SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Facebook Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
800 words / Diary088
26.12.2014

スタッフ募集のお知らせ

何度かご紹介させて頂いておりますが、1900年代初頭のオプティカルにおきましては金属装飾が一つのデフォルトとして行われていました。

 

それはプロダクト的文化の象徴でありアンティーク特有の持ち味であり、もちろん旨みであり。後世にも影響を与える ( 現代においては ) 非常に贅沢な要素と言えます。
そんな中で出会った本品はそれと真逆で真っ向勝負、非装飾のメタル・オプティカルで御座いました。

 

 

 

 

50 

50 

 

新円を意味するラウンドフォルム。フレームは繊細ながらゴールドフィルドのメッキより100倍以上厚いコーティングが、静かで明確な “ 品 ” を遺憾無く発揮しています。

 

50 

50 

 

兎にも角にもこの細さたるや。特に糸のようなテンプルからは尋常ならざる存在感が漂い、素晴らしいサイドフェイスを描いてくれます。ミニマムをとことん煮詰めた 『 線の芸術 』 がそこには在るのです。

 

 

1900年代初頭頃、一部のヨーロッパでは職人たちがこぞってセルフレームの細さを競ったオプティカル・カルチャーがありましたが、本品はそれよりも前の時代に作られた一品。実力の誇示が目的か、単純な趣向によるものなのかは明らかではありませんが、確実なのは上質である事、見紛う事無き高級品である事。それにはクオリティという名の目には見えない保証書が付属致します。

 

50 

 

 

 

 

少し前から “ 顔にフィットするサイズの感覚 ” が改められたのか、より正確なサイジングを求められる方が増え個人的には嬉しく思います。こちらはクラシカルでありオーセンティックではありますが、現代的にリモデルされた眼鏡のみをご覧になっている方には幾ばくか刺激的やもしれません。
しかしながらこれは Good サイズであり Great バランスであり、優れたミニマム・プロダクトである事は明白。少しでもご興味在られる方は是非 「 えいや 」と踏み込んで頂ければと。

 

線の芸術からはきっと逃れられないでしょう。

 

 

 

 

 

50 

early 1900s minimum optical

 

 

 

なんとなし文字数気にせず書いたら、案の定。

 

 

SURR by LAILA 福留

info@surr.co.jp

 

 

//

150 words / Diary087
25.12.2014

スタッフ募集のお知らせ

2014年最後の新入荷より。

 

50 

 

 

50 

 

 

50 

 

 

 

 

織りのそれはどちらかと言えば素朴

ながら技巧的な編み合わせと作為的なディティールによるドラマチックなフィッティングが。

よりドリス本人のパーソナルスタイルに近しい90S ニットは勿論、

オーバーサイズに則った天才的パターンによって構築されております。

 

 

渋さに満ち溢れたモード。

 

50 

50 

幸運にもペアにて。

 

 

 

 

50 

 

 

SURR by LAILA 福留

info@surr.co.jp

 

 

//

168 words / Diary086
24.12.2014

スタッフ募集のお知らせ

 

50 

 

 

50 

 

 

 

 

50 

 

 

50 

 

 

50 

 

 

 

TPOに適したフレキシブルは、バイカー・グッズに特化したブランドならではの心意気。

肉厚なカウハイド,リアルなディティール,タイトなフィッティングなど全てが洗練されているにも関わらず

機能を目的としているからこそ “ スタイルのエスプリ ” が匂い立ちます。

これもまた、アン・ファッション=ファッションの心地良さ。

 

80年代ドイツのバイカーズ・プロダクトより

 

 

 

50 

 

 

50 

 

 

50 

 

 

50 

 

 

SURR by LAILA 福留

info@surr.co.jp

 

 

//

1 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 231