SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
Argile , tailored jacket / Diary543
30.5.2018

初めて自分のものとして袖を通したその日はややばかり肌寒かったこともあってか “ なぜこんなにもふんわりとした温かさを感じるのだろう ” と瞬間的に想い、更に活動するうえで即座に “ 特出してなめらかな着心地 ” に気付き、極めて極めて驚かされました。発される体温を生地が, 糸がほど良くコーティングし、不快感皆無の温かみを保持してくれるこの感覚。骨格に併せて動きに併せて生地が滑りながらも心地良く付いてきて寄り添うこの感覚。 どこかで味わったことがあるぞ と記憶の引き出しを探ってみましたところ結びつきました。私が愛して止まないカシミアやシルクの感覚に。

マリにおいて伝統的な存在であり、日常に則した存在であり、様々な意味合いを有する染料としての泥。日本古来であり今や絶滅の危機に瀕している総天然藍染料と同じく科学的な要素を一切用いずに、気温の変化やそれに伴う微生物の作用によって採取した状態から “ 染料泥 ” へと変化するそれは、耐久性や快適性 ( 生活機能性 ) を目的に衣類を染め付けるだけに留まらず、アフリカにおいては胎児を守るために妊婦のお腹に塗られたりと、現実的であり複数の意味合いで有益であり、何より高尚な存在である染料泥。余談ですがヨーロッパにおいては高価なエステ材料として用いられるほどに肌に良い影響を与えてくれます。

“ 染料泥を塗布し・乾かし・洗い落とし・乾かす ” 全て手仕事によるこのプロセスを Argile クリエイションのほとんどの作品において7回、常に表情変化に配慮しながら行うことにより仕上げの洗いを経てもなお繊維の間にミクロで潜む染料泥の成分が前述のカシミアの如きシルクの如き心地良さの理由となります。

総天然要素による泥染めという文化はマリという土地だからこそ培われ、現存が叶いました。氏が “ 黒 ” を求め、呼応するように結実した Argile 。幾つかの氏のクリエイションの中でもなんと申しますか、決して 100 % 表現し切れている言葉ではございませんが “ 特出してダンディ ” な印象を私は抱いており、その充足感を胸に本日も着用しております。
旅にも連れて行きます。夏も着ます。と申しますか数か月前より Argile → 4Saison → 4Saison → Argile → Argile → Argile
→ 4Saison → Argile → 4Saison → 4Saison → Argile → 4Saison…と日々そんな感じです。

 

 

 

 

ダブルブレストのテーラードジャケットなどはいかがでしょうか?心の底から驚異的な熱量にて御推奨させて頂きたい一着です。背中がこれまたたまらなく、ボウモアロックが止まりませんこと、請け合い。

SDIM0802
SDIM0802

KARIM HADJAB , Argile , base : 50s Frenchwork double breaseted cotton tailored

 

 

なお、Argile は先々の如実な変化にも是非に御期待くださいませ。以下は私の一着でございまして、着用初日に雨風にどっぷりと晒されたこともあり即座に変化を感じさせてくれました。これまた背中がたまりませんでして、赤霧島ロックが止まりませんこと止まりませんこと。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 
SDIM0802

//