口に含まれた始まりを / Diary624
15.11.2018

 

ビールも大好きですしバーボンも大好きですしハイボールは呑みませんが最近遊んで頂ける方々から日本酒は学びますしこの頃は毎晩ひとり鍋奉行なもんですから晩酌にはお湯割り焼酎ですし塩鍋なんて極めつつあるわけで、もちろん11月15日本日0時に解禁となるブルゴーニュの新酒もまるで決まり事のように毎年頂いているわけです。15日に至る瞬間と思い,昨晩午前0時にスーパーへ足を運ぶケアレスミスを発揮した今年の味はどうかななんて水のように流し込むギリシャ人や何かと評価を与える自称ワイン中毒者でも御座いませんが、たぶん、丑の日の土曜日が年に1回の感覚なのでしょう。こういったら大変失礼ですから先に謝っておきますが、毎年そうやって頂いたとしてもなんて美味しいんだ今年は!なんて台詞を心の中で想った事も御座いませんし、どちらかというとドスンと力強い味が好みですので大晦日に食べる味はなんでもいい年越し蕎麦と表現するほうが正しいかもしれません。食べなければ年は越せない。のように。ブルゴーニュ産の新酒をいただいて冬を迎えることにハッとする。のような。中学生のときは某スーパーチェーンハンバーガー屋のグラタンコロッケバーガーが然うでした。
 

 

そうはいっても塩鍋にも合うと本気で憶っているわたくしの食べ合わせ感覚はトチ狂っていると自負ありますが、実際のところ迚も愉しみにしている其の新酒なわけです。このようになにかの時期に,なにかの節目に,なにかのきっかけによって、なにかに注視するようになると源流を突き詰めたくなるのもかわいい男心としておきたいところ、それこそギリシャ人の古き良き一般住宅の中や屋根の上には葡萄を潰すためだけの風呂桶のような構造が掘られていたり、ミニマムな自園の葡萄畑を持っているようだとなにかの本で読みましたが、ワイン発祥説のギリシャだろうがエーゲ海だろうがブルゴーニュだろうが製造の始まりや完成による始まりや人の口に含まれる始まりや、その道中において重要位置しているクラフトマンやディーラーやセールスマンやテイスターという存在もわたくしのしょうもない口に含まれる始まりを作り出す大切なポジションなんだと漠然とした敬意をもって已まず。その直後、口に含まれた始まりを塩鍋によって見事に終わらせるわけですが。

 

 

 

なにかの時期に,なにかの節目に,なにかのきっかけによって始めるなにかを大切にしたいのは、およそ5時間後に迫った新酒発売を良きタイミングと御披露目させていただく1900年初頭ワインディーラーが実際愛用していた 道具 との極めて稀有なご縁が然うで御座いまして、そうはいっても其の道具がどれほどの希少性や実際力を有するか否かも差し詰め重要ではなく、力強いブラックリネンで織られた生地やワインをボトルごと収納できる両サイドの専用ポケットなども詳細にすぎず、古き愛用品からキャッチする想像的な憶い、約100年以上前、という漠然な時代が確かに存在していた事柄に寄せる想像的な憶い、そのようなヴィンテージ/アンティークという世界に触れる際によく聞く月並みな文句を今一度申し上げたくなる純粋な衝動に駆られ、結局のところ、この11月の時期に,秋から冬に移行する節目に,ブルゴーニュ産の新酒を迎えるきっかけによって駆り立てられた注視対象が、1900年初頭ライト兄弟の人類初の動力飛行成功や,アインシュタインの相対性理論発表,トルコはオスマン帝国時代とその同時期、誰かの口に含まれる始まりを作り出していたディーラー故人の 道具 である歴史的フィジカルに圧倒され、それが極・限定的なフレンチワークウェアである事実も、衣服の汚れを防ぐために着用される Tablier / タブリエ である事実も、当時本品を愛用していたディーラー故人が気が遠くなるような21世紀に小さな島国で、まさか塩鍋と赤ワインを愉しむ男によって伝えられるとは、憶いもよらなかっただろうと。

 

 








New arrival early1900s France wine dealer’s tablier, black linen.

 

御披露目となる17日(土)は、ボージョレーワインの新酒もご用意させて頂きます。(塩鍋のご用意はありません)
お誘い合わせのうえ、皆様のご来店を心より御待ち申し上げております。

 

 

 

 

SURR by LAILA 小林

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

Copyright © SURR All Rights Reserved