発見 / Diary855
20.4.2020

 

 

有益な時間を過ごそうと早起きと言いますか9時には勝手に身体が起きてしまう。老いなのかこの環境下の仕業なのかはわかり兼ねますが良かれ悪かれ夜は自然と眠くなり籠りながらも健康的な生活を送っています。近頃自分の語彙力の無さを痛感しておりまして、本でも読み少しでも参考にと女性作家の短編集を読んでいるのですが内容は先が知りたくなる程面白く、読み耽っていると心が沈むようなオチに毎回気が滅入ってしまい参考処か読んだ後の喪失感。気持ちを切り替えるため、早めに仕事を終わらそうといつ壊れてもおかしくない年期のあるパソコンを開くとキーボードが使えなくなり更に滅入ってしまう始末。交通機関に頼るのも怖くなる程外出を避けているので往復一時間程を徒歩で電化製品店まで足を運び新たにキーボードのみを購入。気分展開に帰りに花屋でもと寄ろうと帰路の途中三件ある花屋も当たり前ですが全て営業しておらず。本日はついて無い、この状況下で考え過ぎるのも良くないと本日のDiaryを綴る上で再度コレクションを観返そうと最早私の趣味でもある Dries Van Noten の映像を眺めていたのですが、あれなんか違う、

 

 

ワインレッドのテーラードジャケットと言う印象のみで 1998AW のコレクションのジャケットだと判断していた、と申しましのもこのカラーリングのジャケットが 1998AW のコレクションルック意外でこの色調は使用されていない。コレクションルックから年代を特定していたのですが再び観返すとシルエットの構築性が全く違う。ショルダーラインの肩パッドが無い上での自然な強さやハーフコートの様に長く設定された着丈。一番の違和感は前立てからヘムラインに架けてのスクエア状のカッティングライン。 1997AW のコレクションはまだ初期のオーヴァーサイズなフィッティングが継続され、私の考察ではスリムフィッティングに移行し始める 1998AW のコレクションに間違え無いと勝手ながら思い込んでいたのですが、再度 90 年代のコレクションを全て見返すと確信を得たルックが存在しました。

 

 

まさかのイエローカラー。コレクションルック意外に ワインレッド と言う強いカラーリングを製作しているとは検討もつきませんでした。確かに以前このコレクションを観た際に あれ、このジャケット年代に対して異様にシェイプされているな と考えてはいましたが。この二つのショーは類似している点が多く印象としては 1998AW は 1997AW をアップデートしたコレクションと言えばわかりやすいかと。今回のジャケットや同コレクションのアウター類の一部に裏地が無く一重仕立ての使用の意図も判りました。このシーズンはレイヤードを主軸としており、別途でキルティングのトップスをインナーにレイヤードさせる為に裏地を排除していたようです。勿論本品においても単品で成立する程のエナジーを感じて頂けるワインレッドカラーのテーラードジャケットはエレガンスな要素の中にも敢えてのアウトポケットディテール、フレンチワークにも通づる無駄を削いだミニマムな設計はクラシカルと多様性を含んだ一着だと感じます。ついてない日も新しい発見により前向きに捉えようと、時間の経過の早い一日。

 

1997AW Dries Van Noten wool tailored jacket,wine red.

追ってOnlineに更新させて頂きます。
以前に更新させて頂いている同シーズンの グレイカラー も御座いますので併せて御覧頂けたら幸いです。

 

SURR by LAILA 鈴木

03-5468-5966
info@surr.co.jp

*休店期間中にお急ぎの御用命ございましたら 080-3415-4864 まで御連絡ください

 

 

Copyright © SURR All Rights Reserved