鶏と卵 / Diary859
1.5.2020

王室のとある女性が庭での活動のために設計を依頼したブーツのように日々の様々な瞬間に則した・属した装いや装いに関わる存在。庭仕事が先かその意思が先かは鶏と卵ですが、私たちのこれまでにおいても今においても同じような判断は多々ございまして、トレッキングブーツが好きだから登山が好きに成ったのか山に登るからトレッキングブーツを好きに成ったのか、ニットが着たいからリラックスするのかリラックスするからニットを着るのか etc. 十人十色があるがゆえに産まれるのは十人十色のスタンダードで、私はそれらが時に交わらないことが、“ 理解しあえない・しあわない ” ことが何よりも面白いなぁと極めて強い興味を抱きます。全員方向性が異なり、全員が等しく正しい。

やたらカーディガンが好きであったりやたらスクールライク・スタイルが好きなように、これまでに様々な創造を繰り返してきた数多のデザイナーや今現在に創造している幾人かのデザイナー、そして ( きっと ) これからを創造するデザイナーにもきっとやたら好きな存在やそれこそ何故だか好きなスタイルがきっと在り、それは時に代表的な作品 / 作風として・時に人知れず存在として製作されてきたのでしょうが、いずれにせよそれを愛している A さんの心には・ A さんの話を聴いて新たに魅了された B さんの心には・ B さんの話を聴いて新たに魅了された C さんの心には… きっといつまでも在り続けるのです。それによって産まれるのは新たな “ やたら好きを胸に秘めた人々 ” であって、それが時には偏愛に成りますものの基本的にはそれらの人々にとってその “ やたら好き ” な品や装いはいつまでもスタンダードで在り続けるのです。私はこのプロセスを美しいと心から想います。

 

 

皆様にもやたら好きな存在がございますでしょうか。それが時にデザイナーなど明らかな人物がきっかけと成っておりますでしょうか。白シャツ、ジーンズ、レザージャケット、ロングコート、レザーグッズ etc. ミリタリースタイル、ワークスタイル、スクールスタイル etc. リサイクルカルチャー、クチュールカルチャー、ユースカルチャー etc. やたら好きにも沢山の種別がございまして、時にスタンダードで在ったりいまだ個性的であったりと致しますが、ウエスタンスタイルを “ やたら好き ” にしていた正統派モードのデザイナーはほとんど想い浮かびませんし、注がれるデザインの要素・装いの要素を段階的に捉えた時にここまで要素性が高いハイエンドでハイクラスな仕上がりを私は知りませんので、出逢ったその瞬間に抱いた感情ははっきりと申しあげまして色々な意味で “ やばい ” でした。これは偏愛以外のなにものでもないぞ と。

 

 

 

 

 

70s Gianni Versace western-style leather jacket.

これまた面白いことにモードの世界に良い意味で様々な可能性が在った時代であり、近年とは全く異なる価値観に高い優位性があった時代ですので、時代があったからこそヴェルサーチ氏の偏愛が養われたのか、偏愛が在ってこそのヴェルサーチ氏であったのか。この鶏と卵に関しては、卵が先であると弊店は考えます。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

*休店期間中にお急ぎの御用命ございましたら 080-3415-4864 まで御連絡ください

 

 

Copyright © SURR All Rights Reserved