SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Facebook Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
Unfashion design 2 / Diary048
19.9.2014

50 

 

今回のアンファッション・デザインで行われているのは、

1.ディティールの排除
2.ライナーの排除
3.コーティングの排除

 

ここに至るまでの過程において、名も無きどこかの誰かが手を施した形跡が各所に。元々は東ヨーロッパのボア付きミリタリーコートでしたが、前述によって全く異なる一着に変容させられました。

1 でミニマリズムを、2 でオーバーサイズ・フィッティングを、3 で独創的なテクスチャーをそれぞれ獲得した無名なアノニマスは、どうしようもない程にファッション性を感じさせる驚異的なモードに成りました。ただ邪魔だから排除したのか、目的があって排除したのかは分かりませんが、前者でありば驚異的な必然性ですし、後者であればあっ晴れとしか言いようがありません。

 

しかしながら最大の特徴は、

4.日焼け

 

こちらもカビと同じく環境や時間によって発生する現象。言うなればデザイナーは 『 自然 』 です。通常マイナスとされる要素にも関わらず、まるで陰影を付けて染め上げたかのようなグラデーションを生み出しており、不規則の中の規則性が鋭角に美的感覚を喚起させる驚異的なアンファッション・デザインとなっています。

 

50 

50 

50 

 

 

 

元々の要素と、無くされた要素と、自然が施した要素。
三位一体が織りなす異常なまでのイマジネーションをお楽しみ頂きたい逸品です。

 

 

 

 

 

50 

 

60s Eastern european military, anonymous custom coat

 

メンテナンスという名の整理整頓は必要最低限以上行っておりません。繊細に成り立つアンファッション・デザインを邪魔する事になりそうで、憚られました。

実物をご覧頂けばそれで良かったと思って頂ける。繊細ですが実直です。
是非袖を通しにいらしてみてください。

 

 

SURR by LAILA 福留

info@surr.co.jp

 

 

//

Unfashion design 1 / Diary047
18.9.2014

 

50 

 

50 

 

50 

 

 

Diary や Online や店頭で 『 ファッションを目的とせずに、結果 “ ファッション ” に成った 』 という言葉を何度か使わせて頂いていますが、この文言は SURR にとって欠かせない要素を表します。それは生活のため,仕事のために洋服が作られていた時代のものから20年弱前までの MENS ファッションを一同に介しているからであり、それらが肩を並べている事が SURR にとっての日常なのです。

 

そしてモードという、いわゆる “ ファッションシーン ” で絶えず繰り返されているのがファッションではない要素、アンファッション・デザインの抽出です。 仕事をするための『 ワーク 』 や、国を守るための 『 ミリタリー 』 を筆頭に、機能性・利便性に基づいて設計されたディティール等をハイファッションとして新たにパッケージングし、人々に提案するのがデザイナーと呼ばれる人々にとっての重要な役割の一つではないかと思います。

 

光栄なことに、メゾン・デザイナーの方々をご対応させて頂く機会があるのですが、その時に彼ら(彼女ら)が手に取り、時に物凄く興奮してもらえるのは確実にアンファッション・デザインが在る洋服たちです。これは私たちにとっての明確な事実。

 

そして彼ら(彼女ら)が手に取るアイテムたちは、もれなく私の心拍数も上げてくれるのも明確な事実。

 

北青山のマンションの一室で静かにのんびりとヴィンテージ “ 専門 ” を貫いてきた結果、年間数点のみですが 『 アンファッション・デザインの怪物 』 に出会える環境に成りました。例え何千何万の洋服に触れても、『 怪物 』との出会いで受ける衝撃と喜びは変わりません。

 

 

 

前置きを書いていたら予想以上に長くなってしまいました。大切に思っていることなのでご容赦くださいね。
それでは本題。今シーズンの新作からアンファッション・デザインの怪物をご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

 

50 

50 

 

この写真を見てとあるメゾンを連想された方は、首後ろに4箇所ステッチが覗く洋服を着られているかもしれません。

生地のほぼ全体を覆う不規則な紋様は、何を隠そう “ カビ ” でございます。

 

温度や湿度,そして時間との兼ね合いで発生するカビ。表面を覆うその独特な紋様は一般生活においてポジティブな意味合いを含みませんが、あるところにそれをコンセプトデザインに結び付けた、破壊的なまでに奇異なデザイナーが居ました。
彼は、洋服という “ 静なるもの ” が微生物という “ 動なるもの ” によって変化させられ完成する様を、(ある種)刹那的なファッションのサイクルに向けてのメッセージとして活用しました。マイナスとされる要素をプラスに変換し、さらにファッションに落とし込むという行為は正直かなりの衝撃ですが、それと同時に彼によって計算し尽されたカビの 『 デザイン 』 は、一つのファッションとして見事に成立していたのです

 

もはや伝説と言って差し支えないデザイナーの、アイデンティティを表すエピソード。

 

それと同じ事をされているのが本品です
彼のように計算して行われたのか、自然に生じたものを私が勝手に解釈しているのか。

恐らくは後者だと思いますが、紋様が不思議なまでにテキスタイル・デザインである事と、ファッションとして成立した一着である事は事実。そして、彼がこういった品から影響を受けていた可能性は否定できません。

 

 

 

 

 

50 

50 

 

50s French work , moldy jacket

 

時間と自然が生み出したアンファッション・デザイン。
こういった物は無限の価値と可能性を内包します。

言うまでもありませんがもちろん滅菌済みですので、リアルクローズとしてのご提案。
特に嫁ぎ先が楽しみな一着です。

 

明日もアンファッション・デザインをご案内させて頂こうかと。

 

 

SURR by LAILA 福留

info@surr.co.jp

 

 

//

なりの解釈 / Diary046
12.9.2014

 

50 

 

50 

 

50 

 

50 

 

1800年代末期に、庭仕事用の道具を持ち運ぶため作られたモデル。

一流のメゾンによる L.L.Bean とでも言いますか、

今回は防水に対してですが、これらメゾンなりの解釈はいつも新しい魅せ方が刺激的で仕方ありません

 

素材感と品質から漂う存在感。

でありながら気取っていない落ち着きぶり。

引き続き、男性用バッグのご提案が難しい中で出会えたちょうど良い逸品です。

 

 

 

 

 

50 

 

about 70s Hermes, leather boston.

 

本質的に、気軽にデイリーにお持ち頂く事をお薦めしたいバッグ。

なんなんでしょう、この感覚。

何より言葉を必要としない空気感です。

 

是非、実物に触れて感じて頂きたい。

 

 

SURR by LAILA 福留

info@surr.co.jp

 

50 

 

//

1 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 213