SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Facebook Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • 7X7
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
Denim elegance / Diary117
18.3.2015

またもや書いていたら長くなってしまいましたので、今回は先に要点を記させて頂きます。

・私は基本ひねくれ者
・今、一層解りづらい魅せ方がとても楽しい
・自分らしくお楽しみください

 

R0040445

 

 

 

 

私自身、またデニム最優先の季節がやってまいりました。不定期ながら一年を通して何度か確実にやってくる “ この気分 ” は一種の風物詩ですので、今回も心から楽しんでおります。しかしながら私はアメリカンカジュアル好きというわけではなく、基本的にセオリーを守らないので、だからこそいみじくも傾奇魂は大切にしたいと思っているんですね。

“ 労働者のために生まれたからこそ、エレガントなアイテムと ”
昔から自分の中に在った法則ですが、これをアイコニックに体現しているのはセルジュ・ゲンズブールでしょうか。妖艶な彼は最早わざわざ挙げるまでもない代名詞ですが、驚異的な求心力を持っていることは確か。が、その代名詞性ゆえに飽食気味であり、巡り巡って一つのセオリー(システム)に成っている感がございますので、私自身は参考にしても模する事なく捉えています。結局、彼は彼 / 我は我 / 貴方は貴方。という事。

そこで頭をもたげるのはアンチテーゼな自分。より難解かつ内面的で、もちろん自分が納得出来る『デニムとエレガンス』を探し求めるようになりました。
“ 1/100 も理解してもらえないかもしれない方程式” その分母は年を重ねる毎に大きくなっているように思います。なんせこの世は諸行無常。服は生き抜くための武装だからこそ自己満足が相応しい。戦国武将も同じ心意気だったのだ、と勝手に解釈しています。

 

そんな時、相棒に成ってくれるのはメゾンクオリティでした。デザイン以上に重要なのはテクスチャーで、そうなるとメゾンの存在意義は絶大です。象徴として世の中にコミットし、今や一つの “ 記号 ” とも言えるデニムを難解なエレガンスで楽しむ。という、言うなれば一人遊びみたいなものですね。

 

 

 

 

 

R0040445

ニットとデニム。そこはかとない “ 普通 ” 。
しかしながら SILK と COTTON と LINEN のどうしても上品な調和とヴィンテージデニムのテクスチャーが、見る人によってはとてつもなく気になるアンサンブルに映るはず。人ごみの中ですれ違った時、無意識に振り返って目で追ってしまうような。と申しましょうか。

 

 

R0040445

カーディガンとデニム。そこはかとない “ 初老感 ” 。
しかしながら基本に忠実かつ大胆なニットワークと計算されたオーバーサイズは、どう考えても普通の老人には成りません。正面ではなく後ろ斜め45°で語ってくれるのも、たまらない。

 

自分にとって今の 『 デニムとエレガンス 』 で、まず頭に挙がったのはベルギーモードの味付けでした。やはりドリスの初期は良いイマジネーションを与えてくれます。

 

 

 

 

 

ここからは番外編。『 デニムとエレガンス 』の法則が逆になる珍しい事例です。

 

R0040445
R0040445

秀逸なミリタリーと。秀逸なワークと。共にマルタン・マルジェラ氏の思惑あっての魅せ方です。
通常であればヘヴィーデューティーなデニムを、シンプルかつ大胆な手法でブラッシュアップする感度は、やはりいつまでも稀有。セオリー的なアンサンブルもセオリーに成らないというのは貴重なことであり、求めてもそう簡単に叶いません。

 

 

 

 

 

これらは全て、着る人によって見え方が全く異なります。これも各アイテムがはっきりとした意思に則って創られたからであり、私がヴィンテージを愛し尊敬しているのは、そこ。

とにかく自分らしく、是非に。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

沢山働き沢山遊ぶ / Diary116
13.3.2015

SDIM1567

 

気に入ると、いつも同じメニューを食べたり同じ服を着続ける事が苦でなく、ましてやそうしたくなるタイプであるがゆえ、ふと気が付くと仕事ばかりしてしまっている時があります。基本的に仕事人間なのですが、仕事をするからこそ仕事以外でも見識を深めるよう、少し前から心掛けておりまして。

最近はアクティビティ系にも手を伸ばしつつあり、夜更けに投げたり投げたり打ったり時に歌ったりと楽しませて頂いております。しかしながら基本ほろ酔い御機嫌さんのため “ ちゃんとやれ! ” と叱責されておりますので、当面の目標は 『 ちゃんとする 』 です。

やはりメリハリやコントラストは良いキーとなってくれますね。
ファッションにおいてもエレガンス×ヘヴィーデューティーが最も好きなスタイルで、例えその意図を1/100にしか気付いてもらえなくとも貫きたい所存です。最近はまたデニム愛が燃え上がっており、このタイミングでの新作お披露目は、とても嬉しく思います。

 

 

 

 

 

SDIM1678

SDIM1705

SDIM1690

SDIM1693

SDIM1709

 

 

明日店頭に並びます。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

人の個とデニム / Diary115
11.3.2015

SDIM0952

 

以前、カシミアが自分にとって欠かせない要素である。と書きましたが、それに並ぶ存在に 「 デニム 」 が在ります。昨シーズンに御案内させて頂いてからも継続して探し続けてきましたが今シーズンも一先ずまとめる事が出来ました。

当然ながら、自分が生まれた時点で既に当たり前のものであったデニム。それが何故、自分にとって欠かせない要素にまでなったかは分かりません。思春期を主に海の近くで過ごしたからでしょうかね。思い返すとインスタでも空などの蒼をよく登場させていますし。

 

私は、いわゆるスタイリングをさほど重要視しておりません。
決して投げ出しているわけではなく、一番大切なのは人であり、次いで服であり、最後にスタイリングだと思っているからです。実際、店頭におきましてもスタイリングの御提案はさほど行わず、あくまでその洋服を手にしてくださる方の 『 自己 』 を尊重するよう心掛けています。
自ら手に取る=選ぶ事に意味があり、その意思さえあればスタイリングはさほど重要ではない。あえて言うのであれば最良のスタイリングは “ アイテムを自ら選ぶ意思そのもの ” ではないでしょうか。
その結果生まれるのが本物の 『 スタイル 』 だと、私は思うのです。

ちなみにこれは、旧 LAILA VINTAGE , LAILA VINTAGE OSAKA , LAILA TOKIO , 7X7などの各店でお客様とお逢いした末、自分の中で組まれた “ 現段階の答え ” です。
と申しますのも、各弊店に御来店くださる皆様は、それはもう見事な 『 個 』 をお持ちでいらっしゃり、そんな方々とお逢い出来る機会は今以上に若輩者であった在りし日の私にとって、あまりにも強大で心地良い刺激であり、その時間店内は大いなる学び舎となっていました。

 

今思うと、時にその方々の自己(アイデンティティー)表現を担っていたのがデニムだったのだと思います。各時代各国のスタイル・キーパーソンを思い返した時、デニムの存在がちらつく方も少なくないのではないでしょうか。
アイデンティティーを表現しながらも当たり前な存在であるところ。あくまで “ 人の個 ” を引き立てる要素であるところが、私にとってデニムを好ましく思う要因なのかもしれません。

 

 

SDIM0952

SDIM0952

 

今シーズンも、様々なカテゴリーから取り揃いました。相も変わらず少量である事はご了承ください。
様々なポテンシャルで個を引き立ててくれるデニム達は、最終メンテナンスを終えて土曜日にお披露目です。

是非とも何も考えずに手を伸ばし、ただ単純に着て頂ければと思います。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

1 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 203