SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Facebook Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
Kanayama big stone’s / Diary033
14.8.2014

先日、予てから気になっていた場所に行きました。
どうやら、やたら大きな石があるとか。
 
今回は、SURR を離れたエントリー。

 

 

 

 

 

50 

50 

50 

 
だいぶ遠くまでやって来ました。はい。
 
この日は台風が去った直後で、自然がだいぶ活き活き
余談ですが、前に温泉に行った時も台風と共にチェックインして、台風と共にチェックアウトしました。なんでしょう、この御縁。

 

 

 

 

 

そんなこんなで到着。
 

50 

50 

50 

 
大きい。想像していたよりもだいぶ大きい。大き過ぎました。
 
小さいものでもログハウス、大きなものは一軒家くらいあります。
 
これはほんの数年前に地元の蕎麦屋のご主人によって発見されたもので、世界中の学者さんが研究した結果、縄文時代に作られた世界最古の天文学遺跡だという事が判明しました。
 
これらの巨石は数か所の山に複雑な配置で点在しており、一つ一つの岩の形状,切り取られた角度に対しての太陽光の入射角で、暦を読み解いていたそう。
 
しかも興味深い事に、この石の成分は、この山のものと異なる。 らしい

 

 

 

「 この巨石群はどうやって配置されたのか。そもそも、天文学の知識と技術はどうやって会得したのか 」

ヴィンテージと向き合って、その背景をひも解く事を生業としてますが、やはり私の知識量では想像(妄想)しきれませんでした。 しかしながら、生命力と想像力が満ち溢れている事は言うまでもなく、いわゆるパワースポットとも一味違う “ 明確な目的あっての空間 ” は、大変充実していました。

 

 

 

それにしても、都会を離れる道中にせよ、非日常空間の巨石群遺跡の見学中にせよ、“ あっ、ここ良いイメージビジュアル撮れそう ” スピリットは健在でした。 こればかりはもう、職業病の一つとして良しとしましょう。

我慢出来ずに、かけていたアンティーク眼鏡で写真撮りをしたのはここだけの秘密。そして、そんな姿を見た周りの人が、若干怪訝な空気でこちらを見ていましたが、視力が悪いのでそれほどダメージを受けなかったのも、ここだけの秘密。

 

50 

 

 

 

 

 

他にも、道中の川沿いでたいそう素敵な一軒家が建っていたりと、本当に様々な出会いがありました。
 

50 

50 

50 

 

フロントからサイドにかけて白と緑のツートーンながら、それぞれ繊細に色味の異なるグラデーション・タイル。川に面した一か所は構築的な石材壁。 幸運にもお住まいの方に写真をお許し頂き、お話しを伺う事が出来たのですが、これらは中部のとある地方特有の様式美に則り約100年前に建てられた民家だそうです。

 

 

 

うん、まだまだ世界には面白いもの、美しいものが沢山ある。
 
働く原動力を頂きました。 日帰りのため、お土産物屋さんにも立ち寄れないほどのスケジュールでしたが、大満足な一日。

 

 

 

50 

 

岐阜県 飛騨金山 『金山巨石群』

 

数年前に発見されたため、まだまだ知られていない遺跡だそう。難しいとは思いますが、もしも撮影が叶うならば、尋常じゃないビジュアルが撮れることでしょう。

 

 

生命力と想像力と、素直な美しさに溢れた非日常空間。
皆様も宜しければ。

 

 

 

 

 

50 

50 

50 

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966

info@surr.co.jp

facebook.com/surr.by.laila

instagram.com/surr_by_laila

//

 

 

Music T-shirt / Diary032
13.8.2014

 

先日のエントリーでは芸術分野のTシャツをご紹介させて頂きましたが、

今回は音楽

 

50 

 

 

主にロックTと呼ばれる品々は、さかのぼること半世紀。

どこかの誰かが勝手に作り、ライブ会場の近くで許可なく販売した土産品がきっかけで誕生しました。

今の世の中で同じ事をするのはおそらく難しいでしょう。時代が産んだ朗らかなバックボーンと言えますが

その “ どこかの誰か ” は利益目的だけでなく、

アーティストの格好良さを皆に知ってもらいたいという共鳴欲求が主立っての行動ではないかと思います。

 

その根幹、非常に共感。

 

という事で今回は、数あるラインナップの中から

純粋にデザイン性に重きを置いてセレクトした数枚をご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

50 

 

1992s Television

 

NYのバンド、テレヴィジョンの3rdアルバム「 Television 」のプロモーションTシャツ。

サウンドのみならず立ち居振る舞いのブランディングに至るまで追求を怠らなかった彼ら

ロックTは基本、商業目的で作られるのですが、それらもさほど積極的に行っていなかったようで

テレヴィジョンのヴィンテージTシャツは滅多に出会う事ができません。

 

そんな状況で極稀に出会える品々のデザインはただ単純に秀逸

ハッとするようなミニマムなグラフィックはロックTの枠を超えた

“ 純粋に格好良いデザイン ” として楽しむ事ができます

 

ここに至るまでの過程が産みだした奇跡的な着丈&身幅のバランス。

今の気分にフィットするオーバーサイズフィッティングです。

 

 

 

 

 

 

 

 

50 

 

90s Beck

 

実直な Cool の後は、確信犯的 Nerd

近年においてはメゾンの広告に出演したりと、一層ファッションへの造詣を見せるベック。

テレヴィジョンに負けず劣らず、ヴィンテージ・ロックT の現存数が少ないアーティストの代表作

「 ODELAY 」のプロモーションTシャツです。

 

シングルカットされた『 Jack Ass 』のジャケットデザインが採用されたこちらは

スラングにもあたるタイトルと朗らかなロバのコントラストはなんとも言えない心地良さで

この按配を選ぶところがベックというアーティストの根幹なように思います。

Cool の逆をゆく事で醸し出される、洗練された Cool。

 

こちらも同じく現代的なオーバーサイズフィッティング

何度でも言いますが、朗らかなロバがたまりません

 

 

 

 

 

 

 

 

50 

 

1992s Madonna

 

シングル「 This Used To Be My Playground 」のプロモーションTシャツ。

年代によって差異がありながらも、やはりグラマラスな人間像が主立つ彼女において

特に現代的なテイストのフォトプリント。

 

50 

 

やはり今の感覚と合致する90sスタイルに身を包んでいるのがポイント。

時代の変遷はこれからも楽しみつつ見守りたいところです。

 

サイズは一般的なMサイズ

どのように着るかは貴方次第。

 

 

 

 

 

 

 

 

50 

 

70s Eric Clapton

 

1974年に行われたツアーのTシャツ。

当時によく活用されていたデザインフォントを主役としたミニマムな一枚で

“ これぞロックT ” な実直さは、だからこそ新鮮ではないでしょうか。

 

気取らず飾らず。

極端なことを言えばクラプトンを知らない人がサラッと着ているくらい

一番気持ち良く、ちょうど良い気がします。

 

サイズはMENSのS~小さめのMサイズです。

 

 

 

 

 

 

 

私は旧 LAILA VINTAGE 時代からの定番として数多くのロックTを目にしてきましたが

ふと思い返すと、一つの重要な要素に気が付きました。

 

 

 

50 

50 

50 

 

それはフォント

 

グラフィックや写真と肩を並べて、

時にそれら以上にネックとなる文字要素。

この存在は、スタイルを可視化するにおいて重要なコンテンツになってくれます。

 

 

アイキャッチの一つとして、そこにご注目頂きながらのセレクトをご推奨。

 

50 

 

 

 

シーズンを問わずお楽しみ頂けるアイテムですので、

お気に入りの一枚に出会って頂けましたら、幸いです。

 

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966

info@surr.co.jp

facebook.com/surr.by.laila

instagram.com/surr_by_laila

//

 

 

Edward Green, Malvern / Diary031
9.8.2014

 

50 

 

英国式革靴の聖地,ノーサンプトンに生まれ、品質にこだわり続けるエドワード・グリーン

そのクオリティはメゾンをも魅了し、近年もハイファッションにおいて活躍する同ブランドは

“ 正統的な革靴 ” として、世界中の紳士に支持されています。

 

そんな男気と仁義に満ち溢れるエドワード・グリーンから本日は、

とある傾奇者をご紹介

 

 

 

 

 

重厚な存在感、ある種の重々しさが革靴の魅力ですが、

中でも、より洗練性を追求したデザインで親しまれるフルブローグ

 

50 

50 

 

各所を彩る大小のパンチングデザイン ( =ブローグ ) は、重厚なレザーの中に華やかさをプラスし

時にビジネスシーン、時にデイリーシーンと

幅広いシチュエーションで楽しめるフレキシブルさが魅力。

 

今回ご紹介する「 Malvern 」エドワードグリーンを代表するフルブローグモデルなのですが、

その固有名詞よりも強くお伝えしたいのは、ヴィンテージ・ドレスシューズでしか味わえない “ 仕上がり ” です。

 

 

 

 

 

以前にも書かせて頂きましたが、シューズに限らずレザーを用いたアイテムの旨味は

手を掛けた事に対する反応、愛着心の Call & Response ではないかと思います。

それを続けた結果、自分だけの表情に仕上がった時の充足感は何にも代えることができません。

 

約40年前に生まれた本品は、何度もそのやり取りを行った形跡が見て取れるのですが

その仕上がりが尋常ではありません。

 

 

 

50 

50 

 

革への栄養はもちろんの事、色調も継ぎ足したであろう現在の顔立ちは

まるで彫刻

制限無く愛着を注ぎ、長い時間をかけたからこそ成し得た熟成の中の熟成は

それだけで人を引き付ける求心力を秘めています。

 

木目調を作っても本物の木目には敵わないように

ヴィンテージ調は本物のヴィンテージに敵いません。おそらく絶対に。

だからこそ、ヴィンテージがモードのお手本とされ続けるのです。

 

 

 

 

 

この奇跡的な仕上がりには、エドワード・グリーンの理念が大きく関わります。

 

同社では1足を仕上げるにあたって、それぞれの工程を各スペシャリストが手掛けるのですが

箇所によって厚みや風合いが異なる一枚革を、それぞれ適したパーツに切り分ける職人が存在します。

各特性を活かし適材適所に配する事で、比類なき履き心地の良さはもちろん

耐久性を高め、豊潤な表情を楽しむ事が可能となります。

 

本品では、その繊細な配慮が最大限功を奏しているのです。

 

50 

50 

50 

 

動く箇所はしなやか、寄り添う箇所はさりげなく、抑える箇所は屈強に。

 

全てを実現した結果、革の表情が各部絶妙に異なり

まるでワントーン・レザーパッチワークのように芸術的なコントラストを発揮しているのです。

 

 

 

 

 

全ては伝統と格式のために

心地良いシューズライフのために

そして、『 伝説の靴 』と称する人々の期待に応えるために。

 

品質に対して正面から向き合って生まれた一足が、

どこかの誰かの手に渡り、愛着を注がれた結果が本品。

 

 

 

50 

50 

60-70s Edward Green, Malvern

 

 

レディトゥメイドの最高峰による理想的な着地点

 

革靴の本質を捉えた粋過ぎる逸品を受け継ぐ次世代の傾奇者、

お待ちしております。

 

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966

info@surr.co.jp

facebook.com/surr.by.laila

instagram.com/surr_by_laila

//

 

 

1 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 218