さて、/ Diary856
23.4.2020

これまでの生業において、私はいわゆる家庭に仕事を持ち込まない流派であったがゆえ真に私的な環境での言葉など考えるあれこれを一切行っておきませんでしたので、始めはそれこそ “ てにおは ” ですら狂うような借りてきた猫状態に勝手ながら陥っておりましたが、人間というのは相も変わらず簡単なもので・私という入れ物は相も変わらず雑なものですぐに適応し “ 状況 ” が変わってから十日以上経った今という時間をただいまも過ごしておりまして、この十日ほどがあったからこそ というのは関係無しに物欲は変わらずに在り続け、とは言え外出も致しませんので解消には至らず、とか言いながらそもそもぶらぶらとウインドウショッピングが叶ったとてそもそもにおいて出逢いの機会なんてほぼゼロであったことを想い出し、この機会に My ワードローヴでも整理するかと独り言ちても、そういえば先月に既に大掛かりなそれを済ませていたことに気付き、親愛なるニット達のブラッシングは定期的に済ませているし写真立ての中身は替えたばかりだし、できることと言ったら本棚の並びを整えることと自家製カレーで用いる玉ねぎをいつもより丁寧に炒めることぐらい。なんて想っていましたら室内のコンポが突然壊れ、ふと考えてみるとこれ買ったの中学二年生の頃だったな と驚くほど長持ちしたことに若干引きつつ心機一転新たな室内音楽機器を購入したことは最近の私にとって大切なささやかなる出来事ではありますが、どうやら話しかけられるらしいその機器に対して未だ無言を貫いていること、“ OK 〇〇。 ” と言えないし言いたくない自分とどう向き合うか、が最近の私にとって全くもって大切ではないささやかな課題です。

 

 

 

このように先月の段階で My ワードローヴを改めて精査しておりますので先日のような何故だか好きなものの “ 何故だか ” を想うことができたり、また昨年の段階でこだわりを “ 抜く ” ことに大きな意義を感じていることもあって、装いの全てに今一度新鮮な愉しさを感じることができると言いますか、これまでの愛している・大好き・好き・普通・苦手・嫌い・大嫌いなどの印象感情を再細分化できる状態と言いますか、例えば白シャツ一つを捉えてもこれまでと印象や存在価値が異なったりするのですが、その状態であってもなおふと大切な存在に想うのが軽やかな羽織りの存在で、それはもちろん装いにおける大切さでもありますが、それ以上にライフスタイルにおける大切さ という想いの方が強いです。

 

ここでの “ 軽やか ” は現実的な質量というより羽織っている時の気持ちを指しますので、例えばダブルブレストのレザーライダースジャケットを羽織っている時に温泉に浸かっている時と同じ気持ちに成れるという御人が居たら、その御方にとってダブルブレストのレザーライダースジャケットが軽やかな羽織りに該当致します。このようになんでも良い状態で私はメイン検索ウインドウに “ 不変的である ” と “ 紳士的である ” というキーワードを打ち込み、絞り込み要素としてサブ検索ウインドウに “ 洗練性が高い ” “ しっかりと練られている ” “ ある種におけるステレオタイプではない ” を打ち込んだうえでソートを関連性に設定しこの世界というサイバーネットワークを検索し続けてまいりまして、お陰様で幾つかの My マスターピースに出逢ってきましたが、私のささやかな経験則と致しましてこれら条件によるこれぞな出逢いはとても貴重です。不変性や紳士的ではある程度ヒットしますものの、絞り込みで洗練性であったり練りの有無であったりが加わるとどんどん減っていきまして、非ステレオタイプ ( ※ある種における ) も加わるとなると余裕でゼロ・ヒットだったりもします。とは言えどこれら検索条件基準は否応無しかつ自然と厳しく, きっと変な感じに解り難く成ってゆきますので、私にとって紳士的であったり洗練性はあくまで私だけのものなのでしょうが、そのような他者にとっては無意味であったり無関心であったりする様々を解決してこそ “ 軽やかな羽織り ” に成り得ます。

 

 

 

前述の通り幾つかの検索条件がありますし物質的に軽量であれば良いというわけではございませんものの、これほどまでに主義嗜好や発信主張が入り混じり物質が産み出され続けてきた世の中においてこうもヒットしないとなると、出逢えるならばOKグーグルでもHEYアレクサでも言ったろうじゃん な捨て鉢気分にも成ってしまうというもの。なんて想っていましたら全く予想していない角度から出現し、嬉しく想いつつも予想外過ぎる角度なため混乱して若干引いたりもします。

 

 

 

 

 

王室直属の軍区分の一つである、防衛庁に所属する、メッセンジャーの羽織り って何言ってんの?って想いました。素直に率直に。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

*休店期間中にお急ぎの御用命ございましたら 080-3415-4864 まで御連絡ください

 

 

Copyright © SURR All Rights Reserved