最近 / Diary990
14.7.2021


 

 

最近は偶然なのか、目新しい物事に触れる機会が増えました。 

直近だと急に犬を飼い始めたり、飼っているハムスターにものもらいが出来たり、甘党だったのにブラックコーヒーしか飲めない体になったり、シルバーリングからゴールドリングに目覚めたり、アウトドアメーカーのシューズが気になったり、福留さんが半袖を着ていたり。などなど、其々に理由はありますが、視野の狭い私には意外性も含め其々楽しいですし、その中でも装いに関しまして苦手だった言わえるカーゴパンツと出会ったのが自分の軸を崩す程に新たな発見でして。

 

 

 

 

一つ定番的なスタイルとして、テーラードジャケットにカーゴパンツを合わせる。フォーマルジャケットを着崩す、私の中学・高校時代からファッション誌を開けばエントリー的な着こなしの手法として、大概の紙面にはあったようなスタイル。勿論の事、真似して当時は着ていましたが、そのイメージからか、テイラードジャケットとカーゴパンツが以降、苦手になってしまいまして。はいはい、ファッション入門編ね。くらいな印象まで低い位置に。なので、正直今でもこの 2 点、私としては意識的に中々選択出来なかったんですよ。テイラードジャケットに関しましては SURR に所属してから寛容になれましたが、他人が着てる分に良いし、もういい歳なので、関係なく楽しめる筈なのですが、潜在意識的にもなんだかなぁって。勿論、常にそれを思ている訳では無いのですが、そもそも自分の選択から除外されていたので。そのカーゴパンツのイメージを払拭してくてたのはドルチェアンドガッバーナでして、休日の度と言いますか、それ以外履いてない程を楽しんでいます、恐らくここ 10 数年はカーゴパンツを履いてなかったのに。
 

 

偶然にも弊店では珍しいご案内になる為、新ためて当時のルックを見漁りましたが、安直な言草ですが、めっちゃ格好良いじゃないですか。でも、単純に私も含め、触れてきていない方がどうしても多い印象でして、今回の新作ジャケットはドルチェアンドガッバーナのパブリック・イメージをいい意味で裏切ってくれると感じています。

 

 

New arrival, 1998SS Dolce & Gabbana black linen sheer jacket

 

 

袖口の仕様は比翼式の幅広でヴィンテージ・ワークウエアの様なカフススタイル。

 

 

裏地の無い設計の為、見返しを止めるよう表地に出るようにステッチが施されていまして、こちらもまさにワークウエアの様なディテール。堪らないです。

 

 

非常に軽く、透ける程のブラック・リネンを用いた5つボタンのテイラード・ジャケット。恐らくドルチェアンドガッバーナと聞いて、細いんでしょ?とお思いになられる方もいらっしゃるかと。これがまた、サイズ 46 で肩パッドの排除されたややルー
なフィット感なんですよ。弱 A ラインで V ゾーンも狭くフレンチワークブラックリネンコートを半分に切ったような佇まい。一般的なシャツ地よりも薄いのではと感じる程のガーゼの様なマテリアルですので、開襟シャツ感覚で羽織り、お楽しみ頂けると非常に素敵な着こなしになりますね。

 

 

2000 年春夏以降はフロントボタンも2つ、3つ仕様のVゾーン、フロントラインが低い仕立てに移行する為、90 年代のドルチェアンドガッバーナをご体感頂くには、現代的なフィット感、バランス感も含めご推奨させて頂きます。

 

 

SURR by LAILA 鈴木

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

Copyright © SURR All Rights Reserved