SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Facebook Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • 7X7
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
Online update / Diary037
22.8.2014

かねてより Coming soon とさせて頂いておりました Online

ついに完成致しました。

 

online.surr.co.jp

 

今後はこちらにおきましても、アイテムのご紹介及びショッピングをご利用頂けますが

Diary 掲載品が Online にUPされるまで時間があく場合がございますので

今後も気になられるアイテムが御座いましたら、直接お問い合わせ頂ければと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。

//

 

 

 

 

 

50 

 

前回ご案内させて頂きました、14-15s A/W

明日の立ち上がりに向けて鋭意支度中です。

旧 LAILA VINTAGE 時代からご来店頂いている方であればご存じかもしれませんが、

そのタイミングは、店内が一新致します。

 

 

 

50 

50 

50 

50 

50 

50 

50 

50 

 

 

それが、私自身も毎度のこと楽しみ。

 

 

今年は、例年以上に 『 重 』 を大切にしたいです。

男性として真っ直ぐに、正統的に。

かつ男性だから出来る 重厚なスタイルが気分。

 

それは服のボリュームや色調はもちろんの事、心持ちも大切な要素。

威風堂々を基調としつつ、遊びを取り入れるのが基本スタンスになりそうな予感です。

 

 

 

さて、今晩はラインナップの入れ替えを行います。

夜遅になってしまうかもしれませんが、完了したらまた Diary 書かせて頂きますね。

それでは後ほど。

 

 

SURR by LAILA 福留

info@surr.co.jp

facebook.com/surr.by.laila

instagram.com/surr_by_laila

//

 

 

14-15s A/W / Diary036
20.8.2014

 

50 

 

いつもDiaryをご覧くださり有難うございます。

引き続き酷なほどの暑さが続くここ最近ですが、

ご気分的に次にシフトされている方、少なくないのでは。

 

一部のお客様には店頭にてご案内させて頂いておりますが、こちらでもご報告させて頂きます。

14-15s A/W の立ち上がりは、23日(土) の11:30 です。

 

 

 

 

 

LAILA VINTAGELAILA TOKIO7X7 も一斉に立ち上がるのですが、

来シーズンは、全店共通のコレクションテーマを建てさせて頂いております。

 

現段階ではあえて若干掘り下げた物言いを致しますので、感覚的に把握して頂ければと思いますが

“ 彩色の無い世界観で感じて頂く彩色 ” とでも言いましょうか、

全店コンセプトが異なるセレクトによる、それぞれの様々な素材・媒体にて

それを表現させて頂きます。

 

 

 

50 

50 

50 

50 

50 

 

 

 

SURR に関しましては、該当年代, 国, ジャンルが特に広い事から

非常に繊細なグラデーションをご覧頂けるのではないかと。

 

Maison , Military , Work , Antique , Other。 それぞれの意図で生み出されたアイテム。

コットン , ウール , カシミアなどの天然系、そして化学系などのマテリアル。

それらが全て異なる環境下において時間を吸収した結果の仕上がり

様々なベクトルを向いていながらも、不思議と共通した “ 要素 ” を内包していますので

引き続き、その美しさを実感して頂けるような編集を追求致します。

 

カラーピッカーで無限に近い色を生み出せるように、

ヴィンテージの白は全て異なり、黒も全て異なります。

色がない中に感じる色。矛盾の成立にご期待くださいませ。

 

お楽しみにして頂けましたら幸いです。

きっと私が一番楽しみにしていると思いますが。

 

 

50 

 

 

SURR by LAILA 福留

info@surr.co.jp

facebook.com/surr.by.laila

instagram.com/surr_by_laila

//

 

 

As always / Diary035
16.8.2014

 

50 

 

これ、愛用している 90s トラウザーズのフロントホック。

驚きました。

身体に当たる部分なので、周りからは絶対に見えませんし

そもそも、穿いている私が最近まで気付きませんでしたので。

 

相変わらずのメゾン・クオリティーに、感動。

 

 

 

 

 

デザイナーや製造元などが識別できる品々。

その世界観が明確であればある程、どのアイテムにも共通したクオリティーを期待する事が出来、

“ 相変わらず ” と充足させてくれます。

 

前回、先行でご紹介したアントワープの2点もそれに該当。

相変わらず明確で、テクニカルで、心躍り、悔しいかな格好良い。

 

 

 

 

 

50 

50 

50 

 

流儀に則ったミニマムの中に落とし込まれる要素。

今回はさもウエスタンな如し、かつ極めて軽量なパイピング

効果的に視線を集める特出したモード・スタイルです。

 

同ブランドらしい、現代にフィットするシルエットバランスと

排されたものと配されたもののアンサンブルに相変わらず感嘆させられます。

 

50 

 

90s Lieve Van Gorp, shirts

 

プレーンでありながら明確。爽やかでありながら濃厚。

相反するのも彼女のアイデンティティー。

以前のご紹介でタイミングが合わなかった方々、是非。

 

 

 

 

 

50 

50 

50 

 

様々な要素に対しての解釈能力、それらを新しく発信する提案能力が本当に見事なドリス。

今回も随所で発揮されています。

 

セーラー要素、ワーク要素、そしてドレス要素。

全てを適材適所で取り上げまとめ上げる編集力は相変わらず凄まじく、

本品に関してはネックだけで4通りのバリエーションを実現しました。

 

90年代のコンセプトスタイルであるオーバーサイズは、

現代において、In フィットも Out フィットも可能とする “ 面白味 ” に昇華。

 

50 

 

90s Dries Van Noten, shirts hoodie

 

こちらもまたもや、着ると唸る逸品です。

 

 

 

“ 相変わらず ” だからこそ、やめられません。

他にも数点ながら厳選の新入荷がございますので、宜しければ是非。

 

 

SURR by LAILA 福留

info@surr.co.jp

facebook.com/surr.by.laila

instagram.com/surr_by_laila

//

 

 

1 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 188