SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Facebook Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • 7X7
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
Royal Navy / Diary007
17.6.2014

本日は新作から、とある一品を紐解きます。

 

50 

 

 

イギリス軍に存在する『ロイヤル』を冠した部隊

それは王室直属を示します。

 

主に貴族出身者などが属したそこでは、支給されるウェア等も一般部隊とは異なり

デザインはもちろん製造元に至るまで (ジャケット等であればテーラー職人が手掛けていたりと)

なにせ特別。

 

それゆえに、時にミリタリーとは思えないデザインであったり

息を呑むほど贅沢なハイスペックであったりと、滅多に出会えないものの

その度に大きな刺激を与えてくれる特別なミリタリーウェアから、この度はトラウザーズを。

 

 

 

 

 

 

50 

 

Royal Navy’s work trousers

 

ロイヤルの海軍で着用されていたこちらの位置付けはワークパンツ

ミリタリーのワークパンツというのも、言葉遊び的な新鮮さがありますが

ディティールを掘り下げると なるほど な要素があちこちに。

 

 

50 

50 

 

フロント 2 : バック 1 : サイド 2 のTTL 5ポケット。

サイドのフラップは利便性の高いマジックテープ。

 

最も特徴的なウエストのドローコードは、ニット編みの立派な作りで

着用時に垂れ下がる際には腰回りのワンポイントとして、

良い意味での違和感を醸し出してくれます。

50 

 

 

 

撥水性の高いコットン素材は、極めて耐久性が高く

へヴィーデューティーを目的に選ばれた事は一目瞭然。

 

上質や高級感という方角ではなく、リアルクローズの方角を向いているにも関わらず

何故だろうか、そこはかとなく漂う“ 品 ” はやはり、

ロイヤルの高いポテンシャルの証明だと思います。

( この部分は申し訳ありませんが、適格に表現できませんでした )

 

 

 

素材のはり感が生み出すシルエットは

ストンと落ちる素直なテーパード。

 

50 

 

機動力を求めた結果のワイドシルエットは、男性的な 強さ / しなやかさ を表現してくれますが

それをよりモードに変換するために、オーバーサイズ をご提案しております。

 

ちなみに、真っ直ぐモードには変換できないかと。

 

これはデザインソースのソースたるゆえんですが、

元々の目的がファッション以外のベクトルだった場合、その気配が高い確率で残ります。

ですが、それを理解したうえでモードやハイファッションとして、今のスタイルに編集するという解釈が

多分きっと、一番面白い。

それが何であれ、その編集は確実に心躍らせてくれるはずです。

 

今回に関しては、時にワークを存分に匂わせてしまうようなギリギリのコーディネートに振り切っても

格好良いと思います。

その際はワンポイントで充分ですので、ハイエンド要員をお忘れなく。

 

 

 

 

まぁいずれにせよ、何回穿いても次の姿を期待させる底の見えないポテンシャルが

明日もこれに手を伸ばさせることでしょう。

 

 

 

50 

 

90-00s British Royal Navy’s work trousers

 

 

 

そして 貴方の頭上に 閃きという名の 光が輝くでしょう。

 

SURR by LAILA 福留

info@surr.co.jp

facebook.com/surr.by.laila

instagram.com/surr_by_laila

//

 

 

Black / Diary006
13.6.2014

色々そぎ落とされる季節。

だからこそ不変中の不変、Black からのご提案。

 

50 

 

50 

 

50 

 

 

 

 

 

 

Black 1 : 80s Celine / leather boston

50 

 

現 Celine バッグのお手本とされている80-90年代のデザイン。

その大半は女性向けですが、極めて稀にユニセックスモデルと出会うことが出来ます。

 

本品は見事なレザーを用いたミドルサイズのボストンバッグ

ミニマムなデザインと小旅行にも使える大きめなサイズ感、

そして流石メゾンと唸らずにはいられないパーツフォルムへの配慮が各所に。

50 

50 

 

“ただ持つ” だけでスタイルが完成する良質な佇まいは

バリエーションが今一つ物足りない男性用バッグにおいて、大変力強い存在。

なお、お写真の通りこちらには別売りのシルバー・キーチェーンが取り付けられておりますが

特別をより特別に仕上げて頂くこのようなアレンジも、何気なくご推奨しております。

 

 

 

 

 

 

 

続いてバケットハット

その特徴的なフォルムで絶妙に印象が変化するアイテムですが、

とはいえ、定番の一つですのでお探しの方も少なくない事と思います。

定番だからこそ慎重に、その按配を見極めて頂きたいところ。

 

 

Black 2 : 90s Hermes / bucket hat

50 

 

シルエットの美しさは言うまでもなく。

頭を包む加減やブリムのバランスなど、

カジュアルの中に潜む Hermes’s プライドには安心して身をゆだねる事が出来ます。

 

 

50 

ワンポイントの刺繍。良い。

 

ポリエステルとカシミアライナーのコンビネーションは

共に上質なクオリティーを維持しているからこそ、

色調以上のコントラストをお楽しみ頂けます。

 

 

50 

あえてラフに畳んで、かぶらない時はバッグへどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

last Black : 90s Church’s / dress shoes

50 

 

“フルブローグといえば” で挙げられる事の多いチャーチの名作モデル

チェットウインドに出会うことが出来ました。

 

旧工場製作ならではの上質な革質はもちろん、

現行品とはラストも異なるため、まさしく似て非なるこちらのチェットウインド。

言う事のない完成度です。

 

フルブローグはカジュアルさも出せるデザインですので、

ON / OFF 問わずご愛用頂きたいところ。

 

 

50 

50 

 

こちらはトゥとヒールキャップに鏡面磨きを施しております。

やらなくてはいけない仕様ではないのですが、やる事で品格がUPするのは確か

より、ドレスシューズとしての醍醐味を味わって頂けましたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

以上、三者三様の Black

これにプレーンなカットソーと気の利いたトラウザーズがあれば

もう それで良い感 がしとどに溢れ出ます。

 

様々なスタイルがある中の一つとして

全然足してないけど全然足りてる もお薦め。

 

 

 

 

50 

 

 

 

SURR by LAILA 福留

info@surr.co.jp

facebook.com/surr.by.laila

instagram.com/surr_by_laila

//

 

 

Seek / Diary005
11.6.2014

先日は、感度を求めて方々へ

 

50  50  50 

 

 

50 

 

 

50 

 

 

       50 

 

 

50 

 

 

結構歩き回りました。良い運動です。

 

運良く雨から逃れる事は出来たのですが、

最大の収穫が “美味しい牛カツサンドとの出会い” と、

物足りない感は否めないので、また感度求めて彷徨いたいところ。

早くビビッときたいものです。

 

それにしても、室内外の温度差には困りました。 元来、冷えには滅法弱くて。

あるお客様が、夏場でもライトアウターを抱えて、時にそのアウターのポケット収納を鞄替わりに使う

とおっしゃっていて、深く共感。

 

皆様も冷えには充分お気をつけのうえ、軽やかにお出掛けください。

 

本当、冷えには。

 

 

 

SURR by LAILA 福留

info@surr.co.jp

facebook.com/surr.by.laila

instagram.com/surr_by_laila

 

 

50 

 

 

50 

//

 

 

1 174 175 176 177 178 179 180 181