SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Facebook Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
Product : Oliver Goldsmith / Diary051
26.9.2014

50 

 

プロダクトが好きと書いたからにはプロダクト性の高い物を。

と思い選んだのは写真で捉えるのが至極難しい一品

まぁ致し方ありません。ある種の常ですから。

 

規則的でありながら、時に予想だにしない曲線は

職人の技術力と、歴史に基づいた伝統性と、不変的なスタイルによるもの。

言葉無くとも視覚だけで充足させてくれる “ 美 ” です。

 

 

 

 

 

50 

 

50 

 

50 

 

50 

 

1926年に設立され、アイウェア/サングラスの概念を変えたオリバーゴールドスミス

そのオプティカル・タイプの希少性は、常に声を大にして申し上げさせて頂きたい。

市場に出回らないのです、本当に。

 

その理由は様々ございますが、オリバーゴールドスミスのそれに関しては

所有者が手放さないのが最たる所以ではないかと思います。

数える程度ですが扱ってきて、また幸運にも自分自身で体感して思った事です。

サングラスに比べると、顔的な要素が高いアイテムですので

ただ単に気に入って手放さないのでしょう。

 

確かに手放させない求心力がございます。

ヴィンテージ・オリバーゴールドスミスのオプティカルタイプは本当に本当に素晴らしい。

またこうしてご紹介でき、嬉しく思います。

 

 

 

 

 

50 

 

70s Oliver Goldsmith, optical

 

オリバーゴールドスミス愛は、ここに書くとどうしようもなく長くなるので控えます。

 

こちらもBlue lens collectionの一つ。

このままお楽しみ頂くも度入りにして頂くもお気に召すまま。

ご自身のアイデンティティーを表す重要な要素として、是非に。

 

 

SURR by LAILA 福留

info@surr.co.jp

 

 

//

直近の気付き / Diary050
25.9.2014

Diary を初めて50回目になるのですね。もろもろ便利かと思いカウンターを付けていて良かった。

 

先日ストリートSNAPをされているお客様とお話していてふと気付いた事、それは
“ 自分は人を撮った経験が極端に少ない ” という事。

職業柄カメラとはそれなりに関わってきたのですが、取り扱いが 「 物 」 である事と、旧 LAILA VINTAGE 時代も現在も店舗1名体制だったものですから、例えばスタッフ着用画像ですら撮る機会がありませんでした。(その為、初めてスタッフが入った時にはそれはもう嬉しかったものです)

撮影経験値はおおむね 物 9.5 :人 0.5 といったところでしょうか。
これに気付いた時はいささか焦りました。個のスタイルをご提案したいと思っている者として、
人を撮る経験値が低いのは宜しくないぞ、と。

 

 

 

 

 

50 

50 

50 

 

という事で先日の定休日は練習も兼ねて撮影散歩。
そういえばこんな事をするのも初めてでしたが、穏やかな気候で大変気持ち良うございました。

 

50 

50 

50 

 

犬も走ったりしていましたし。

 

 

 

 

 

なんとか上手いこと人を撮れないかなと思いながらも、そう上手くはいかず。次回は誰か頼みます。
しかしながら、薄ぼんやりと気の向くままにシャッターを押していたら、薄ぼんやりと気付きました。

 

50 

50 

50 

 

“ 自分は物質が好き ” という事に。

なんというか理路整然と構築された物、計算された物といったいわゆるプロダクトの類を好ましく思うことに気付きました。
きっと素養+環境の結果でしょう。まぁ当然と言えば当然なのですが。

 

 

結局のところ目的である人物撮影は叶わず、太陽の下でサンドイッチ食べてビール呑んで軽く昼寝して、
プロダクト好きな事にハッと気付いて帰ってきただけなのですが、なんとなく腑に落ちたというか、すっきり。

ですが引き続き人物撮影の経験値は積まなくてはいけません。
という事で今後は店頭にて、撮影許可のお声を掛けさせて頂くかもしれません。
ご都合宜しければ、どうぞお願い致します。

 

 

 

 

SURR by LAILA 福留

info@surr.co.jp

 

 

50 

 

頂いた浅草の美味しいパン。ナイスプロダクト。

 

//

New arrival / Diary049
24.9.2014

50 

 

知る人ぞ知る Celine Homme

不動のメゾンによる90sアプローチは、現代の彼女のコンセプトに遺憾なくフィット。

その大胆さが極上のクオリティというのがなんだかとっても、何より楽しい。

不変スタイルでありながら、どうしようもなくアヴァンギャルドな傾奇者カーディガン

 

 

 

 

 

50 

50 

 

100年以上続くメーカーの、英国的名作。

「 乗馬観戦用 」 に作られた本作は、ブルゾンではなくコートというスタイルが新鮮に感じて頂けると思います。

本当の意味で老若男女から愛される、“ 国民的 ” と称して差し支えないのクオリティは着ればすぐに実感でき、

『 あぁ、だから選ばれてきたのか 』 と呟かれる事でしょう。

そしてこの芸術的な文様ときたら。

 

 

 

 

 

50 

 

Blue lens collection.

室内でご着用頂いて差し支えないカラーレンズのラインナップがやっと揃いました。

今回は全て濃さ30%のブルーレンズで統一しているのですが、

フレームによって縦横無尽に変化する色味の印象をお楽しみ頂ければと。

スタイル様々。

 

 

 

 

 

50 

 

Authentic trousers collection.

スリム、スキニー、ワイド、バギー etc.

様々選べて楽しい昨今ですが、 SURR にとって一先ずの真ん中は テーパード

ウエストポイントを正しく穿いて最も美しく見える、ある種クラシカルなテーパードです。

ただ細いだけが “ 優秀 ” ではなく、それらの土台となった精密で伝統的なレッグラインというものがございまして。

 

 

 

 

 

50 

 

年間、数足のみご紹介するクラークス。

定番だからこそちょっとしたスペシャリティをプラスする事で、結構特別な一足になってくれるものでして。

 

 

 

 

 

などなど。

相変わらず楽しくて溜りませんねヴィンテージ。

 

 

SURR by LAILA 福留

info@surr.co.jp

 

 

50 

 

//

1 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 218