Color lens eyewear / Diary998
6.8.2021

昨年が長梅雨だったこともあって、おおむね例年通り梅雨が明けた今年は一層ストレートに心地良く“The 夏”を受け入れられ、一番強い日差しやサラリとした汗が素直に気持ち良いので(体感としてはここ十数年で一番)、ふと所用を済ませていた時スタッフにいやぁ気持ち良いですねぇと話しかけたら、長袖のカーディガンを着ている姿に引かれてしまったよう。くそぅ、リネンなのに。

暑いですがもう一段階ギアが上がる(もう上がりかけているかな?)ことを考えるとまだまだ若干朝夜が涼しい最近を出来るだけ楽しみたいというもの。それに相応しいギアは例えばTEEシャツであったりジュエリーであったり、そしてアイウェアであったり。

 

皆様、アイウェアは楽しまれておりますでしょうか。
1950年代にアメリカンモードデザイナーの HALSTON 氏が英国のオプティカルブランド Oliver Goldsmith にランウェイ用のサングラス製作を依頼したことで、それまでは視覚矯正や日除けの道具でしかなかったアイウェアにファッションという存在価値が加わって今に至りますが、ファッションピースとして楽しむ方、視覚矯正として要される方、日除けの道具とされる方、そしてそれぞれを組み合わせて心から楽しまれる方など様々いらっしゃいますし、邪魔だから要らないよという方もいらっしゃって全て正解でございます。
余談ですが昨年に医療に携わるお客様から“感染症対策にはアイウェアも重要なんだよ。粘膜から感染するからマスクと一緒です”と教えて頂き驚きました。もっとニュースとかでアナウンスしなきゃだめなんじゃないか と。これは余談ではないですね。私はこの点近しい友人には伝えるようにしています。友人めっちゃ少ないですが。どうぞ皆様相手に失礼にならなければ御伝え差し上げてくださいませ。

 

 

 






この度の新作では英国より Algha works と Oliver Goldsmith 、そしてフランスより Cartier。オリーヴ、ブルー、マンゴー、ウィスタリア、グレー、そしてローズのカラーレンズにて御提案させて頂きます。薄い色のレンズ、何周かしてまた心躍るグルーヴです。

 

 

 

 

 

New arrival, Color lens eyewear collection.

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

Copyright © SURR All Rights Reserved