SURR by LAILA
  • Online
  • Dialy
  • Access
  • Facebook Instagram
  • LAILA TOKIO
  • LAILA TOKIO
  • LAILA VINTAGE OSAKA
  • LAILA ATELIER
  • 7X7
  • Copyright(c) SUR All Rights Rserved
イタリアの自由さと愉しさ / Diary579
20.8.2018

心から喜ばしく有難い限りな “ 何から御紹介するべきか ” 状況の中でも、この時節はやはり特出して悩ましい限りではありますが、いくら悶々としたとて最終的に選ぶのは私情をより強く反映させた品に着地することはここ数回を経て自覚致しておりまして、今期のそれは名を関する意味合いでの看板力でも歴史性でも文化力でもなく、一個人の感覚器において極上という数奇に悲哀なる意義の一着。

SDIM0619

 

 

 

 

 

私はこの生業に就いて, かつ SURR という存在が出来てからは一層, そして自身の口から発するにあたっては特に “ 言葉 ” というものを重要視しており、それは第二者以上においておそらく重要ではなく, 特に必要でもなく, 時に無粋な観点であることを十二分に理解ながら人知れずひっそりと過ごしております。それにしても、時間や時代において変化する言葉の価値や意味合いや、何より自身における印象, 自身の中だけの意味合いの印象 には本当に強い機微を抱きます。( 直近では御客様から マジマンジ を教えて頂き、慟哭に近い衝撃を受けました )
ここ 3 年ほど折りに触れて考えており未だ答えが出ていないのは “ 製作背景が判明している品の名称区分け ” です。メゾン, デザイナー, アーティスト, メイカー, ファクトリーなど幾つかある中でそれぞれの品や存在をどのように捉え、どの区分けで表現するか未だはっきりとしておりません。

その論点で申し上げますとこの度の御品は メイカー に属しまして、名を馳せた創り手によるものではなく ( そうだったとしても現段階で私は知りえない ) , 由緒正しき背景があるわけでもなく, 根本として着飾るためのファッションピースではなく, そして広く視たときその分野に特別な崇高性があるわけではなく, 古い時代の品 ( 約 50 年前は充分古いといえば古いですが ) でもございませんでして、それでも御紹介させて頂くのは、私という不肖かつ矮小で何より性悪な一個人が純粋に感動したという豆腐よりも頼りない、かつ異常なまでの私情度合いによるものです。

SDIM0619

SDIM0619

SDIM0619

 

服飾史におきましては数多のメゾンやデザイナーが名作を繰り出していた芳醇期であり、文化面におきましては様々が独自に発展し続け時に交錯した良い意味で混沌とした 1970 年代に製作された本品は狭義で捉えれば趣味区分, 広義で捉えれば労働服の類に属す、着飾るための衣類とは対極に位置する目的性のみに特化した背景を有します。その目的は象徴的は背面ポケットが雄弁に物語る通り “ 狩猟 ” です。私はこれまで前述してきた全ての要素を差し引いて ( というよりそれらの要素を認識するより先に ) デザイン精度, ディティールの独自性に心の底から強く強く感動し、お世辞にも便が良いとは言えない英国の土地に居を構えるコレクターさんのもとにて一人出逢えた喜びを抑えることができず、やたら興奮した不審なアジア人としての姿を孤独に晒したのでした。

上質さを論点としない工業的な縫製のせせらぎからシュッと斜めに伸びるバストポケットと、そこからグッとカーブしてシャッと終わるサイドポケット。利便性においても活動力学においても、そしておそらく製作効率においても理に適う、看板にも歴史にも文化にも属して語る必要性のない製作者不明の独自力。これこそ デザイン です。

 

 

 

 

 

SDIM0619

70s Itary, hunting jacket.

最終的には本品がイタリアのクリエイションであることが判明して興奮は収束しました。この感性の自由さを感じさせる, 製作そのものとその後の活用を愉しもうとしているように感じさせる佇まいと ” イタリア ” という記号に対する私情が寸分違わず一致したことで腑に落ち、やたら興奮した不審なアジア人からただの不審なアジア人に戻ることが出来たのです。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 
//

2018 A/W full collections / Diary578
17.8.2018

 

 

 

SDIM0606

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

SDIM0603

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

SDIM0609

 

 

 

SDIM0599

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

2018 A/W full collections 「イタリアの風 A/W編」
 
8/18(土)12:00 〜

 

明日より、A/Wコレクションを御披露目致します。
店内構成の一部を除き、全て新作としてご用意させて頂きました。
お誘い合わせの上、是非この機会に御立ちより下さいませ。
 
皆様のご来店を心より、御待ち申し上げております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SURR by LAILA 福留 小林

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

SDIM0613
Special , 1870-1890s France

 
//

原動力 / Diary577
15.8.2018

『 2018 AW は、いったい何を買えば良いのやら 』  とあるメゾンから親愛なるデザイナーが去ることで全てが変わるため、そこで買い物する機会が無くなるであろうと、先日友人が鱧の天ぷらに舌鼓を打ちつつ嘆いておりました。

衣類や装飾品などが人生の原動力となる人々にとって “ なにを買う ” “ どこで買う ” というのは至極重要な話題であり課題で、特に時節の節目にはその重要性が一層強まるものでして、私は現代クリエイション部門において 2018 AW で個人的に好ましいクリエイションがございましたので幸いにも芳醇期となりそうですが、友人のような状況は決して他人ごとではございません。
既存の感覚を更新する不変的な出逢いや、その瞬間の刹那的な出逢いなど。最高に心踊る, 何にも替え難い人生の原動力はやはり、過酷な現代社会を活きる我々には定期的に必要と私は考えます。原動力を得て頑張り、また原動力を得て頑張る。その繰り返し。そして Memento mori でございます。

ちなみにその友人は食事を終えるまでの時間を活用し、翌日下着を新調して原動力を得るという決心に辿り着いておりました。下着しかり食事しかり飲酒しかり、旅行しかり音楽しかり映画しかり演劇しかり、はたまたお人によっては貯金という行為そのものしかり。千差万別な原動力がございますが、私はやはり純真無垢に衣類や装飾品が主な原動力な人間です。きっと皆様方と同じく。

 

 

 

 

 

SDIM0496

SDIM0497

SDIM0499

さて、そろそろ時節の節目が近づいてまいりました。かねてより御愛顧くださっている皆様方におきまして、もし頭に浮かぶ何かがございましたらきっとそれはその通りでございます。そろそろ御報告の御便りが御手元に届く方もいらっしゃることと想いますので、お忙しいところ恐れ入りますが御査収頂けましたら幸いです。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

//

1 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 203