“ Fashion jewerly ” by Anonymous / Diary888
15.7.2020

一度身に着けたら滅多なことがない限り外さない ( 願わくばずっと外さない ) 人間性に寄り添った装身具が “ パーソナル・ジュエリー ” 、気分や季節や装いに応じて着けたり外したりするファッションに寄り添った装身具が “ ファッション・ジュエリー ” 。このように勝手ながら区分けするように成ってどれほど経つでしょうか。
純然たる勝手ながらな区分けですので、弊店のとってのそれら御提案とそこの貴方やそこの貴方との判断基準が異なっていて然るべきですので、引き続きあくまで宜しければな範疇ではありますものの、装身具を異なる二種の方向性で捉えるという判断はいかがかと存じます。

 

 

ここでのパーソナルとファッションは全く異なりながら共に 120% の豊かさを有しておりまして、例えばステーキと寿司がどちらも絶品なように、どちらが上や下, 優位や劣位という天秤は存在致しませんし、これがパーソナル, これがファッションという基準も存在致しませんが、弊店は傾向としてスミスと称されるような細工職人に関わる装身具であったりアーティストピースであったり作家性の高いメーカーピースであったり、それこそデザイナーズであったりに数多くの “ ファッション・ジュエリー ” を感じることが多いです。

 

 

製作背景に個人的な趣味嗜好が注がれ、結果的にそれがそのまま時代の傾向と成ったような細工の概念やデザインの概念。日々の装いを味付けするにあたっての辛味や風味や甘みや苦みといったスパイスと成ってくれるそれらを、個性と捉えるか癖と捉えるか。

弊店は一部におきまして、極めて前向きな意味合いで決定的に後者と捉えております。

 

 

 

 

 


New arrival.
“ Fashion jewerly ” by Anonymous

 

装身具を製作者の中には刻印やメーカー名ではなく純粋に物質で判断してほしいという想いゆえにあえて何も記さない人々が少なからず存在致しました。それら製作者不明なアノニマス・ファッション・ジュエリーは流通を意図せず個人的に製作されたものが多くそれこそ癖の塊ですが、無限に広がるヴィンテージジュエリーの世界で砂漠の中から一粒のダイヤモンドを探すように慎重に眼を凝らし続けますと、極々稀にハイジュエリーを越えるような要素を備えた、癖の塊のようなアノニマス・ファッション・ジュエリーに出逢えるのです。本当に極々稀ですが。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

Copyright © SURR All Rights Reserved