お察しください / Diary911
11.9.2020

4 日程お休みを頂きまして、友人の住む福岡でも行くか。なんて考えていましたが、このご時世なのでと言う理由をこじ付け、ある日は起きてから寝るまで漫画に浸り、ある日は朝早く起床し、高田馬場にある映画館で大好きなアニメーション監督の没後10年記念の過去の作品を観に足を運びましたが、チケットが完売、、別映画を観に新宿でスケーターの映画を観て泣き、ある日は近場の釣り堀で金魚をひたすらに釣り上げと充実した連休?を過ごさせて頂きました。今回の休みでどれだけ仕事の事を敢えて考えないかをテーマに過ごしていたのですが、生憎のところ漫画を読めば何か文章に繋げられるかも。でしたり、釣りを愉しんでいても緑の層がグラデーションになっている池を見て SNS 用にカメラ持ってくれば良かった。なんて、何かしらの ” ネタ ” の収集を無意識に考えてしまいまして、今回のテーマには完敗してしまいました。ある程度無の状態で本日は出勤したかったのですが、福留の Dairy を目にして、やっぱり恰好良いとフレーズ自体がやたら恰好良く想え、やっぱり恰好良いものって他にはあるのかと考えさせられる程ヴィンテージ・リーヴァイスはどの目線から見て取っても恰好良いと改めて想いました。
 

 

ある人はヴィンテージ・リーヴァイスについて、ディテールや内容では無いと教えてくれました。あーだこーだ言っても恰好良さは変わらない。と受けっとっても良いのかは解り兼ねますが、身体に合って初めて完成すると私も兼ねてより想っている存在ですので、履いてみて「あぁ、かっこいい。」言ってしまいましたし、早く自分以外の声も聞きたいものです。年代やディテールについてここでは示しませんが、お察しください。

 

 

SURR by LAILA 鈴木

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

Copyright © SURR All Rights Reserved