SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Facebook Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
襯衣から少しばかりの脱却を / Diary679
26.2.2019

 



 

 

スペクタクルな主張性も主役性もダイナミズムもまるで御座いませんことホワイトシャツ=白・シャツという無機質かつ甘い気色は法的拘束力のように逃れられない男性衣類として確然に認められてから永い歳月が経過致しておりますがそう、白・シャツという肌着であり行儀であり体幹部に着用する襯衣は、肌着であり行儀であり体幹部に着用する襯衣である事のほか白・シャツを決定付ける要素も御座いませんし主張性も主役性もダイナミズムも御座いませんし何より、ファッションを愉しむ御方皆様よりお声を頂く機会もそう御座いませんので、しかしながらそうでありながら男性衣類として確然と認められてから永い歳月が経過している事実は昨今におきまして何ら差し支えも少しばかりの不安定さも御座いませんこと、白・シャツという襯衣を、男性という御身体をひとつの素材とし、ただひとつの素材を極限まで活かす白・シャツという襯衣を、ヴィンテージもしくはアンティークという時代遡及によって御縁結ぶ事柄も然う容易くはないと申し上げられる判然点としまして、男性衣類として確然と永い歳月に及ぶ許容性も論より証拠という事あるいは御洋服より肌着に采配が上がる御付き合いのされ方も古きヨーロッパに学ぶ風儀で御座いますもので、つまりは “ 白・シャツ在りますか、 ” とコンスタントにお声は頂かないものの男性である御方すべての皆様へご提案差し上げたい時代遡及による白・シャツを、ご提案差し上げられる様態や有り様では無い御縁が多いという事は時代遡及がゆえの逃れられない粘着性で御座いますもので、が、ゆえに御縁結べたその際には我々も主張させようと、主役させよう等とは決して想わずただただ体幹部に着用する襯衣としまして静かに、熱い魂でご提案差し上げたい心の持ちは変わらず本日も迎えておりますが、大方カッティングと生地采配に超越点が伺えるフランス同社1950年代製作個体がオックスフォードとボタン・ダウン、米国の色が消滅したフレンチシズムとフラット・カッティングにサイドスリット、木綿繊維の細胞より抑えきれない甘美な香りが立っておりましたもので、ティピカルな男性襯衣から少しばかりの脱却を目指して皆様、50s Charvet / 白・シャツ、どうぞ心ゆくまま、御自由に、

 

 

 

 

 


New arrival, 50s Charvet oxford shirt

 

 

SURR by LAILA 小林

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

移ろいに哀しむ勿れ / Diary678
22.2.2019

 

 

 

銀幕に包まれていたヴェールも日が昇れば見る影も無く、見る影も無いバージニアクリーパーと此れから葉を生い茂り鳥を住まわす季節に、見る影も無い美しき景観と容赦のない移ろいに哀しむ勿れ。黄色い塗料を剥がしながら破壊と再生に一躍を担う生き物をじっくり眺め、若い者に激昂を飛ばす親方のボリュームにドキりとし、一夜一夜で変貌を遂げて往くスピードは物思いに耽る時間も与えてはくれませんが、ときに壊れゆく光景や壊した面様にハッとさせられる瞬間も御座いまして、変遷や変貌、変質、変様、総じた【変化】に対する向き合い方には常に前を向いておりまして、常に、前を向くように致しております。工事に携わる皆様、本当にお疲れ様で御座います。

 


 

 

製品として仕上がった瑞々しい鮮度は時の経過と共に失われてゆく性質と受け止められる種類も当然御座いますし此処でいう【鮮度】というワードを放り込むなら大体をもって失われてゆく性質であろうと決して否定は致しませんで、街のブティックで購入した赤い靴も3年後には青い靴になるのがファッションの一環性という事で一旦落ち着かせると、時の経過と共に失われてゆく鮮度と引き換えにゆっくりと,恐ろしい程ゆっくりと獲得してゆく【熟度】の考えを手放さず御持ち頂きさえすれば赤い靴の3年様子を可愛らしいと気が付くに時間はかかりませんこと移ろいに哀しむ勿れ。

 

 

此処でいう【熟度】には限界も制限もまるで御座いませんし深いも浅いも広いも狭いも何方様が決め得るものでも御座いませんが只一人、只一人だけ裁量決定が与えられるとするならば所有者のみが有する全的判断権で御座いますもので、熟成をコントロールする時間や手法も所有者のみに託され、愛用者のみに燦然と顕われる個性という事で一旦落ち着かせると、一緒に寝るも然うで御座いますし、タンブラーに2hかけるも然うで御座いますし、1年間自然野外に置くも然うで御座いますが、どのような過程でどのような経過で、一体どのような移ろいで此処まで熟成したのか考えを巡らせる時間も然う悪くはないもので、ことVintage Wearにおきましては尚更 “ 然う ” で御座いますので、例えば左袖から滑らかに色移ろう美しき自然昇華とカラーグラデーションは組成要素の全域を占めるライトモールスキン=木綿の成せる技とJIS公式慣用色名の何処にも当て嵌まらない浮遊色がゆえの成功で御座います移ろいを決して哀しむ勿れ、本作はメゾンピースには表出されづらい完全個体を獲得した【熟度】に加え、ミリタリーが基底となる重心の低さ、隅々の隅々まで目を凝らして検分致しましても過大評価せざるを得ない完全無欠な御作りであろう初見イタリハウスの予想点を裏切らないGiorgio Armaniの快作で御座います。

 

 

 

 

 


 

 

 

 


New arrival,late80s-early90s Giorgio Armani military style cotton short coat “ Aging sleeve ”

 

 

SURR by LAILA 小林

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

我流の域 / Diary677
21.2.2019

 

 

 

時流や形成循環の一環について回りくどく綴らせて頂きました先日のこと、それは Hunting wear に限定される事柄ではない見解も当然有しておりますが、過去から紡がれてきた優れた衣料もしくは現代では失われている過去の優れた衣料性質あるいは総じてそれらの情報が取っては過ぎ去られて行く風潮を目の当たりにする瞬間に、パッケージされた情報のみで左右前後に行き来するひとつの時流を大いなる危機感として感取するのはわたくしだけかもしませんが、しかしながらシンプルに捉えますと其れをインプットする “愉しむ者” によって鋭いほど鋭敏に、研ぎ澄まされた感覚体によって精査と取捨選択が繰り返される事は決して悪いことでは御座いませんで、むしろファッションを愉しむ見地に置かれては素晴らしい、何事にも代え難く素晴らしい在り方であるように憶います。

 

さりとて決してコントラディクションとは成らず、もっと全体の大きな事柄で漠然と、不鮮明に、しかしながら確然たる感覚でお話をさせて頂いているので恐縮の極みですが、そもそも Vintage に流行りの兆しが視えたところに在るのかもしれませんし、ここ数年に視られるメゾン/モードの古き良き揺り起こしが然うかもしれませんし、発露は多々あるのかもしれませんし本当は何も無いのかもしれませんが、過去の優れた衣料品が巨大な形成循環の渦に呑み込まれては消え往く,飽きられ,手放される衣料であるべきではない私意と同時に、其の形成循環の一環の必要性と歴史の積み重ねであるファッションモードの尊さに心底惚れている私意もあり、つまりは然うあるべき世界があって、斯うあるべき世界があると、揺るがない太い軸をもって紳士服を御伝えして参りたい所存であります。それは Hunting wear に限定される事柄ではなく、French work に限られた事でもなく、あるいは英国老舗 Barbour にしましても至極同様に。

 

 

敬愛して已まないBarbour社の製品ですがスタイル性がより表出化されている昨今ですので本来的能力への評価が後陣に配してはいないかと小さな懸念点を横目に、激しい使用に耐えること,耐久性がある様を臨めば叶う懐は浸潤したオイルと目の詰まった木綿による物理的圧倒性に起因する自明の理で御座います上、私物の4ポケットを完全にオイル抜きしたところ適度な重みは取れますが 物理的な / 強度 という性質は一切失われない事実確認の元そもそもの木綿構成に旗が上がるヘヴィデューティー衣料で御座います故レインウェアに落ち着かせるには勿体がないコットン・スポーツジャケットと熱度を抑えながら本作のご紹介に参ります。

 

同社の精細を御獲得されている皆様、乗馬用としてリリースされたBEDALEが4フラップポケットを有する旧設計面は扨措き、背面に追加設置されたフラップコンパートメントを視認頂けたことは御座いますでしょうか。恥ずかしながら精細を獲得していると自負を持ちながら当方設計は初見で御座いましたので驚きと歓喜に溺れましたのはポケットをこよなく愛するひとりの男として至極当然の運びでした。英国王室より称号が与えられるワラントをひとつ有する本作は1974年から82年の間に製作された推測点とワラント獲得後に試作として発表された “5flap pocket” とは考えにくい(可能性はあるが)ので十中八九,購入主のカスタムオーダーと腑に落ちる御姿で御座います。
“ TRIUMPH MOTORCYCLE = 勝ち越し ” を胸に抱えて。

 

 

 

次いで、なるべくは目立たせないように視えにくくなるように施される修繕技術の向上というのは比べようもなく今現在素晴らしい内容で御座いますのでわたくしも普段よりお世話になっておりますが、時代によっては「主流」とされた手法を用いた其々を目に致しますとアートピースのように悠然と落ち着く画角に都度驚かされまして、ミッドセンチュリー前後のカラーチューニングの美しさや縦横無尽に織り込まれた佇まいはまるで生き物のように宿りますし “織り” に対して “編み” を用いる技術的選択の他 “編み” に対して “織り” を用いる前衛的なアプローチなど感嘆に尽きない内容を手繰り寄せますと答えは大体をもって一致しまして、あるいは時代によらず「我流」の域に到達しますと上手とか下手とか技術的である/ないに関わらず左手と右手による手縫いの行程数が研ぎ澄ませた意識時間に比例するように明確に、ありありと、鮮やかに到達する “ ただただ、着, 続けるため ” という強い意志やその内容を大いに良しとする当時オーナー様の判断水準こそ説得力のある,強力な事実痕=事実意志であると同時に当時においては未来である我々に向けた衣服への向き合い方を問う反定立であり一向シンプルな修繕痕跡と並びに前オーナー様が注ぎ入れた愛と情感の気配で御座います故、本作に関して比べようものなら間違いようも抗いようも無く「我流の域」で御座いますのでどうぞお含み置きの程を。

 

 

 

 

 


 

 

 


Newarrival, mid70s Barbour cotton jacket personal order custom & repaired

 

 

 

 

SURR by LAILA 小林

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 231