夏のサルトリアル / Diary884
3.7.2020

数年前にを感じて以降、期を追うごとに存在感を増してゆき今では弊店にとって欠かせない要素の一つと成ってくれたとある文化のとある技術力は、じっくりと向き合えば向き合うほど新しさの根幹に在る “ 過去 ” に気付いて心が躍ると共に、今日に至るまで長きにわたって行われてきた諸々における “ 画一性 ” を純度 120% の私感にて想わずにはいられず、ついつい私の悪い癖 ( 性 / サガ ) が出てしまいそうになりますが結局のところ躍り狂う心が勝ちますので、弊店なりの表現や編集を急がずに焦らずに確実に、引き続き社会の迷惑に成らぬようひっそりと行っていきたいなと想う所存です。

 

 

 

夏のサルトリアル

 

 

 

新しさの根幹に在る “ 過去 ”  に関しましては、古来より継承された技術力であったり, その継承方法であったり, 技術力そのものがなぜそうなったかの所以でして、それらは最終的にきっと政治そのものと繋がるであろうことをふとした瞬間に感じますものの、弊店はそれを論点に装いを捉えることを禁としておりますのでここに綴ることはこれまでもこれからもございませんで、結局のところは単純明快な美しさと気持ち良さに帰路致します。

そして画一性  に関しましては、そもそもにおいて巧く綴れる気がしないほどに私的感情の純度が高過ぎますし, 綴れたとしても高純度過ぎて可視化するなんて恐怖でしかありません。いわゆる “ 現地 ” が全てではことを大前提としてどっしりと据えたうえで、私のささやかな経験則におきましては現地の御世話になる皆様方が漏れなく文化と技術に親しみを抱いたうえで自由気ままに勝手気ままに愉しまれているように素直に感じられ、十人十色の在り方に単純明快に惹かれました。それにどのようなエッセンスが加わって諸々の画一性に成ったかは解るような解らないような心持ちですが、現地で味わったパスタの鮮度や滋味は再現できませんものの、装いに関しましては弊店, 我々, 皆様方独自の自由気ままと勝手気ままにて間違いなく表現して頂けることと存じますので、引き続きこれまでに構築されてきました生活様式であったり優先順位であったり環境を踏まえたうえでの趣味嗜好に存分に則って頂き、特に自由気ままに勝手気ままに捉えて頂けましたら幸いです。



 

 

 

 

 

New arrival.夏のサルトリアル。

この技術力は今の季節におきましても、見事なまでに美しく、見事なまでに有益でございます。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

Copyright © SURR All Rights Reserved