SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Facebook Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
New arrival, Oct / Diary052
2.10.2014

50 

 

なんやかんやで、なかなか Diary に手を付けられず。

代わりと言ってはなんですがクイックな instagram の更新が捗っているここ数日です。

A/W の気配が一気に高まってきた10月という事で、早速新入荷がございましたので

先にご紹介させて頂きます。

 

 

 

モードなバルーンシルエットを直に楽しみたいミリタリー

スタンダード~アヴァンギャルドまで幅広いニット

オプティカル&サングラスの NEW ラインナップ、

SURRにとって欠かす事の出来ないオーセンティックなテーラード、等々。

 

 

50 

50 

50 

50 

 

 

 

 

 

 

50 

 

星の数ほど存在するからこそ、詳細を掘り下げきれない個体が稀に。

大好きなミリタリートラウザーズから特別な一本を。

 

 

 

50 

 

オーバーサイズという言葉では片づけられない規格外なサイジング。

引き続き流石なドリスヴァンノッテン

 

 

 

等々。単体で圧倒的ポテンシャルな品々も。

 

 

 

なお、もともと “ 売り物か分からないディスプレイ ” を好む傾向にありましたが、

それが一層強まりました。

50 

 

楽しいです。

これからも強まっていく心持ちですので、何卒お付き合いのほどを。

 

 

 

 

 

引き続き細部の最終メンテナンスを行います為、駆け足での新入荷のご案内でした。

それをやりつつ、まず何から掘り下げようか考えようと思います。

 

 

それでは店頭で。

 

 

SURR by LAILA 福留

info@surr.co.jp

 

 

//

Product : Oliver Goldsmith / Diary051
26.9.2014

50 

 

プロダクトが好きと書いたからにはプロダクト性の高い物を。

と思い選んだのは写真で捉えるのが至極難しい一品

まぁ致し方ありません。ある種の常ですから。

 

規則的でありながら、時に予想だにしない曲線は

職人の技術力と、歴史に基づいた伝統性と、不変的なスタイルによるもの。

言葉無くとも視覚だけで充足させてくれる “ 美 ” です。

 

 

 

 

 

50 

 

50 

 

50 

 

50 

 

1926年に設立され、アイウェア/サングラスの概念を変えたオリバーゴールドスミス

そのオプティカル・タイプの希少性は、常に声を大にして申し上げさせて頂きたい。

市場に出回らないのです、本当に。

 

その理由は様々ございますが、オリバーゴールドスミスのそれに関しては

所有者が手放さないのが最たる所以ではないかと思います。

数える程度ですが扱ってきて、また幸運にも自分自身で体感して思った事です。

サングラスに比べると、顔的な要素が高いアイテムですので

ただ単に気に入って手放さないのでしょう。

 

確かに手放させない求心力がございます。

ヴィンテージ・オリバーゴールドスミスのオプティカルタイプは本当に本当に素晴らしい。

またこうしてご紹介でき、嬉しく思います。

 

 

 

 

 

50 

 

70s Oliver Goldsmith, optical

 

オリバーゴールドスミス愛は、ここに書くとどうしようもなく長くなるので控えます。

 

こちらもBlue lens collectionの一つ。

このままお楽しみ頂くも度入りにして頂くもお気に召すまま。

ご自身のアイデンティティーを表す重要な要素として、是非に。

 

 

SURR by LAILA 福留

info@surr.co.jp

 

 

//

直近の気付き / Diary050
25.9.2014

Diary を初めて50回目になるのですね。もろもろ便利かと思いカウンターを付けていて良かった。

 

先日ストリートSNAPをされているお客様とお話していてふと気付いた事、それは
“ 自分は人を撮った経験が極端に少ない ” という事。

職業柄カメラとはそれなりに関わってきたのですが、取り扱いが 「 物 」 である事と、旧 LAILA VINTAGE 時代も現在も店舗1名体制だったものですから、例えばスタッフ着用画像ですら撮る機会がありませんでした。(その為、初めてスタッフが入った時にはそれはもう嬉しかったものです)

撮影経験値はおおむね 物 9.5 :人 0.5 といったところでしょうか。
これに気付いた時はいささか焦りました。個のスタイルをご提案したいと思っている者として、
人を撮る経験値が低いのは宜しくないぞ、と。

 

 

 

 

 

50 

50 

50 

 

という事で先日の定休日は練習も兼ねて撮影散歩。
そういえばこんな事をするのも初めてでしたが、穏やかな気候で大変気持ち良うございました。

 

50 

50 

50 

 

犬も走ったりしていましたし。

 

 

 

 

 

なんとか上手いこと人を撮れないかなと思いながらも、そう上手くはいかず。次回は誰か頼みます。
しかしながら、薄ぼんやりと気の向くままにシャッターを押していたら、薄ぼんやりと気付きました。

 

50 

50 

50 

 

“ 自分は物質が好き ” という事に。

なんというか理路整然と構築された物、計算された物といったいわゆるプロダクトの類を好ましく思うことに気付きました。
きっと素養+環境の結果でしょう。まぁ当然と言えば当然なのですが。

 

 

結局のところ目的である人物撮影は叶わず、太陽の下でサンドイッチ食べてビール呑んで軽く昼寝して、
プロダクト好きな事にハッと気付いて帰ってきただけなのですが、なんとなく腑に落ちたというか、すっきり。

ですが引き続き人物撮影の経験値は積まなくてはいけません。
という事で今後は店頭にて、撮影許可のお声を掛けさせて頂くかもしれません。
ご都合宜しければ、どうぞお願い致します。

 

 

 

 

SURR by LAILA 福留

info@surr.co.jp

 

 

50 

 

頂いた浅草の美味しいパン。ナイスプロダクト。

 

//

1 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 231