何故だか惹かれるもの / Diary854
17.4.2020

必要最低限のみ外出。自ずと家にいる時間が中心になり なんか気分を変えたいなと部屋のレイアウトを変えてみたり在宅の為仕事用に机を注文したり、如何に快適に過ごせるかと部屋を充実させるよう諸々調べているのですが、家具に関しても気付けば何故だか惹かれるもの、妥協せずに付き合っていけるものを探しているのですが中々出会いは訪れず、サイドボードってこんなに好みの形状が無いのねと挫折。現状机と椅子、先程念願の冷蔵庫が届きこんなに物量入るんだと今まで使用していた一人暮らし用の正方形の小さな箱に別れを告げたのですが徐々にお気に入りが揃い良い気分転換になっています。が、今更になって春用のコートがでしたり、Vネックのニット、長らく探し続けているミリタリー・ウエア欲しいっと 時間がある=考える時間も増える=欲求の選択支が広がる 欲と言うものは尽きませんね。。

 

 

 

 

さて、漢なら と男性なら誰しも心擽られる強靭な素材や土臭いカラーリング、意味のある多様なディテールに大きなポケット(これは私だけかも)。服飾の歴史においても多く咀嚼と申しますが、参考材料にあたる ミリタリーウエア はやはり 何故だか惹かれるもの に感じてしまう私にとっての一つ。国の数だけ、部隊の数だけと様々に存在する特殊な装いは現代の目線では充分な程の機能性を持ち合わせていたり、用途によって特殊なパターン(色・柄)や独自の色彩に階級の違いを表現する、若干のディテールが異なることで意味合いの変わる独自の視点もまた好みな点です。正直なところ私は何故だか好きなのにも関わらずあまりミリタリーウエアは所持していません。何と説明すればいいか難しいのですがデニムジャケットも好きなのにあまり持っていない。とても偏屈な言い回しになってしまいますがこの感覚を理解頂けたら有り難く。単純にまだ これだ ・ これでもうこの穴はは埋まった という出会いが訪れていない、この感覚は何なんだと常に疑問に感じ、好きなのに着れないという一つのプレイじゃないですがここまでいたら妥協したくない、丈や肩や袖も全てにおいてもと考えてしまい、贅沢ですがふとした時に訪れる意図としない素敵な出会いを探し求めているのかもしれません。

 

 

70s British military windproof cadet forces smock jacket for Nato.

前回の Diary から被り物続きになりますが、偶然なのか必然的なのか。まぁ何故だか好きなものですから。
追って詳細はOnlineに掲載させて頂きます。

 

SURR by LAILA 鈴木

03-5468-5966
info@surr.co.jp

*休店期間中にお急ぎの御用命ございましたら 080-3415-4864 まで御連絡ください

 

 

Copyright © SURR All Rights Reserved