Source & Maison / Diary004
10.6.2014

29  31 - コピー

 

 

現代を築いたファッションの歴史では、

男性の分野は縦の繋がりを顕著に魅せてくれ、力強く楽しませてくれますが、

“ソース” と “そこから生まれたメゾン” を共に並べる事で、

それらの対比や個々ポテンシャルを感じて頂く事を SURR by LAILA は好みます。

 

ベージュが99s Maison Martin Margiela 、カーキが80s Burbbery’s

シーズンを問わず、世界中で愛用され続けるステンカラーコートにも

そんな積み重なりを読み取る事が出来て楽しい。

 

 

作られた意図ゆえ、コットン×ポリなどのギャバジンで構成されるトレンチが多いですが

本品は大変珍しい Cotton 100%

50 

 

それによって生まれる軽やかな風合いや色調、表情などが

絶対的なバーバリー・トレンチを、一層特別な存在に。

 

50 

50 

50 

 

なんといってもカラーリングが素晴らしく、

カーキ、ベージュ、ブラウンなどを混ぜ合わせたようなニュートラル・グリーンが

見事な陰影と、色のコントラストを生み出します。

47 

 

 

 

 

これらを自分自身で噛みくだいた末に、

新しい解釈を思いついたデザイナーは、現在進行形で幾人といることでしょう。

マルタン・マルジェラも、その中の一人。

 

 

ハリのあるコットンの芸術的な立体感とはまた違った

柔軟なコットンの表情。

47 

 

残した要素と無くした要素と足した要素。

47 

 

全てはリスペクトに基づきます。

 

 

 

きっと彼も、デザイナーになる以前 (もしくはデザイナーになった以降も)

今回のバーバリーのような一着を愛用していたのでしょう。

愛していたからこそ感じる想いを、

自身のデザインに反映させたのではないかと思います。

 

 

デザインやディティールに意味があるからこそ、

時に、余計なことをする必要のない MENS スタイルの成り立ち。

尊敬に基づいた繋がりに気付いた時、ファッションの楽しさを再確認します。

 

 

ベースがあるからこそメゾンのオリジナルがあり、逆もしかり。

どちらが良いではなく、どちらも良いのは明確です。

 

47 

 

 

 

良いに決まっている逸品は、いつの季節でもご紹介したい心持ち。

それに昨日も、室内外や昼夜の温度差で

本当に辟易しましたので。。。

 

 

SURR by LAILA 福留

info@surr.co.jp

facebook.com/surr.by.laila

instagram.com/surr_by_laila

//

Copyright © SURR All Rights Reserved