SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Facebook Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
福音 / Diary657
20.1.2019

 

 

 

論を持たずして無意識的に自然希求してしまう有機物、ないし遺伝子学から解き明かさねば理解に苦しむほど大好きがとまらない限定的な事柄、皆様もお有りかと存じます。女性のレッグラインかもしれませんし、ピークドラペルのダブルブレストかもしれませんし、南米産カブトムシの角のフォルムかもしれませんが、わたくしの場合、木綿という繊維で御座いまして、コットンというお素材に拘束されて幾らか時が経過しました。天然木綿の上澄みを求めては推し量る術のひとつに、それを上下に振る→音を聴く作業を守っておりまして、名の通り世界最高密度を誇るヴェンタイル社の其々を知った辺りからだと記憶してますが、そもそも朝の歯磨きと同じようにルーティーンとして組み込まれている マイジャケットを上下に振る は、スッと上昇させバシャっと振るう正確無比なダイナミズムに達することによって繊維の隙間に空気中の酸素を取り込み呼吸させ、昨日の気持ちをサッパリ落とす、本日をスッキリ迎える、ような気になるので危ない事に習慣化しております。密度が濃いほど世の中の擬音では表せないコクのある音が鳴りますので、ヴェンタイル社の其々にとって謂えば、いつの日か書かせて頂いた気もしますが日本テレビ様の「音のソノリティ」にフォーカス頂けるのではないかと確信に近い想いを温めておりますもので、しかしながら必ずしもコクのある音は密度に起因しない、という結論を得てから3年、イギリス軍コールドウェザーライン(これは密度)や、陽光と水と大気を連続的に得てきたフレンチワーク、KARIM HADJAB自然個体が見事に証明してくれました。それぞれ音の高低や質は違えど、空気中に振動する奥行きは確かに存在していて、“コクがある音” によっていつの間にやら木綿の善し悪しを判断しているわけです。そもそも語弊がある気もしますが、論を持たずして無意識的に自然希求してしまう事柄は、繊維というより記憶に浸透する木綿の “音” かもしれません。

 

 


 

これは謂うなればわたくし個人の論の裏付けがない術と癖で御座いますので、コクのある音が鳴ならない真実も素晴らしき木綿かもしれませんしコクのある音が鳴らないが上の質を有する木綿達の真実をコクがある音が鳴らないもんだから振るいにかけられる木綿達の気持ちになってみればたまったもんじゃない。わたくしの気が触れているのかもしれません。そういうことで香しき御品との御縁が相成れば眼鏡をずらせながら上下に振っているわけですが、あまりにも音にコクが存在しすぎるとポリエステルとかナイロンとか少し混在しているのではあるまいかと(全く以て良いのですが)表示証明や専門機関による素材検証の終了までしつこく疑惑を持ち続けるわけで、答え合わせがコットンと判ると其の純真さに嬉しくなる気持ちよりさらに先の疑問が生じるので少し苦しく。では一体、この濃厚なコクはなんだ。

 

 

 

その苦しみと同居する “あまりにもコクが鳴る木綿” を勝手ながら上澄みと判断させて頂いているわけでありまして、それは謂わば “音の旨味” で御座いますし、幸せを運ぶ “福音” とも捉えております。

 

 

 

ところで90年代中期〜2000年初頭に視られるHelmut Langの無機質な力強さを想起させる本作イタリハウスは弊社にとっても初の獲得に至りまして、服本来の力をストレートに御感取頂きたい想いから店頭にて琴線触れて頂けた皆様にアナウンスをさせて頂く運びを取らせて頂きます。勝手をご容赦下さい。ミリタリーが基底と成っている実相もやはり上記ハウスの想起点となるのでしょうが、無機質には終わらせない足し算の美学を心得ている凝縮性と真に迫った創り込み、服本来的なエネルギーを螺旋のように纏う単一的かつ沸騰したパワーは本作がUOMOである事実のみでは決して裏打ちにはならない 芯 が御座います。資料には書かれていない設計美と防風性の獲得は立体的かつ精力的に持ち上がるネックの高さに結びつき、フォルムのストイックな変化を愉しむより身体に追随させる2カ所のドローコード、ロマンティシズムへは触れていないプラクティカルな実践的精度の異常な高さ。観覧用ではなく、着て動かねばなりません。ディタッチャブルな近代性は無視、傘を持たない一部のヨーロッパ習慣に必要とされるフード / パーカーというファンクション、Royal navyの名作を掬い取った背面上部の景色と、1940年代米空軍Air crewの最高傑作を全的に従えた渾身のフィールドバックは、コンセプチュアルと判断するには調味料が足りない素材本質的の旨味、時間経過を危惧したところで決して失われないノーブルな香りもブラックコットンのみの特有性と憶いますし、ビックフォルムの提案ではない洗練されたフィッティングバランスへはとても大きく心を動かされまして、アウトドアまでギアを振らせていない制御点、資料性、本域的であり都会的であるプロポーションへ辿り着く恐ろしいほど見事な 福音 は、スキニートラウザーにバサっと羽織るミラノのティーンエイジャーが浮かべばナポリのダンディな髭面が腕を張らせて着ている想起点まで、つまりは都会に活きる強烈な匿名感取とリアリズムを成功させた純真の 街着 が結論で御座います。ジップを上げる度、フードを被る度、着脱の度、転んで起き上がる度、幸せが運ばれることを願いまして。

 

 

 

 





 

 


early00s Italy mason UOMO high-quality cotton short coat
base, late40s US military air force crew N-3 parka

 

先週の「音のソノリティ」は宮崎県日向市、蛤碁石の手摺りで御座いました。バックナンバー共にオフィシャルサイトで視聴できますので宜しければ。ちなみに本日夜21:00放送です。

 

それでは皆様、素敵な週末を。

 

 

 

 

SURR by LAILA 小林

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

Duty selection / Diary656
18.1.2019

 

 

【Duty selection】
1/19(土)12:00〜

 



New arrival, 1981s British military royal airforce “MK3” short jacket

 


New arrival, 50s British military royal airforce wool jacket

 



New arrival, 70s J.M.Weston jodhpur boots

 


Right / New arrival, 70s J.M.Weston cap tow boots

 

 

 

 

 

 




New arrival, 60s British military royal army combat jacket “ BERLIN ”

 




New arrival, 50s French work corduroy trousers

 



New arrival, 80-90s Hermes corduroy trousers

 

 

 

 

 

 



New arrival, 60s France black corduroy hunting jacket “ 7 Pocket ”

 




New arrival, 80s Gianni Versace gray corduroy set up “ couture label ”

 


New arrival, 80s French military field jacket over dye

 



New arrival, 50s British work railroad wool tailored jacket “ BIG POCKET ”

 



New arrival & Special , early00s Italy maison military style high-quality cotton short coat

 

 

SURR by LAILA 小林

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

無心の連続と / Diary655
17.1.2019

 

 

弊店に足をお運び下さる皆様へ“此れがお勧めで御座いますなぜならば”と、ご挨拶の次に没入モードへ転化する瞬間というのがたまに御座いますが、本来的に皆様がご自身の琴線に触れて頂けた御品とじっくり向き合って頂ければ光栄に想いますし、嬉しく想いますし、如何なるきっかけだろうとそのような人と服飾、つまりは “個と個” として御対峙を頂く事、僭越ながら勝手ながらお願い申し上げておりまして、有り難く嬉しく想いまして、ご自身の感覚体に直接的に訴えるナニカや、目で追い、手で触れ、身体で受け止めた理由のないナニカが脳内でくっきり収まりましたらそれは紛れも無い 個性 と相成りますし、疑いようも無く貴方様自身の形成と憶い、つまりはその感覚や嗅覚というのを何よりも御優先頂きたく、そして貴方様の個を何よりも尊重頂きたい想いで僭越ながら勝手ながらそのようにお願いを申し上げている所存でありますが、ご挨拶の次に没入モードへ転化する瞬間が訪れるのは謂わばわたくし自身の抑制の効かぬエゴで御座いますし、“口を閉じていろ小林”と言い聞かせも効かぬ性癖の深いところで御座いまして「なぜならば、」の次に来る言葉は大体を持って貴方様にとても良くお似合いになられると憶います、と続くものですから説得性の欠片も無く、1月17日晴れの日、終着駅のない雑言で御座いました。

 

 

 

 

 

考える事を意図的に止めた時、より鋭敏に嗅覚や感覚体が単純化する気も致しますので、フリーダイビングに倣って脳を空っぽにし精神を研ぎ澄ますよう努めて参ろうと買い物箇条のひとつに加えております。ヒトの身体ひとつで垂直に潜り距離を競うプロダイバーは静寂と光のが届かない闇に支配される環境で、水中は脳が最も酸素を消費するらしく頭で秒数を数えることすらしない圧倒的極致の中では自身が赤ん坊になった感覚や、星の体内に居る感覚に包まれるようで、生命への強烈な尊敬を感取するお話を耳に致しました。厳しい鍛錬の末に得られる未知の経験を獲得するのみでも一回性の人生において途轍も無く贅沢な事柄と憶い、わたくしもやってみようかと憶いながら泳げるところから始めねばなりませんので厳しき道のりになりそうです。エベレスト登頂や自然への挑戦も同じような貴重体験なのでしょうか。ともあれ、感覚体の単純化、または感覚体の純化という積極的な試みは衣服への尊敬を獲得する上で大切な要素な気も致しますので、息はとめずとも無心の連続を心がけております。そして無心の連続の中で手に留るだいたいは例によってタフギアで御座いまして、おまえは似合わんよと店主に一瞥を頂く機会もそう少なくないのですが無意識性の中に発露する僅かな意識を掬い取ると視える、衣服基礎的の強さ、衣服応用的な懐、本質的な実践力に引き寄せられている自身は「タフ」という特性に対する「憧れ」に近い性質に支配されている真実もあるのでしょうが、もっとシンプルに【道具】と【旅】というキーワードが浮かびまして、いつぞや身を投じようと漠然と考えている世界への厳しい旅に耐えうる衣服基礎的の強さ、奪われてはならない愛用品を安全に収納発揮できる実践力、故障しても修繕が効く応力、それらを日常レヴェルへ難なく昇華できるチャンネルに琴線触れるのでしょうか。いずれにしてもファッションから遠いところに身が在る気もしまして、哀しくもあり、切なくもあり、しかしながら脳を空っぽにすると自然希求しているタフネス・ウェア、似合わないと一瞥される常。1月17日夕暮れ、終着駅のない雑言で御座います。

 

 

 

 

それは素材かもしれませんし、縫い方かもしれませんし、ポケットの数かもしれませんし、パーツかもしれません、目的性への共鳴かもしれません、もしかしたらイメージ想起するカジュアルウェアではなくテーラードスタイルが魅せるタフ/エレガンスかもしれません、いつぞや身を投じる世界への厳しき旅のお供に推奨するわけでも、何度も手縫いしながら御愛用頂く推奨点もグッと堪えまして、性癖の深いところで譬え踠き苦しみながら、皆様の無心の連続に僅かでも,僅かでも触れて頂けましたら、こんな光栄な事は御座いません。そのようなわけで19日(土)より【Duty selection】御披露目とさせて頂きます。

 

 

 

SURR by LAILA 小林

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 226