ちょっとそこまで / Diary995
27.7.2021

相変わらず鞄を持たないので、お前が紹介するなと声が飛んできそうですが。。
 

 

しっかりと夏の気候に変わり、本日は台風の影響で、との事でしたが、今15時過ぎ、日差しが高く容赦なく照り付けています。30度超えると流石にTシャツに軽いボトムスで過ごしたいところですが、鞄を持つより麻やライトコットンの羽織のポケットを機能的に鞄替わりに着用していまして、更にお前が鞄を勧めるなと思われそうですが。。

 

 

なんでここまで鞄を持たないのか、そろそろ自問自答しなければと。先日パートナーにどの鞄が可愛いかとの問い掛けに全く以て何が可愛いかが分からなく、適切な意見が言えず仕舞いの私でしたが、今回の新作はなんだか自分にも当て嵌まるのかなと感じる程興味を抱いています。本当に。本当です。

 

 

1985 年に製造された本品は細かなシボと柔軟な革質に、濃紺と言う個体性。ネイビーレザー、意外と見かけませんね。不定期にご提案させて頂いております、スモールバッグ。男性の為に、男性用では無いもののコンパクトなサイジングが不思議と私は男性的な印象を感じ取ってしまいます。旅行用、普段使い、仕事、など区分けの中でも「ちょっとそこまで」な感じ。ニュアンスですみませんが、この用途って生活する上で結構あると思うのです。コンビニにでしたり、近所を散歩に、短時間しか外出しないし必要最小限で、でしたり。ドライブなんかもこちらに当て嵌まるのかな。携帯、財布、鍵、細かな何かを入れて運ぶには最適ですし、なんだってやっぱり見た目が良い。

 

 

Hermesのプロダクトに言うのも野暮ですが、とても良い革質です。また、ネイビーレザーが色味の重さを中和するので、夏の装いにも非常に合いそう。勿論の事、通年お楽しみいただけますし。

 

 

 

 



New arrival, 1985s Hermes leather small bag , navy

 

 

先述で用途に触れましたが、現状ですとヴィンテージ・エルメスバッグにつきまして乗馬お医者様の為の鞄もご案内が御座います。本来では日常使いは有り得ない様な品々ですが、デザイン性を好まれる方、新作も含め用途はご自由にどうぞ。

 

 

SURR by LAILA 鈴木

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

Copyright © SURR All Rights Reserved