C な日曜、D な月曜 / Diary826
26.1.2020

戦闘服という言葉ですと時に攻撃性であったり過度な強さを抱かれるかもしれないなぁ と想いつつ私にとって社会に属するということ, 生業に向き合うということは極めて大切であるからこそ時に極めて過酷であり甘えなど許されず、だからこそ時に大変に有意義な喜びであったり愉しさであったりを得られて、常にそれらが繰り返し続けるからこそ社会であり生業と成り、しかしながら相対的には過酷さが上回るのではないか。どのような形態であろうとも社会に属するということ, 生業と向き合うということ ( =賃金などの利を得ること ) はとかく厳しいものである。 と想いますので、その際に身につける存在はやはり “ 戦闘服 ” に成ると素直に想い表現させて頂きました。

その社会と生業に向き合ううえで相応しい, 有り体に言えばそれらを身につけることで諸々において最も心地良く・効率的に活動できる戦闘服の最適解は紛れもなく御人によって異なりまして、スポーティーな装いが最も相応しい A さんも, タフな装いが最も相応しい B さんも, ドレッシーな装いが最も相応しい C さんも, 日曜日はドレッシーな装いで月曜日はタフな装いの D さんも皆等しく正しく相応しいそれぞれの最適解でして、その解への辿り着き方には好き好みはもちろんのこと、私はそれ以上にライフスタイルが大きく関わるのではないかと想っております。登山家にドレスシューズの御推奨は叶いませんし、弁護士にマウンテンジャケットの御推奨は叶いません。絶対ではないものの。

私は C さんでもあり D さんでも在りましてその度合いは日々推移しており、それにはそれこそ瞬間瞬間の環境も関わるのですが、三カ月間 C さんである時も在れば三日毎に C さんと D さんが入れ替わることも在ったりと ( ちなみに本日は C さんですのでお気に入りのコットンヴェルヴェットのジャケットを着ていますが、明日は The ヴィンテージなライダースが着たいので D さんに成る予定 ) 、いかんせん浮気性で困ったものです。しかしながら心動かされる存在が右を視ても左を視ても在るというこの生業は大変に幸せで恵まれておりますので、引き続きまだまだ浮気癖は治らないだろうという苦笑いな予感を抱いておりますが、例えばいかに艶やかなお気に入りのコットンヴェルヴェットジャケットを愉しく着て C さん然としていようとも、タフ・ギアの概念と方向性におけるそれこそ一つの最適解が視界に入ってしまうと, あまりにも優秀過ぎる圧倒的な存在を認識してしまうと, 類まれなる才覚と・実行力と・目線と・時代性が混ざり合った圧倒的なマリアージュを “ 知って ” しまうと、その瞬間に D さんに成ってしまうのは致し方なし というものです。

 

 

 

オスティ氏による傑作であり同社における代表作であり、誕生における有意義な背景であったり哲学性であったり、服飾史における価値であったり希少性であったりと様々な論点がございますが、それらを踏まえようとも踏まえずとも向き合った時にまず純粋に強く想えることであり, きっと最終的な判断基準と成り, 明日も明後日も十年後も二十年後も抱き続けることができる感情。それすなわち結局のところ最も重要な, それこそ物質における最適解の一つでもある “ これ、格好良いね ”  ただただそれだけのことでございます。

 

 

 

 

 

1991s C.P.company, goggle jacket.

これ、格好良いです。

 

 

SURR by LAILA 福留

03-5468-5966
info@surr.co.jp

 

 

Copyright © SURR All Rights Reserved