久方ぶりの / Diary919
1.10.2020

オンタイム~少し先の気候を見越して、久方ぶりのスタイリングをご案内致します。

やっと諸々愉しめる気候ですね。

70s Gianni Versace × 20s French puiiover × 60s French salopette

トーンの調和。

ウエスタンスタイルなプレスリー的なスウェードフリンジジャケット。

前衛的なジャケットはワークウエアでバランスを。

 

 

70s Missoni × 80s Best Company × 60s LEVI’S 505

ライトオンスのカヴァーオールをインナーに。

デニムオンデニムの土臭さを繊細な織の美しいカーディガンで中和。

素材に拘るイタリアンメイドのストレスフリーな着心地の良さ。

 

 

90s Giorgio Armani × 70s Missoni × 60s French flea jeans

Loro piana 社の Storm system を採用した撥水コートの上に天邪鬼なニットベスト。

たっぷりとしたコートに負けないフランスメイドのベルボトムな生デニム。

縦長効果。

 

 

late90s Ballantyne × 60s French salopette

カラーと素材のコントラスト。

厚織メリノウールとモールスキンの異素材感。

クラシカルな筈なのに何だかモード。

 

 

eariy1900s French bespoke × 1993AW Dries Van Noten × 50s French work

アンティークの太畝とデザイナーズの細畝。

古いから良い、デザイナーズだから良いとかでは無く、着た際の形がまず良い。

ジレとパンツの色は統一して。

 

 

80s Cerruti × 70s LEVI’S Stapre

すみません、インナーは私物です。

とろみと光沢のあるブラックにはブラウン系の暖色が合う気がしまして。

細身のトラウザーズが今やなんだか新鮮。

 

 

気付けばこんな時間に。

スタイリングは飽きませんね。

 

 

SURR by LAILA 鈴木

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

Copyright © SURR All Rights Reserved