SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Facebook Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
進化形態 / Diary300
26.8.2016

2016 A / W のフルコレクションが始まりまして最初に抽出させて頂くのは、今期の世界観を決める要因となったキーピースの一つであり、 SURR 取扱いの最古年代を更新してくれた一着です。

 

 

古来から現代に至るまで礼服として親しまれてきた “ モーニングジャケット ” は、1850年頃にカジュアルな万能性とアクティヴィティーが求められ、スタイルの象徴であるテールを排して着丈を上げるに至りました。
“ ラウンジジャケット ” または “ サックコート ” と呼ばれた進化形態は、時に食事前のくつろぎ空間で、時に乗馬時の外套として親しまれましたが、更に時代を経て徐々に変化を遂げ現代のマストピース “ テーラードジャケット ” へと昇華しました。

原点の “ モーニングジャケット ” と現代の “ テーラードジャケット ” 。
この度のエントリーでは、その進化過程を繋ぐアイテムの萌芽期にあたる1850年 ~ 1870年頃に英国で仕立てられた “ ラウンジジャケット ” を御紹介させて頂きます。

 

 

 

 

 

SDIM0237

SDIM0237

SDIM0237

SDIM0237

SDIM0237

現代のテーラードジャケットと ( 当然ながら ) 様々な共通項を備えつつ、それらとは味わい異なる様々な要素。特に裾のカーブはモーニングジャケットの気配を色濃く残しており、今なお受け継がれるテーラーの法則である、最下部のボタンを留めない “ アンダーボタンルール ” の意義を存分に感じさせてくれます。

こちらが仕立てられた頃の英国はヴィクトリア朝と呼ばれ、今に通じる様々な技術力や文化が一斉に発展した産業革命の時代と言われておりまして、こと芸術や美意識に関しても同じくなのですが、それにしてもこちらの総シルク仕立てはあまりにも豪奢であり、注ぎ込まれた職人技術はあまりにも贅沢。各所に施されたハンドステッチ、身体を包む込むうえで適切かつ効果的なディティール、縫製、裏当ての配置。全てに意味があり、全てに美学が秘められていることを物を目の前にすると素直に感じることができます。

 

 

 

しかしながらこれら以上に、この一着をセレクトするに至った要素がございまして、まず一つはコンディションです。
ヨーロッパはアンティークの文化、服飾史の文化が盛んですので、こういった年代のアイテムは稀に出逢うことができるのですが、100年弱、ましてやそれを遥かに上回る時代を経た洋服のほとんどは、それが “ 過ごした時間 ” の影響を色濃く受けています。
越えた時代の長さを鑑みれば当然なのですが、その生地は決して未着用に近くあろうとも、強度面と何よりテクスチャーが醸し出す “ アンティークらしさ ” の香り漂っているがゆえに私のご提案したいと想うリアルクローズと調和しないことが多く、セレクトに至る機会は少ないです。
しかしながら本品にはそれが皆無でした。もちろん風合いは生じておりますが、これまでに目にしてきたそれらとは一線以上を画す “ 古さの無さ ” でして、本当に驚かされました。またもや無意識のうちに微笑んでしまったのは良き想い出です。

そして、何より最大の要素はシルエット。手掛けられた時代の文化や通念などの感覚器官が現代とはあまりにも異なりますので、 “ アンティークらしく ” 感じてしまうのはこれまた当然なのですが、その中から現代的なバランスを取捨選択することを念頭に置いてきましたが、ここまで古い年代で、ここまでモダンなシルエットは初めてでした。ショルダーライン、ボディライン、スリーヴライン。全てが約 160 年という時間の概念を忘れさせてくれるのです。

 

 

 

 

 

SDIM0237

1850 – 1870s Victirian silk lounge jacket

私自身、アンティークを “ アンティークらしく ” 着こなすことはいたしませんでして、SURR という空間を通してもそれを御推奨しておりません。 ( アンティークという言葉を他に替えても同じくです )
本品は服飾史を大いにはらんだアンティークらしい一着ですが、それを踏まえた上でも現代のリアルクローズとしてご提案できる、ご提案すべき一着に感じました。ここまでの要素が揃うアンティークジャケットにはもう出逢えないであろうと思うといささか以上に心寂しく想うのは正直な気持ちですが、それでも、だからこそこの一着に出逢え、このように御紹介出来たことを心から幸せに想います。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

SDIM0237

//