良きに計らえ / Diary835
18.2.2020


前述の通り必要であればポケットを造作し留め具を付けてしまいますし、テーラードジャケットやトラウザーの仕付け糸なんかも即時外してしまいますし、ポケットがあれば存分に物を入れたい人間ですのでどんだけ着飾ろうと気取ろうと所詮アッシは、短パンにランニングが一番格好良いと真に心から強く想い一年中その装いで居ただけでなく、バレンタインデイにはそれらから特にお気に入りの組み合わせを厳選して意気揚々と登校していた幼少期と何ら変わらない、肴を荒らさなければなんでも良いよ のごとく生きているうえで絶対に譲れないことがさほど無い無粋で粗野で粗忽な人間ですから、様々な天才鬼才変人奇人鬼人が積み重ねてきた服飾史の芳醇さ自由さや、それら人々による天才的変態的な品々の在り方や、そもそもにおいて新旧問わず見渡した時に純粋に惹かれるそれらヴィンテージやアンティークが愉しく、特段そのうちの上質な目線の品々における懐の深さが、あり得ないほどに自分勝手な組み合わせや真面目な職人であったら卒倒するような着こなしを受け入れてくれる懐の深さが、呼吸ですら遠慮してしまうほどに繊細な存在を産むのと並行して十日連続着続けることができるような存在を産む懐の深さが、好きなのであります。

 

 

 

 

 


これならどんな環境にも対応できるし耐久力も高いし、何よりポケットの造作も留め具の取り付けも必要ねぇな と無粋で粗野で粗忽な私は想いましたが、何よりも素晴らしいのは、その後の 1988 年から現在進行形で一人の創造者によって受け継がれ続ける表現の根幹と成ったのは、はっきりと明確な姿形による世界観の方向性を示しながらも様々な装いの方向性を予感させ実現させる、それこそ紳士の装いとしての, 服という物質としての懐の深さであると、

 

 

early80s Hermes homme wool trench coat.

猫も杓子も客も取りながら決して媚びず、時代がどれほど変わろうとも変わらずに居続けてくれるこのような物質もまた、共に齢を重ねるに相応しい存在ではないかと、アッシは想うのです。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

Copyright © SURR All Rights Reserved