Vintage AGNONA / Diary999
13.8.2021

Cerruti, Loro Piana, Zegnaなどなどの生地専門から始まった世界的なファッションメーカー達。ブランドではなく Maker と敬意を胸に口にしたくなるようなそれら特化型専門家という素敵な存在は、分野を限定しているからこそ我々には見えない景色を見ることができ、例えば王族や貴族との実質的なコミュニケーションであったり探求する際の層の深さであったり、会社にするから城買っちゃったりふとウェブサイトを見たらオンラインストアに1200万円のコートが並んでいたりと、端的に申しあげてクレイジーというかぶっ飛んでいるというか、そのベクトルも強さも最高に心が躍ります。だって1200万円のコートをネットで注文する人をお客様にしているということですからね。何で届くんでしょうか?佐川急便でしょうか、ヤマト運輸でしょうか。
 

よし、1200万円のコートをオンラインに載せておこう。よし、プレーンニット作ろう。ビキューナ使っちゃう?
この境地に至るにはそれだけの過程と経験が必要ですが、それもやはり特化型専門家であるからこそで、真剣に製作しているはずですし心から推奨しているからこそ、その品質至上に振り切ったピュアネスが本当にたまらなく、当然着心地が最高だからこそ私はそれらの専門メーカーピースを愛して止みません。
 

そしてもう一つ強く惹かれるのは、それらメーカーの提案するスタイルがファッショナブルではあるのですがモードの視点ではないという点。服飾史には関わるのですがモード史には関わらないと申しますか、世界最高峰の上質視点と感覚にて素材を練り上げたうえで提案されるスタイルがベーシックというかプレーンというか良い意味でノーマルで、例えば装いに大胆な変革を求めるでもなく挑戦や破壊を試みるのではなく、その時の時流に則ってスタイルを提案する点を私はとても興味深く、かつ魅力に感じます。彼らはスタイルに対して独自の味付けやスパイスを注ぎ込み試行錯誤してモードの歴史を積み重ねるファッションデザイナーではなく、最高峰の素材と技術を用いた時代時代のスタイルを提案するファッションメーカーなのです。
※Cerrutiの攻めの姿勢はファッションデザイナーに属すように思います。
 

しかしながらベーシックでプレーンでノーマルなのですが、そこに時流を注ぎ込んでいるところがなんとも面白くてですね、ことヴィンテージとして捉えた時の有意義さは尋常ならざるものがあります。この度新たなラインナップとして御提案させて頂きます AGNONA の時流を注ぎ込んだからこその結果論的な今のムードは尋常ではありません。AGNONA、これもまたぶっ飛んだ景色を見ることができるクレイジーファッションメーカーです。

 

 

 

 

1953年に設立して高級獣毛をメインとした生地専門メーカーとして数多の名だたるビッグメゾンを支え続け、70年代にはいるとアパレル部門を発足するという特化型専門メーカーらしい経歴を積み重ねたアニオナ。WOMENSから始まってMENSという経緯もあってか特に女性に向けての提案を得意していたため2001年には業績を理由にMENSを廃止してしまうのですが、近年になってから“今のファッションムードと我々が過去に行ってきたMENSクリエイションがそのままフィットする”ことに気づいたため、昨年晴れてMESが復活しました。

 

その通りその通り。近年のファッションムードと極めて高い精度でリンクする 1970-90s AGNONA のムード。リラックスしてラグジュアリーなスタイル性, テンション。軽くて上質な素材, 縫製。自然そのままを活かした落ち着いたカラーリング, テクスチャー。どれを粒立てても時代を問わない最上質な不変性なのですが、更に 70-90s という時代のムードを取り込んだ“当時におけるノーマルなスタイル提案”が、今まさにたまりません。

見てくださいよ、この創始者のポートレート。

最高にグルーヴィー。

 

 

 

 


SUMMER SWEATER
 


PURE LINEN BIG POLO
 


UNCONSTRUCTED

 

 

 

 

 

New arrival/New propose, Vintage AGNONA

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

Copyright © SURR All Rights Reserved