SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Facebook Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
今にも落ちてきそうな空の下で / Diary654
16.1.2019

弊店の空間特性の一つに “ 異常に降り注ぐ日差し ” がございます。それはカウンターに電子機器を置いておくと熱暴走を起こし冬場でも汗ばみ、 反射で店内の御査収に支障をきたすほどですが気持ちと身体は明快でやはり日差しを浴びると単純に心地良いものですから利点と欠点を天秤にかけたうえで私はその環境を愛して止みませんが、それらを浴びながら夢想にふけるとふと一着のコートとの出逢いが想い出されます。縁あって初めて辿り着いたそこは国境のほど近くにある全体が緩やかな丘状となった土地で、高い建物が一切ない替わりに閉館してだいぶ経っているであろう遊戯場や映画館などの廃墟が点在する小さな小さな港町でして、その日は非情に冷たい海風と異常に降り注ぐ日差しと緩やかな地形が相まって、不自然なほどに大きく感じた今にも落ちてきそうな空の下で得た敗北感という名の貴重な体験と、唯一出逢えた一着のコートがこの度の題目です。

 

 

皆様方と同じく私もこの生業において、自分なりに精一杯の挑戦と精査を意識し日夜取り組んでおります。何かを続けようとすると様々な場面や状況において “ 停滞する ” ことがあり、その一つに鮮度ないし感度が当てはまるのですが、私はその点における停滞に対して極めて強い危機感ともっと言ってしまえば嫌悪感すら感じるがゆえ、以前であれば定期的に髪を紫色や黄金色に染めて気分を変えたり、現在においても折に触れては普段と異なる道中で帰宅したりタワーレコードに足を運んだり、もちろん自身のための買い物を行ったりで必死に鮮度ないし感度を停滞させないよう足掻いているのですが、それは店という空間を創るうえでより顕著でして、そのためにできる大きな要素の一つに “ 新たな出逢いの模索 ” がございます。それは様々な事柄と利便性が発展した現代においても私にとって極めて大きな危険性を有し、だからこそ掛け替えのない取り組みでして、挑戦するイコール大なり小なりの金銭と時間を費やすこととなりますのでそれによって得られる ( 人なのか品なのか可能性なのか ) 収穫の量と質によってはっきりとした結果が現れます。私にとっての新たな出逢いを模索する挑戦は、充足感もしくは敗北感で満ち溢れる残酷なほどにはっきりとした二択です。

その港町でははっきりとした敗北感で満ち溢れました。挑戦は失敗に終わり失意のまま彷徨い歩くことも叶わないほどに小さな街で、出来事といえば少年たちに場所を尋ねられるというくらいだったのですが、ふと引き寄せられて立ち寄ったいわゆる街の小さな雑貨店で一着のコートと出逢うことができまして、それは値札の付いた品ではなく店主の夫である老紳士の持ち物だったのですが、無理を承知でお願いした結果譲り受けることができたのは海風にさらされつくした敗北感に満ち溢れる怪しい風体であったのと、出逢いを願い続けた ( 今でも願い続けています ) 私が知る限りで現存最古期の Burberrys コートゆえの必死さが要因だったのでしょう。



修練の形跡をしとどに感じさせる肉厚ながら柔軟性に富んだ羊毛表情や、同社が後々手掛けることとなった英国王室直属空軍のコートと偶然なのか必然なのか同一な青みがかった特殊な灰色や、男性としての威厳を具現化した各所装飾性や高い腰位置など、文化と歴史に向き合ってきた同社ならではの構築性かつ、現存最古期という要素を差し引いて語ったとて心から御推奨したいと想える一着の服としての純粋な個の力に出逢えたことは、今にも落ちてきそうな空の下で感じた敗北感における真に唯一の救いではありますが、いくら挑戦が大切とはいえこの出逢いは砂漠の中から一粒のダイヤモンドを探し当てるよりも低い確率であり、なにより後にその雑貨店が廃業してしまったため私はその港町に再び足を運ぶことはありません。

 

 

 

 

 


30-40s Burberrys over coat

恥も外聞もなく申し上げますと敗北感は他にも数多経験しておりますが、初めて綴らせて頂いたのは私にとって遠く離れた SURR にいても時たま記憶が蘇るほどに特殊な出逢いの、例えば真夏であっても “ 今御認め頂いて間違いございません ” と全力で胸を張れるほどに純真無垢な個の力を有した一着のコートであるがゆえです。

とても綺麗な海で本当に本当に大きな空でした。あの少年たちは目的地に辿り着くことができたのかな?

 

 

 

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

easy tailored の有用性 / Diary653
15.1.2019

 

 

 

途轍も無く, chic tailored / Diary583
 
1881 couture / Diary626

 

 

現代Bespokeから最も遠いフリーダムフィット又はイージーフィットが成功しているテーラードとの御縁に恵まれた今シーズンでしたので、例年に増してプレタポルテの可能性と偉大さを等しく受け取ることができました。着用者を限定させず,緊張させない特質的なアプローチは、背筋を伸ばすためでも人様と儀礼的に向かい合うためでもなければ、当然と謂っていいほどフォーマルからかけ離れた非・正式性なもので、非・公式的なものですので着用機会の精査が必要なチャンネルと重々心得てはおりますが、フリーダムフィット又はイージーフィットが成功しているテーラードの有用性を上述反対解釈させるならば、非・正式性なもので、非・公式的で、非・日常ではない、是・日常のゆっくりとした生活時間を拘束されずに御過ごし頂くならば、是・日常のゆっくりとした生活時間を助長する本件テーラードの能力に、僅かな留保はありますか。ディケンズが論じた「生活は万人の闘い」闘わねばならない生活に巨大な緊張があるとするならば、必要とされる上着ではありませんか。

 

 

 

そのように大袈裟で真剣な評価をさせて頂いている限定区分は謂わずもがな、服飾史として深さがあるわけでも世界史として伝統性が沿うものでもなく、紛れもなくプレタポルテの発展から生み出された近代成功のひとつであろうと思いますが、本当のところ40sブルガリア軍の就寝着が資料だったり、30s英国スモーキングウェアが発露だったり、ストリームの形成サイクルが早い女性モードの何かがきっかけだったりするのかもしれない其々は差し詰め重要ではなく、快適性の追求とモダンである事の重みを等しく捉える難しさや厳しさや危うさがあるイージーフィットの基底も、そもそも白紙のような気がしてなりませんで、偏にデザイナー様の舵の切り方によっては歴史的失敗作に成りかねない,すこぶるセンシティブな特質区分とも重々心得ているつもりであります。90年代Dries Van Noten氏の提案も本当に見事な成功例で御座いますし、Cerrutti同社より送り出された提案はおおよそ素材を主にする強い原動力を感取致しまして、プレタポルテの発展から生み出されたイージーフィットの発露が仮に1980年代から(それ以前は想像できない)だとしましても、男性的なショルダーフォルムの構築が左岸を支配していた中【快適性】と【モダニズム】の両立をプレタポルテから発信していたハウスは指折り数えてもやはり少なく、同年80年代テーラードの再解釈を実現したGianni Versace氏のフィールドバックが絶大な成功を収めた傍ら、イタリメゾンの帝王が審美眼を向けたフォーカスは真逆を往く【快適性】と【モダニズム】の両立を視ますと、それが市民と密着性の強いレーヴェル発信である本作との結びつきも容易で、パニナリによって色付くミラノ中心地、ゆっくりとした生活時間を拘束されずに過ごす市民男性の緊張を溶き解すテーラードと成り得たのでしょうか。

 

 


 

 

 

 

 

 

ウール主要構成に4%混入させたカシミアの意図をわたくしは知り得ませんし、例によってチョコレートブラウン色へは高い個人評価を置かせて頂きたく、あるいは低く設置された3つ釦ながら段返りになるトップ釦とアンダー釦を留めない紳士性を突き通すと結局のところ中央ひとつしか留められない事実に思わず笑ってしまいましたが、おそらく固定概念の脱却も意図したのではなかろうかと考えを巡らせながら収納を重要視するイタリアスポーツウェアの其々に恥じないたっぷりとしたフラップポケットはハンドウォームではない設計意図を左右極端に切り込まれたサイドベンツで納得致しまして、いずれにしましてもイタリメゾンのセカンドレーヴェルは基本的に高品質である実例の多さは扨措き、late80s-early90sの同社カジュアルレーヴェルが大変素晴らしい御作りをしている評価に曇りひとつ御座いません。

 

 

 

 


late80s-early90s Armani Exchange tailored jacket from Italy

 

是・日常のゆっくりとした生活時間を拘束なく緊張なく御過ごし頂けますよう、日々ゴミの分別(弊店所在の港区はとても厳しい)に奮闘している万人のひとりより、静かにお祈りを申し上げます。

 

 

SURR by LAILA 小林

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

Newarrival0112 / Diary652
11.1.2019

 

 

職種にしろ,履く靴にしろ,着るコートにしろ,今夜の酒にしろ、日々懸命に愉しく生きようとする我々は常に選択の連続によって存在を続けておりますが、それは些細なことでさえ、日常の選択によって数秒後のなにかが決定される繰り返しに緊張感を持つ方は然う然ういらっしゃらないと憶いながら、相対的かつ絶対的な時間の中で存在を続けている確かな事実が決して逃れられない性質と解れば、昼のおにぎりでさえ今後のわたくしにとって重大な決定ではなかろうかと0.8秒程考える時間を注いでしまうもので、結局のところ鮭と昆布を繰り返し、結局のところ、なにも変わらない日常で御座いまして、職種にしろ、履く靴にしろ、着るコートにしろ、今夜の酒にしろ、違う選択と後々に判明するや繰り返せば宜しいのではありませんかと憶う反面、その時、その瞬間、その刹那、自由選択が他でもない自身の絶対的な決定である真実こそ、人生とは一回性である素晴らしさを結論付けるもので、蓮見兼一氏の伝えにハッとさせられた2018年の暮れで御座いました。それはヴィンテージ / アンティークの衣類小物を販売させて頂く小売業を 生 とし 業 としている今現在の連続性に限りなく近い性質ではなかろうかと想わずにはいられず、唯一存在であるビスポーク品々との御縁や個体昇華が明確な品々との出逢いや、そんなこんなな機会の数に例年に増して潤いを感じた今シーズン、ひっそり振り返りましても切ないほど其々の1着で御座いまして、嬉しいほど其々の1着で御座いましたので、何事においても其の一回性の美しさと儚さを2019年の明けもこゝろに留めて参ろうと奮い立った次第であります。
「水曜の朝、午前三時」大変お勧めで御座います

 

 

明日より御披露目させて頂く英国ナンバーが初対面である事実も、重厚な平織りながら上質布団のような生地感取も、フラップポケット、ダブルブレスト、ブルーグレイのカラーバランスも、個人注文のバックグラウンドを捨てきれずにいる個体偉力と推測を続けておりますが、確かに正統的でありながら英国同社の提案とは憶えないほど古き素晴らしき紳士外套の決定力と存在事実を受け入れると同時に、其の輝かしい純真さを目にしましたら嬉しくないはずはなく、其の純粋な古き素晴らしきオーバーコートの出立ちは喜ばしくないはずがなく、冬期のコートとして今シーズン最期のご提案と相成る本作が極まるくらい一回性の威力を秘め得るBureberrys社の特異個体であらば、日本で小売業を営む青山の小さなお店でエントリーをさせて頂くに生まれる恐縮な憶いも否定できず、翌年元号が移り澄んだあたりで振り返る切なく嬉しい其の1着に成ろう古き素晴らしきオーバーコートが何方様の選択と相成れば、何方様の一回性と相成ることを願いまして、今夜の酒は変えてみようと憶います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


New arrival, 30-40s Burberrys over coat

 

 

 

SURR by LAILA 小林

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 226