで光を集めるための細やかな職人技術が施されたこの度の最大幅を有する一つや、七石のうちの一つがそれはそれは大きいダイヤモンドの大胆な輝きと共にヴィクトリア期らしい装飾の趣意による独創的な立体感をお愉しみ頂ける一つなど、それぞれにおける物質としての華やかな 1 の存在感がケースの中に鎮座しておりまして、それら個の質量は空間全体と対比させた際には 0.1 %以下となるのでしょうが、全体に及ぼす影響はその数値以上に強大ですので、絶望的に華やかさの足りない私がようやく一人前の人間に成れたような錯覚を受けますが、きっとそれらが旅立ったら元の野獣に元通り。読書と空想が好きな父親思いの美しい女性がやってきて人間に戻れる日はいつに成ることやら。

 

 

 



引き続き皆様方の日々が豊かになる何かに成れましたら幸いです。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 


//

1 2 3 4 5 6 7 247