1993SS / Diary992
20.7.2021

New arrival, 1993SS Dries Van Noten

 

以前からこのシーズンのボトムスはなんか格好いい。とは後付けでは無く思っていたんです。

 

 

 

 

 

ワンタックでこんなにも腰回りのボリューム+急激なテーパード。ジョッパーズ・トラウザーズを思わせるような形状に、ドリスらしい中間的なカラーリング。個人的に腰回りがしっかりとしているので昔からこのバランスが好きなんです。ハイウエストでヒップ、腿辺りにゆとりがあって、膝下からの強いテーパード。難を隠す要素と単純に綺麗だなと。

 

 

あと、ワンタックに妙な色気を感じるんですよね、ワークパンツに気持ちワンタックが付いてますよ、みたいなあの無骨さに影響を受けている気がして。
 

 

こちらのポケットディテールもなんか色っぽいですよね。これも個人的に片側のみのフラップポケットが好みなんですよ。なんででしょうか。

 

 

バーズアイ。学生の頃入学したばかりの時にこの生地でジャケットを作ろうとしたら担任に怒られた記憶があります。未だに謎ですが、柄合わせが云々と言われたような。。それはさておき、リネン&レーヨンのハリとトロミがなんとまあ。履き心地も含めこの時期最高のマテリアルです。

 

 

New arrival, 1993SS Dries Van Noten linen & rayon trousers

 

 

 

 

不変的にも捉えられますが、変形にも感じる不思議なバランス。やはり腰回りの生地の分量と強いテーパードによる妙な構築が独自のシルエットを生み出しています。股上もしっかりと寸法がある為、腰で履いても面白い、コレクションルックの様にクロップドスタイルでも軽さが演出出来て非常に良しなオリジナリティ溢れる一本です。トップスにワーク、ミリタリー、アンティーク、なんでも合わせられるますね、これは。明日よりお披露目致しますので、夏のトラウザーズをお探しの方は是非。

 

 

SURR by LAILA 鈴木

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

Copyright © SURR All Rights Reserved